2011年06月08日

どうせやるなら

楽しく充実してやるのも、嫌々面倒がってやるのも、時間的に見れば同じ時間ですよね。楽しく感じるのか、嫌に感じるのかは、他でもない自分自身の問題ですよね。どうせ同じ時間、何かをやるのであれば、僕はできる限り楽しんでやろうと日々心掛けています。やらされるからやるではなく、自分が成長するためにやる!つまらないではなく、その中でも何か面白いことを見つけてやる!嫌いなことを義務的にやるのではなく、どうせなら好きに能動的になってやる!もうダメだじゃなくて、さあ今からだ!と。心が変われば、見え方や感じ方が変わります。すると自分の行動が変わっていきます。自分の行動が変わっていけば、自分の周りの人々の行動も変わっていきます。同じ時間を使うのに、不平不満ばかり口にしてダラダラやるのでは生きた時間になりませんよね。どうせなら、楽しんでやっていきませんか。それは自分の心の持ち方ひとつなんですから。限りある貴重な時間なんですから。
------------------------------------------------松任谷由実さんの『中央フリーウェイ』です。僕は車を運転する時に、中央高速を使います。歌詞に出てくるサントリーのビール工場、府中の競馬場。この道はまるで滑走路…調布の辺りから一人口ずさんだりしています。
posted by Takahata at 00:12| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする