2011年06月12日

本当の優しさって

人に魚をあげたら、人は喜んでその人をとてもいい人と評価するでしょう。人に釣竿を貸してあげたら、人はありがとうと口にしながらも、何だこの人は魚をくれないんだと感じるでしょう。人に魚の捕まえ方を教えたら、人は魚はくれないし、釣竿すら貸してくれないと不平を感じて面倒臭がってろくに話すら聞こうとしないでしょう。魚はモノであり結果です。きっと人は簡単に自分が欲しいものをくれるのを望むのかもしれません…釣竿は手段ですよね。捕まえ方は知恵です。しかし知恵は目には見えないし、自分が何とかしなくてはいけません。しかし、今は魚を簡単にもらえたとしても、あるいは釣竿を貸してもらえたとしても、これから先も人は与え続けてはくれません。魚を簡単にもらえていると、人は自分でどうしたらいいのか?どうにかしなくてはいけない、とは考えもしませんからね…その時に一番役立つのは知恵なのではないかと僕は思うんですね。知恵さえあれば、逆に自分の自力で何とか乗り切っていけるんですよね。本当の優しさって何でしょうね。
posted by Takahata at 00:47| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする