2011年06月19日

RUN!RUN!RUN!

人生の道を誰もが走っています。英語のRUNはマネジメントや運用するという意味もあります。自分の人生は誰もが自分自身で運用していくしかないんです。しかし誰もが走ることに疲れる時はあります。ましてや今の時代はスピードが早くなっている分だけ、誰もが全速力で走っています。疲れた時に、大切なのはへたりこまないこと。疲れてへたりこんでしまうと、なかなか次に立ち上がってまた走ろう!という気力がなくなってしまいます。疲れた時には歩く。とにかくゆっくりでもいい足を止めないことです。小さな一歩、のんびりの一歩でもいい。それでも前に進んでいく気力だけは失わないことです。前に進んでいる実感を持ち続けることです。誰かと競うのではなく、自分のへたりこみそうな弱気と競うんです。人はいつも、ずっと全速力では走り続けられません。倒れ込んで足が使えなくても手で這って前には進んでいけます。そんな風に前へ、前へという意識さえ失わなければ、人はまた立ち上がりRUNしていくことができるように感じます。
posted by Takahata at 00:34| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする