2017年04月28日

自らの志で

やらされるからやる…ではなく、自らの意志でやろう!と思わなければ本当には力にはならない。やろう!と思うからにはその目的ややる意義が分かっているということ。志のある理想を描けているということ。目指す理想に向かって自分が自分自身に打ち克てるということ。形ではなく中身こそが大切。言われたことをやっている振りをすることは簡単。言われたことを単にやっていても、ある程度まではできるようにはなる。しかし絶対にある程度以上にはいかない。さらには長くは続けてはいけないだろう。言われたことを表面的にこなしているだけでは必ず飽きがくるからだ。探求心がなければやることへの面白味が湧いてくるはずはない。やっていることの発展性が見えないのに続けていくのは難しい。今の自分がどんな姿勢で取り組んでいるのかをしっかりと省みることはとても大切だ。常に意識しておかなければついついルーティン作業になってしまうからだ。常に意義や目的や志を自問自答していこう。
posted by Takahata at 00:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

上手な付き合い

できないプレーがあるのは、悲観的なことではない。できるようにしていけることを楽しめばいいし、できないことは自分の伸びシロでもあると期待感を持てばいい。競技を続けていけばどこまで行っても、次々にできないことだらけなんだから。自分の中で成長を楽しんで競技に取り組んでほしい。できない、できないと悲観的になっていたら、どんどん嫌になるし、やる気もなくなっていってしまうだろう。下手をすると自分は向いていないんじゃないかと自分が自分自身を疑い始めてしまう。スポーツに限らず人間なんて生きてる限りはできないことの連続。できないことは次々に出てきて、できないということとは永遠の付き合いなんだから、楽しく付き合っていった方が遥かに前向きだと思う。
posted by Takahata at 01:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

信頼

仲間を信頼してプレーするというのは、信じて頼む部分も必要ということ。依存して寄りかかるのではなく、自分がやるべきプレーをした先には仲間に頼み託す。頼むことができなければ、何もかも自分がやろうとして失敗してしまう。苦楽を共にした仲間を信頼しよう。仲間を信頼できなければ独りよがりのプレーになっていく。スポーツに限らず人を信頼できるというのは大切なことだ。
posted by Takahata at 00:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

悔しさの先に

負けて悔しがることは誰でもできる。その場だけの悔しさで終わらせるのか…悔しさを未来の笑顔に繋げていくのか…悔しさをポジティブなエネルギーに変えて、悔しさを地道な行動力に変えていかなくてはならない。悔しさを味わうだけでは何一つ変わらない。このままで終わらないという覚悟を持てるのか…人間なんて少し時間が経てば喉元過ぎたら熱さを忘れる生き物。余程の意志がなければ経験を自分のものとして活かしてはいけなかったりする。同じ悔しさを毎回経験していても何の進歩もない。悔しさは自分の力で乗り越えていきたいものだ。
posted by Takahata at 01:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

夢の先に

夢を描くのは素敵なこと。しかし夢に向かって今の自分にできることを地道に積み重ねていかなくては夢は夢のままで終わる。夢にワクワクできるなら、今やるべきことは地道でつまらなく感じることでも夢に近づく階段だと思えば嫌々ではなく前向きに取り組んでいけるだろう。地道さは素晴らしいこと。地道さの欠けた夢なんて、それこそ単なる夢物語、夢想でしかない。夢を下から支えるものは地味で地道なものばかり。それを一つ一つ積み上げて夢を現実化していくことはとても幸せなことではないだろうか。夢は人の可能性を広げてくれ、夢に近づく地道な階段は人を鍛え上げてくれる。夢がなければ人は進化しないし、夢だけ見ていても人は進化していかない。
posted by Takahata at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

相互理解

打者は四打席で一本、二本安打を打てば、残りの打席は凡打でも評価される。投手は百球中、九十九球好投しても、たった一球の失投で批判を受けたりする。打者にはミスを取り戻すチャンスはあるが、投手はミスを抱えながら辛抱強く投げ抜いていかなくていけない。投手と野手とで野球観が違うのも当然かもしれない。同じ競技でありながら、ミスをするにしても立場が違えば印象はまるで違ってくる。野手は9人で点を取るので、点が取れなくても責任の所在が不明瞭だったりもするが、投手は点を取られれば責任の所在は明確になる。野球に限らず、仕事などでも同じように同じ職場だから同じだよとはならない。立場や役割で見え方は全然違ってきたりする。相手の立場に他立って考えていける目線も大切になっていく。そうでなければ相互理解はできないだろう。
posted by Takahata at 01:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

上達への道

物事は簡単には上達しない。上達するためには幾度となく壁にぶつかる。それを嫌だと考えるか、難しいからこそ楽しいと考えるか…難しいからこそ、一つ一つの壁を乗り越え段階が上がった時に達成感や喜びも湧いてくる。簡単にできることは、楽かもしれないが、楽しくはないように思う。楽をして何かを手にしてもすぐに飽きてつまらなく感じてしまうと思う。苦しくて辛くても地道に一歩一歩積み上げていく中で手にしたことは喜びもひとしおであろう。上達への道筋とはまさしくそんな感じだろう。壁にぶつかれば、時に苦しさを投げ出したくなったり、面倒に感じたり、自信を失ったりしてしまうかもしれない。それでも上達したいその想いで、上達への道筋を地道に積み重ねていく。人生を通してそんな楽しさを感じられたらいいと思う。それぞれの段階で喜びや楽しさは一瞬で、また上達への道をさらに高みに上がっていこうとすれば苦しみや辛さと向き合っていかなくてはならないが。それを支えるだけの楽しさが上達への道筋には存在するのは確かなような気がする。
posted by Takahata at 00:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

温かな社会を

ありがとうもごめんねもお疲れさまも…何かを感じる感受性があるから言えるんだと思う。素直な心があるから口にできるんだと思う。社会が効率化しすぎて、大切なものを忘れがちになってる気がする…そう、器用に世渡り上手な人がスイスイと効率的に生きてく。でもね…その場ではそう見えても、心が温かい方が最後は幸せに感じて生きていけると思う。ほんとにそう…もう少し温かい社会になるといいのにと感じる。同情とかいらないけど、人と人とが相手の気持ちを受け止めてそっと寄り添って生きていけるような社会。そんな社会を社会の一員として、大人の一人として次世代に残していけるように。
posted by Takahata at 01:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

メモ

練習時にメモを取る習慣があるかどうか?仮に記憶には残しておく自信はあっても、次々に過多な情報が入ると雑多な記憶の中に埋没する危険性もある。また何より、メモしたことはその時々の自分の状態によって読み方、、理解度、感じ方、考え方も変わる。足掛かりとしてのメモは大切。メモをキーワードに自分自身の考え方の整理や思考の発展もさせていける。確かにいちいちメモを取るのは面倒臭いかもしれない。でもその場、その瞬間ではメモを取ろうが取るまいが大して差はないように感じることでも、時間の経過と共に意味合いが大きく変わっていく。何事もその場限りにしてしまうと発展性は生まれない。
posted by Takahata at 00:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ダメだの先に

もうダメだ…の先に新たな可能性があるし、そこからもうひと踏ん張りすることで力もつけていける。余力のある時はできるのは当たり前。もうダメだという心理的な限界値を打ち破った先に、今まで気づかなかった新たな自分を発見できる。それを打ち破れるのは最終的には自分自身でしかない。
ダメと決めつけてしまうと不思議なもので、どんどんダメな理由が浮かんできてダメに押し潰されてしまいそうになるもの。まだまだいけると自分自身を奮い立たせて自分が自分自身をさらに追い込んでいけるかどうか。スポーツではもうダメだからが練習と言われる。それは自分でダメから諦めに繋げないため。ギリギリまで追い込んでいく中でこそ今まで見えなかった新たな境地に辿り着いていける。
posted by Takahata at 00:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする