2011年06月14日

二十歳の模索

静かに心を澄まして自分自身に問い正してみる。今の自分は何を求めて、何を成そうとしているのかを。余計な感情や思考を消し去りシンプルに。人に惑わされず、自分自身に惑わされず真摯に真の自分の心と向き合ってみる。正当化もしないし、否定もしない。ただひたすらにありのままの自分を見つめていく。人は何てちっぽけであり、とてつもなく大きいのだろう。そんな自分がこの世に生まれ生きていく中でどこに向かっていくのか。答えはどこにもない。答えは誰かが教えてくれるものでもない。自分の出した答えが答えとしてそこにあるだけ。静かな心の中でその答えと向き合う。そしてその答えに辿り着くまでその過程を一歩一歩丁寧に歩んで積み重ねていくだけ。自分の出した答えと、その答えに近づいていく自分自身を信じて。何を求めて、何を成そうとしているのか。20歳前半の僕は日々その問いに答えを模索していたように思う。そして出した答えに向けてこの20年を歩み続けてきたように思う。
posted by Takahata at 01:05| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする