2018年05月24日

やらないことと、やることの間には大きな差がある。しかし、ただやることと一生懸命にやることは違う。しかし、この先にも、ただ一生懸命にやるのと、頭を使って一生懸命にやることとの差がある。頭を使っての先にも、頭の使い方の差がある。やるかやらないかの差は大きいが、その先は大きな差というよりは小さな差が積み重なっていく。スポーツには、限られた時間というものがある。その限られた時間の中で成果を残していくためには、汗を流すのは当然。それ以上にいかに効果的に汗を流していくかが重要になる。一生懸命に無駄な汗を流していくことほど虚しいことはない。流した汗の分だけ、大きな喜びに行き着きたいものだ。そのためにもとことんまで頭の使い抜き、使い続けていかなくてはいけないだろう。
posted by Takahata at 04:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

流れを掴む

ギリギリの接戦の試合では、流れがどちらに転ぶかは分からない。しかも大きな流れではなく小さな流れが行ったり来たりする。ミスとも呼べないくらいのミスで簡単に流れが変わる。戦いにくい試合。こんな試合は一瞬も気を抜けないし緩められない。ほんの僅かでも気持ちを切らせないように引っ張り続けなくてはいけない。スポーツに限らずとも人生や仕事にも流れはある。大きな分かりやすい流れもあれば、小さな流れが交錯するような分かりづらい流れもある。緊迫した場面では一瞬足りとも気を抜けない。神経を研ぎ澄ませ、感覚を敏感にして動物的な臭覚で流れを嗅ぎとっていかなくてはならない。勝負勘のようなものは、スポーツでも人生でも大切なもの。流れを読み違えると小さな流れを一気に大きな流れに変えて相手に持っていかれてしまう。流れは目では見えない。空気や風の動きのように感じ取るしかないもの。だからこそ誰よりも自分自身が鋭敏になるしかないのだ。一気に流れを手繰り寄せるために。
posted by Takahata at 00:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

キッカケ

今勝ったから次も必ず勝てるというものでもないし、今負けたから次も必ず負けるというものでもない。勝負の世界とはそういうもの。実力が拮抗している勝負では、ほんの小さなキッカケが勝敗を分ける。キッカケは偶然ではなく必然。勝ちにも負けにも偶然はない。必然的に勝ちのキッカケを掴みにいった方に勝ちは傾き、必然的に負けのキッカケを掴まされた方に負けは傾く。確かに勝負に運不運はあるが、キッカケには必然しかない。必然には必ず明確な意図があるはずだ。あとはキッカケを必然的に手繰り寄せる執念のようなもの。キッカケなんてその瞬間は勝負を決定付けるほどの大きなものではなく小さなもの。だが、その小さなキッカケが後々じわりじわりと大きく広がり勝利の扉を開いていく。運不運は自分自身ではコントロールできないが、キッカケ作りはコントロールしていける。できることをしっかりと確実にしていくことが勝利への一番の近道だろう。自分から流れを作り出していかなくてはいけない。
posted by Takahata at 02:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

戦術

スポーツの戦術はあくまで絵に描いた餅。やるのは人間であることを忘れてはいけない。また相手がいることも。思い通りにいかないのが戦術だという前提を持てていないと、自分の立てた戦術に逆に自分自身が追い込まれていってしまう。戦術に溺れ、戦術にイライラして、戦術に潰れてはいけない。ミスすることもあれば、相手が予想に反することもある。戦術に確信をもって依存してしまえばしまうほど、様々な要因によって思い通りにはいかないことに苛立ちを覚えていくことだろう。そして最後には自滅していってしまう。立てた戦術に自ら足を掬われてしまうことほど悲しいことはない。そもそも人間同士がやること。考えた通りにはいくものではないという前提に立って戦術を捉えた方がいい。しかし…時にスパッと戦術がはまり、戦術の快感に溺れてしまいそうになるのもまた人間というもの。面白いものだ。戦術は立てながらも、戦術はあくまで想像で現実ではないことをしっかり認識しておきたいものだ。
posted by Takahata at 10:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

準備の基本

練習前の準備の基本。自分は何ができないのかを明確にする。それが何故できないのかを分析する。その何故をどのように解決するかを考える。それを解決するためにはいかなる手段を用いるかを考える。せめてそれくらいは練習前に考えておかなくては、練習を意味あるものにはできない。曖昧な練習は自分をさらに曖昧にしていく。毎日、毎日、漠然と練習していてもなかなか上達していかない。意識を持って練習に取り組むためには、せめてこれくらいの段階は考えておかなくては、課題さえ持てずに終わってしまうことになりかねない。この辺りは準備の基本中の基本だろう。
posted by Takahata at 06:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

不安に打ち克つ

試合に勝てるかどうかなんて分からない。明日の命だって分からない。分からないから不安とも言えるが、分からないからこそ楽しみとも言える。結果が約束された試合に、寿命が予め分かる人生に何の楽しみがあるだろう?分からないからこそ未来に希望を抱いて今を全力で生きられるのではないか。分からないことへの不安を楽しみに変えていけるのかどうか。未来は約束された決められているものと考えるのではなく、未来は今の自分の生き方が積み上がり作り上げられていくものだと考えていく。分からないからこそ、夢も描いていけるし情熱も燃やしていくことができる。不安な気持ちに打ちのめされるのではなく、それに打ち克って前に未来に向かって突き進んでいけることは実は苦しみではなく楽しみなのだ。そのことに気づけるかどうかは人生を生きていく上では大きい。明日どころか数秒先さえ分からないのが人生なのだから。
posted by Takahata at 00:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

存在意義

自分の存在が強く必要とされている、自分の存在が強く求められているというのは、実は何よりのモチベーション。自分の存在が誰かの力になれているというのは最高の感動になる。誰かの笑顔が最高の喜びになる。誰かのありがとうの一言が最高の報酬になる。誰かの感謝に自分も感謝したくなる。お金や地位や名誉なんかより、自分の存在意義を強く感じられることほど強いモチベーションはないだろうと思う。誰でも代わりが効く存在ではなく、自分でなければいけない存在意義。誰かにとってオンリーワンの存在であれることに対する喜び。最大限に力になれることの喜び、自分が最大限に誰かの中で生かされたことへの幸せは本当に何物にも代えがたいものがあると感じる。世の中、人は一人では生きてはいけない。そんな存在を持てることも、そんな存在になれることも最高に幸福なことなのだろうと実感する。人生で本当に大切なものは、まさしくプライスレスなものなんだろう。
posted by Takahata at 00:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

組織力

改めて思う。チームスポーツでの負けは、誰か一人のせいではないということ。チームの全員一人一人が、一つずつでも何とかできていれば違ってくる。目に見えるミス、目立つミスだけが原因ではない。誰もが全力でプレーしている。その中で生まれる小さなミスをどれだけ減らしていけるのか。これはスポーツに限らずあらゆる組織でも同じこと。上手く成果に結びつけられない時に誰かに責任を押しつけている限りは組織は強くはなっていかない。一人一人が胸に手を当てて考えれば100満点の人なんていないだろう…個々で90点、80点、60点と様々だろうが、個々がそれぞれ91点、85点、70点にできていくだけでも組織全体の成果は全然違ってくるのだから。60点の人だけを責めるのは組織力を低下させていってしまう。仲間のため、チームのために自分のできることを一つでも増やし、ミスを一つでも減らしていく。その個々の積み重ねの集積が大切になっていくのだ。
posted by Takahata at 00:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

一発勝負

強豪チームが一発勝負で番狂わせで負けてしまうことがある。一発勝負。これは何が起こるか分からない。これがリーグ戦のように十回くらい戦えば、八回か九回は強豪チームが勝つだろう。でも勝負事は一回くらいは負けてしまうことがある。一発勝負でその一回が出てしまうことがある。原因はいろいろあるだろう…しかし、やはり運不運も含めて様々な原因が同時に重なり合うことがあるのが勝負の世界。だから勝負は面白いとも言える。だから弱小といわれるチームでも一発勝負なら最後まで諦めずに挑んでいってもらいたいものだ。やる前から気持ちで負けずに何が起こるか分からないことを信じて戦い抜いてほしいと思う。
posted by Takahata at 01:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

大切なこと

モノを使ったら使いっぱなしという選手はいけない。使ったら手入れをする、使ったら片づけるというのはモノも知識も身体も同じ。身体もモノも雑に扱えば消耗は激しくなる。モノが整理整頓できない選手はいけない。モノも教わった知識も同じ。どこにあるのか、どこにいったか分からないではないのと一緒のこと。結局はせっかくの知識も使えないまま終わってしまう。共通するのは全てを大切に感謝していくという当たり前の姿勢。言葉にするのは簡単だが実に難しいことでもある。
posted by Takahata at 01:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする