2011年06月06日

作、造、創

体作り、体造り、体創り、これを高校の先輩が書かれていた(キノルスポーツワークス)ので、少し考えてみたい。これは単なる僕のイメージなので絶対的な正解ではありません。体作りは、食べ物によってその栄養で体が作られるという感じがします。体造りは、改造の造であり、トレーニングなどによって現状以上の体を造り上げていくという感じがします。体創りはまだまだ未開拓な体の機能を開花させたり、体の使い方を進化させたりする感じを受けます。作るは、基礎。造るは強化。創るは応用。そんなイメージです。これは身体だけではなく何事にも言えるような気がするんですよね。『つくり上げる』というのはこの三段階を経ていくのではないかと思います。どのつくるも大切であり、一足飛ばしにはいかないということです。今の時代は、じっくりと時間をかけて物事をつくり上げていく感覚が希薄になりつつあります。作、造、創を大切に積み上げていきたいものですよね。最終的に三つの段階が並行して積み上がった時には楽しみですよね。
------------------------------------------------チューリップの『心の旅』です。これは大学の卒業式の後に、大学の仲間50人くらいで朝方まで名残り惜しんで飲み倒し、お店から出てなおみんな別れ難く…新宿でみんなで肩を組んで校歌を歌った後に、『心の旅』を歌ったのを鮮明に思い出します。
posted by Takahata at 00:49| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする