2020年01月29日

分岐点は覚悟を決めて

人生には様々な分岐点がある。どちらが正解かなんてわからない。どちらの道に進もうが大切なのは、進んだ道を正解にしていく自分自身の覚悟。正解にしていくための地道さ。分岐点は宝くじ的な運不運ではない。正解を作り出していけるのは他でもない自分自身でしかないのだから。自分を、自分が選んだ道を信じて。やり抜く自分を信じて。正解を作ってくれるのは運でも他人でもない。自分自身。大切なのは分岐点での選択ではないのかもしれない…どちらも自分次第で正解になるし、不正解にもなる。テストと違って一方が正解、不正解ではない。分岐点で選んだ選択肢を後になって後悔したり、運や誰かのせいにして言い訳するのは嫌だ。成功する人はどちらの道に進もうが成功すると思う。それはどちらを選択するかではなく、選択した道に自己責任と覚悟を持って後悔なく懸命に生きていける人だから。要はどんな道であれ自分次第でしかないということだ。道そのものには正解も不正解もないのではないかと感じる。
posted by Takahata at 02:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

生きる

時代の流れと共に無数のことが変化していく。しかし変化してはいけないこともある。それは人間が生きるということ。それは単に息をして生きるということではなく、自分の生き甲斐をもって生きるということ。薄っぺらな中で生きるのではなく、より深い真実の中で生きるということ。流れの中で流され見失い、そして大量の流れの中で薄められてどんどん自覚から無意識へと置き去りにされていくもの。人間が人間である意味、自分が自分自身である意味、その意味を深くまで探求して生きていかなければ、大きな流れの中で埋没していってしまうかもしれない。
posted by Takahata at 01:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

苦手、嫌いを

本気で好きなことであれば、それができなかったり、難しいことでも、それがやりがいになったり、目標になったりもする。でも、好きではないことやできないことや苦手に感じていることに対しては、難しいことはさらにやる気を削いだり、ますます嫌いになったりしてしまう。それを今日、改めて子ども達から気づかされた。でも、できないことが少しでもできて、褒めてあげたりすると楽しそうな笑顔になったり、嬉しそうな笑顔になったりする。すると、もしかするとそれまでの嫌いとか苦手の目線が変わって好きになるキッカケくらいにはなるかもしれない。そんな経験をたくさん積ませてあげて苦手、嫌いを減らしていってあげられたらなんて考えたりする。
posted by Takahata at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

深い時間

心が心底から打たれるような時間。心が強く感動できる時間。心が熱くなれる時間。表面的な薄っぺらいところでだけで生きていては感じることのできない時間。本気で深くまで人と付き合うからこそ、人ともそんな時間を共有できる。本気で何かを深くまで探求するからこそ、心の深い部分が強く響いたりする。苦しいこと、辛いこと、悲しいこと……ともすると、不幸せに見えるような感情でも、本気で苦しさにもがき、本気で辛いことと向き合い、本気の涙を流すことができたのなら、その瞬間はそうは思えなくても、しばらくするとそれが本気で生きた時間だったことに気づき、そんな本気の時間を過ごせた時間を幸せに感じられる日が来ると思う。
posted by Takahata at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

プラスに

怪我をした時に、悲観的にならず、何故?このような怪我をしたのか?を学んだり考えたりする。すると身体の使い方が間違えていたり、使い方に無理があったことに気づく。そもそもそんな身体の使い方で巧いプレーはできない。巧い選手は身体の使い方が美しい。だから、怪我をしたことで見つめ直せばそこには上達の可能性が秘められている。転んでもただで起きないというか、どんなマイナスの状況に直面しても、それをプラスに転換していこうという思考を自分の中にしっかりと持っていたいと思う。そうするとマイナスの状況で単なる苦しさや辛さではなく、前向きで楽しみながらの苦しさや辛さに変わる。
posted by Takahata at 00:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

挑戦

新たな挑戦は、また新たな自分を作り上げてくれる。今のままでいいなら、今の自分のままでいいなら、何も挑戦なんてする必要はない。まだ見ぬ進化した自分に自分自身が出会いたいから挑戦を続ける。自分が自分自身を育てていく楽しみ。挑戦がある限り自分は今の自分に止まることはない。何かに果敢に挑むことで人は前進していける。挑戦には失敗も伴うだろう。それでも挑戦した自分の生き方は自分の中に残っていく。そんな自分は新たに次なる挑戦をしていけるだろうから。生きている限りその挑戦をやめなければ、人は死を迎える直前まで進化をし続けていけるのではないかと感じている。
posted by Takahata at 00:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

小さな前進

周りから見たら小さな前進。でも、時にそれは本人にとっては大きな前進だったりする。それは本人が前進しようという強い意志を持たなければ、進まないままだったから。数字や目では分からない、その意志を力を気づけないと、まだまだ小さな前進として片付けられてしまう。見える部分はまだまだ小さくても、見えない部分が変われば、小さな一歩が積み重なり、それがやがては大きな前進になっていることだろう。人は一気には前進はできないものだから。意志の力は大きいし、無限大だと感じる。ここが変わらなければ、小さな前進すら生まれないのだから。後は意志をどこまで貫いていけるかだけ。でも、きっと本人も小さくても一歩ずつでも前進できているのを実感できれば、貫いていけることだろう。
posted by Takahata at 00:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

弱さを越えて

自分の弱さから目を背けても、その弱さは常に自分にまとわりつき、常に自分を追い詰めていく。誰だって弱さはある。弱さは恥ずかしいことでも何でもない。弱さがあるなら、その弱さを直視して正面から向き合ってみるといい。そして乗り越えていけば、弱さは逆に大きな強さへと変わる。弱さは成長の種。弱さなんてない人間なんていない。でも弱さを強さへと変えていく人間はいる。弱さから逃げ回っていたって何一つ変わらないのだから。毎回その弱さに足を引っ張られるのなら、覚悟を決めて立ち向かってみたらいい。立ち向かう相手は他の誰でもない自分の中にあるのだから。誰も見ていなくても、他でもない自分はそうした自分自身を見ているのだから。
posted by Takahata at 00:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

方向性を大切に

方向性、手段は本当に大切だなと感じる。これを間違えてしまうと、一生懸命にやっていることが空回りしたり、逆にマイナスの方向へと進んでしまう。求める結果へと結びついていかない。方向性を見誤る原因はあれもこれもと何でも全てを一緒にしてしまい頭の中がゴチャゴチャと混乱して、最終的に何がしたいのか?が見えなくなってしまうことも一因としてある。物事はある程度、無駄を削ぎ落としてシンプルにしていかなくてはいけない。一本道を一途に進んでいくこと。あとは滅私ではなく減私。個性は残しながらも一歩引いたところから自分を冷静に見つめること。自分を主張したり、自己顕示欲が強くなると、自分の主観が強くなりすぎて客観的な目線を持てなくなる。そうなると方向を見誤っていても気づけなくなってしまう。方向性が定まらなければ、手段もバラバラになり、エネルギーが分散され、一点に集約されなくなってしまう。
posted by Takahata at 00:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

壁を越えるのは

人生には様々な壁がある。壁を境に越えた者と越えない者がいたとする。たった一枚の壁だが越えれば、その先の未来を見える。越えなければ、ずっと目の前の壁に遮られて壁を見続けていかなくてはならない。壁を越えるのは決して簡単でも楽なことでもない。でも、きっと人はその先に見える景色を見たいと思い、懸命に越えていくのだろう。越えるまでは巨大に見える壁でも、乗り越えてふと後ろを振り返ると、それほど巨大にも感じない。それが乗り越えた者に与えられる自信のようなものなのだろう。人生、毎回毎回同じ壁ばかり眺めて立ち竦んでいても楽しくない。一度越えられたら、もはや同程度の壁は壁ですらなくなり、越えていけるものになるのだから。まあ、人生というのは越えても越えてもさらなる壁が出てくるものだが。
posted by Takahata at 00:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする