2011年06月05日

困難に挑む

みんな、困難を避けようとします。困難から逃げようとします。困難にぶち当たると、苦しくなって諦めてもう無理と思ってしまいます。でも、困難はイコール不可能ではないんです。難しくて困るようなことではあるんですが…しかし解決したり乗り越えていくことは決して不可能じゃないんです。大切なのは自分自身を困難な状況の中で、どれだけ試していけるのか。その自分が自分に課す試すということをいかに楽しめるのか、ということです。難しいことを楽しむ。困ることを楽しむ。もっと言えば、難しいから、困るから楽しさは増えるんですね。簡単なことなんて、楽だけど楽しくもなんともないですよね。不可能と心で決めた瞬間から困難は、可能性がなくなってしまいます。困難にはいくらでも可能性があるんですね。楽をしたい人には困難は越えられません。でも楽しみたい人は困難を越えていける、僕はそんな気持ちで困難さえも自分で絶対に何とかしてやる!と楽しむようにしています。苦しくてたまりませんが…苦しさイコール楽しくないは違うんですね。
------------------------------------------------みやさん、ありがとうございます。今夜は童謡の『里の秋』何かこの曲を口ずさむと泣きたくなるくらい、心が懐かしさに包まれます。イメージに浮かぶのは、小さな頃に見た広島の尾道の秋の景色です。
posted by Takahata at 01:50| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする