2011年06月01日

心一つに

アホみたいな話かもしれませんが、僕は最近、むしょうにみんなで「一つに」なりたい!って思うんですよね。心を一つにして猛烈に何かに情熱を注ぐ。昔、学校の生徒全員で心を一つにして広島で一番と称される体育祭に情熱を注ぎ込んで最高のものを作り上げた瞬間…部活でチームメイト全員で勝利というものに突き進んだ瞬間…みんなの心が一つになるのを強く実感できた。そして何かを達成した瞬間の涙が溢れ出るような感動。仲間達と最高の時を過ごせた激しいくらいの突き上げるような絆の実感と結びつきの強さ。生きている自分、生きている仲間への激しい愛しさを。みんなで心の底から心一つに繋がったような揺るぎない信頼感。しかし、その瞬間で終わりを迎えるせつなさを伴う空虚感。あれだけ達成したいと願いながら、まだ達成をしたくない!まだまだ仲間と一緒の時を過ごしていたい!という大きな寂しさに包まれるような。あの頃のような強く強く一つになる感覚。何だか、最近味わいたいんですよね。もの凄く単純だけどアホみたいに心から一つになって燃えるような
情熱の全てを傾けられることを…
------------------------------------------------今夜は、気分的にも井上昌己さんの『YELL〜16番目の夏〜』です。これは熱闘甲子園のテーマ曲にもなりました。ベンチ入りをできなかった16番目の選手を応援する歌です。
posted by Takahata at 01:27| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする