2022年01月16日

大人としての

今日は千葉県の松戸にある馬橋中学校にてサッカーチームのレフォーマでメンタル講習会をさせていただきました。選手のみならず保護者の皆さんも積極的にご参加いただき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

自分にとって未来のある子ども達へのメンタル指導は、自分のライフワークのような感覚があります。プロやオリンピック選手だから特別な意識というのはないんです。相手が誰であれ、どんな立場であれ、目の前の人に対して全力を尽くします。

子ども達の真剣な眼差しや何かに気づいた時の輝く瞳にふれた時には心から幸せを感じます。子ども達の勇気をもって発言する時のドキドキ感、今までの自分の中にあった問題を解決しようとする期待感。。。など色々なことが手に取るように自分にも伝わってくるものです。


そんな子ども達の想いを大切に受け止めていきたいと常に思います。そうした想いの数々が彼らの未来を作る種になり糧になっていくからです。

子ども達には子ども達なりの悩みや迷いがあります。苦しさや辛さもあります。それらは時として大人から見たら小さなことに見えるかもしれません。。。しかし彼らは彼らのまだ小さな心の中で彼らなりに精一杯戦っているんですよね。


だからこそ大人である自分も本気で真正面から一緒に向き合っていきたいと思うんです。単なる綺麗事や建前ではなく、本気の本音で。メンタルトレーナーというよりも、一人の大人の先輩として。
posted by Takahata at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

予習復習

授業がそうであるように、練習も予習と復習が大切。練習は頭で練ったこと(考えたこと)を習い、習ったことを頭で練ること。練習に対しても、練るという僅かなひと手間をかけるかどうかで練習の成果は違ってくる。練って練って練り上げたものは、当然成果も精度も上がっていく。勉強もスポーツも成果を上げていく過程は同じことだろう。さらには仕事でも同じだろう。その場だけで何かを漠然とやってもなかなか身にはなっていかない。三つ子の魂百までという諺があるが、小さな頃から何かを通して予習復習の習慣をしっかりと身につけていきたいものだ。
posted by Takahata at 01:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月14日

必死になることの大切さ

何で昔から必死に勉強する人を『ガリ勉くん』と呼ぶのだろう。。。その言葉の持つ響きはどこかバカにしたような感じがある。スポーツで必死に練習する人を『ガリ練くん』とは呼ばないのは何故だろう?例え必死になるものが何であれ、必死になって取り組むことは素晴らしいことなのに。いつの頃からか必死に何かをやるのは格好悪いみたいな風潮が生まれてきた。サラッとスマートにやるのが格好いいみたいな。どんな場所にも天才なんかいない。天才に見える者の多くは泥臭く懸命に汗をかいている。昔の自分に言ってやりたい。天才なんていないんだよ!と。そんな言葉を逃げ道にして嫌いな勉強から逃げていた自分に。やることもやらないで、言い訳ばかりして嫌いな勉強に目を向けようとしなかった自分に。社会に出て自分でこの仕事を始めてから必死になって探求してきた。誰にも負けないくらい探求し続けてきた。昔の自分に必死になることの大切さを教えてやりたくなる。
posted by Takahata at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月12日

チームワークのある一面

仲間のために助けるプレーをしようとしなくても、自分の目の前にあるプレーを全力でやれば、結果としてそれが仲間を助けることになるということは多い。仲間と無理して仲良さそうにしなくても、お互いの全力プレーでお互いが認め合えることも多い。チームワークとは個々の全力プレーこそが全ての基本のような気がする。個々のプレーには個々の無言の想いが込められている。言葉はなくてもお互いが感じ合えるものがある。そこに初めて一つの競技に打ち込む共通理解が生まれてくる。理屈ではなく仲間のプレーや姿勢から感じ取れるものによって心の深い部分に強い絆が結ばれていくような気がする。
posted by Takahata at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月11日

メンタル講習会

昨日は東京大学の体育会の学生達を対象にしたメンタル講習会をさせていただきました。とても素直で積極的で、さすがに頭の回転が早く軽快にやり取りをしながら進めていきました。

東京大学の学生達の特徴の一つとして例え好きではないことでも、目指す目標を達成するためには一切の妥協を許さず、たゆまぬ地道な積み重ねをしていくことができるという点があります。

それは勉強でもスポーツでも同じです。好きなことでも地道に続けるのは難しいのに、好きではないことでも目指す目標のためにあらゆることを犠牲にしてもそれに打ち込んでいける力は凄いな!と心から関心させられます。

どんな好きなことでも、それを遂行していく過程では嫌なことや苦痛に感じることもあるものです。スポーツが好きでも、オフ期間のトレーニングは苦痛を感じたり嫌がったりする選手は多いものです。


あとは、全てを万偏なく平均以上に高めていく力です。何かに特化した一芸的な力ではなく、飛び抜けた総合力を身につけていけるということです。スペシャリストというよりは、高いレベルでのゼネラリスト。

勉強を通して身につけてきたそうした力を彼らのスポーツ活動にも生かしていきながらも、足りないものも身につけていくことで更なる東大のスポーツの進化を遂げていってもらいたいと期待しています。
posted by Takahata at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

執念を

何とかしよう!としても結果的にどうにもならなかったということはある。だが…本当にどうにもできなかったのか…何とかできる糸口はなかったか…何とかまだまだ工夫の仕様はなかったか…それを問うたとしてもやれるだけのことはやったという答えになるかもしれない。でも、それでは進化はない。何とかする!という執念は恐らく自分が頭で考えている以上の工夫やアイデアや行動力を導き出してくれるものだ。何ともならないことを何ともならなかった…で終わらせるのではなく、意地でも何とかしてやる!という執念。綺麗でなくても泥臭くてもいいから何とか打破してやる!という執念は時にとても大切になる。
posted by Takahata at 01:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月09日

ただそれだけ

道なき道を切り拓く時に、果たして自分は行き倒れてしまうのではないか?と不安になることもあるだろう。道なき道を進む時に、本当にこの道は正しい道なのだろうか?と迷うこともあるだろう。道なき道を進む時に傷だらけになり、その痛みに引き返したくなることもあるだろう。道なき道を一歩一歩進みながら、どこまで進めばゴールはあるのだろう?と途方に暮れてふと立ち止まってしまうこともあるだろう。でも、信じることができるのは全て自分自身。自分の切り拓こうとする未来を信じ、自分の進む道を信じ、最後までやりきれる自分を信じて一歩一歩を踏み出していく。ただそれだけ。
posted by Takahata at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月08日

弱さを越えて

自分の弱さから目を背けても、その弱さは常に自分にまとわりつき、常に自分を追い詰めていく。誰だって弱さはある。弱さは恥ずかしいことでも何でもない。弱さがあるなら、その弱さを直視して正面から向き合ってみるといい。そして乗り越えていけば、弱さは逆に大きな強さへと変わる。弱さは成長の種。弱さなんてない人間なんていない。でも弱さを強さへと変えていく人間はいる。弱さから逃げ回っていたって何一つ変わらないのだから。毎回その弱さに足を引っ張られるのなら、覚悟を決めて立ち向かってみたらいい。立ち向かう相手は他の誰でもない自分の中にあるのだから。誰も見ていなくても、他でもない自分はそうした自分自身を見ているのだから。
posted by Takahata at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月07日

やるからには

不平不満を口にしているとますます練習が嫌になっていく。嫌な顔になり気持ちも凹んでいく。どうせやらなきゃいけないなら、明るく楽しい雰囲気にしていきたい。空元気でも大きな元気なポジティブな言葉を口にして笑顔でやっていれば気持ちもそれに引っ張られて高まっていく。やらないならやらない。やらなきゃいけないなら最大限にやらなければそれこそ時間やエネルギーのロスになってしまうだろう。グダグダやっていたらそれこそ気持ちも身体もだらけていってしまい効率が悪くなってしまう。そのために何をするかはしっかりと考えて臨んでいきたいものだ。
posted by Takahata at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月06日

今を全力で!!

負けるという事実以上に悔しいのは、自分の実力を全て出し切れなかったこと…何てことはないミスをしたこと…自分の甘さで実力を高め切れなかったこと…高い意識で練習に取り組んでこなかったこと…そんな悔しさを試合後に味わうくらいなら、今やれることに全力を尽くそう!!今なら間に合う!!終わって悔やむのは誰でもできる。後悔ではなく、前悔したい。前もって悔しさを感じて、だからこそ本当に試合後に悔しさを味あわないために今に全力を注いでいく。過ぎたるは決して取り戻すことはできないのだから。今の積み重ねが未来を作り上げていくのだから。未来は自分が作り上げていく。
posted by Takahata at 00:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする