2011年06月28日

言葉のあやとり

このブログもこの6月末で丸四年四ヶ月一日も休みなく継続してきたことになります。コメントをいただいている皆さん、いつも丁寧に読ませていただいていますよ。どうもありがとうございます。今後も一緒に成長をしていきましょう。
------------------------------------------------『言葉のあやとり』なんかよくないですか?言葉のやりとりではなく、言葉のあやとり。あやとりは、相手が指に絡んだ糸をとりやすいようにしてあげますよね。しかも相手がそこに指を入れて絡めとると、全く違う形に変化していきます。言葉のあやとりもそんなイメージです。糸そのものは変わらなくても、あやとりをしていく中でどんどん形が変化していく。言葉の伝えたい本質は変わらなくても、言葉のあやとり次第で、表現が次々に変化していくみたいな感覚です。そこに言葉のイマジネーションが膨らんでいきますよね。次々に新たな発想やアイデアが湧き上がってくるような気がします。単に言葉での受け答えにはない、あやとりの感覚。お!?こうくるか!!みたいな驚きと楽しさが絡み合うような。そうすると言葉が生き物のように踊り出すような気がしませんか。とてもクリエイティブな会話になりそうな気がします。言葉が言葉を紡ぎ、それがまた次の言葉を紡いで繋がっていくような楽しさがありますよね。
posted by Takahata at 00:02| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする