2011年06月16日

鉢から飛び出す

何故、植物は成長と共に植え替えをしていかなくてはいけないのでしょうか。小さな鉢の中で大きく成長してしまうと、その成長故にバランスを崩し鉢が倒れてひっくり返ってしまいます。成長することが命取りになることを知っているのかもしれませんね。だからその鉢に合う大きさにしかなりません。しかし大きな鉢に植え替えてやると、またその鉢とバランスを取れる大きさにまで成長します。いっそのこと、鉢から出して大地に植えてやるとどこまでもグングン成長します。どこまで大きくなろうが平気なのを知っているのかもしれませんね。鉢の大きさに合わせて成長するのではなく、いくらでも成長していく中で、鉢の大きさに合ったところで成長に自らブレーキをかけてしまうのかも…大地には制限がないから成長にも制限がない。僕たちの周りには制限があるのだろうか、ないのだろうか…もし、あるならその制限をどのように取り除いていくのだろうか…鉢の植え替えのように誰かの力を借りなければできないのか、自分で鉢から飛び出して大地に根を張っていけるのか…そこに
自分自身の生き方が問われているような気がします。
posted by Takahata at 00:12| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする