2016年03月31日

今ある戦力不足を不満に思ったり、今の自分の実力不足に不満や絶望を感じたり。いくら望もうが戦力が急に増えたり、いくら望んでも急に明日から実力が高まるということもない。だったら、まずは現状をしっかり認めて、今ある戦力の中で何をどうしていけるのか?今の実力を何をどのようにして高めていくのかを考えた方がはるかに建設的だと思う。ないものをない!ない!と叫ぼうが、ないからダメだと落ち込もうが、いつまでもそこに立ち止まって足踏みしていては、何一つ始まらない。限られた時間の中でやれる限りのことをやっていくことしか人はできないのだから。
posted by Takahata at 01:35| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

生きる糧に

誰しも自分にしかできないことがある。それが何なのか。それがどれだけ自分や人の役に立つのか。誰もが脚光を浴びる訳ではない。自分の役割は日陰で誰かを支えるものかもしれない。でも、必要のない役割なんてないと思う。自分にしかできないことを最大限に活かすこと。それは役割がどうであれ、自分自身の中で輝けること、自分を人を生かしていけることのように感じる。脚光を浴びるか浴びないかなんて所詮は一時的な他人の評価。そんなことより、自分のできることを最大限にやれた!という自己評価こそが、これから先の自分が強く生きる糧になるはず。
posted by Takahata at 00:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

失敗を生かし

失敗は失敗したまま諦めたり、投げ出したりすれば失敗で終わってしまう。しかし、失敗を諦めずに改善を重ねていき成功に導けば、失敗は成功の元になる。要は失敗をどうするのかは単に自分次第ということになる。失敗したら次は成功させていけばいい。失敗して落ち込んで自信を失い、諦めて投げ出していても次に何も生まれない。失敗が必要以上に心に刻まれるだけのこと。失敗したら失敗したことを刻むのではなく、失敗を分析して得た課題だけを次に向けて心に刻み込めばいいだけのこと。
posted by Takahata at 00:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

クリエイティブ

空想スポーツ、妄想スポーツ。空想の中ではどんなプレーも際限なくできる。イメージや思考を遊ばせる。何の制約もそこにはない。自由自在に空想の中で遊ぶことができる。こんなプレーができたら面白いだろうな!こんな戦い方ができたら楽しいだろうな!とワクワクできる。今までの現実的な発想にはない発想が次々に沸き上がってくる。大切なのはそれを空想や妄想で終わらせないこと。そのプレーを実現するためには?と考えてみる。そのためには何が必要か?どんな練習が必要か?どのように仲間を動かせばいいか?などを次々に考えていく。不可能を可能にしていく。そんなプレーを一つ一つ増やしていけるのはクリエイティブで楽しい!!
posted by Takahata at 01:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

チャンス

チャンスと言っても、落とすために与えるチャンス?と上げるためのチャンスとがあるように感じる。これは指導者の内面の問題ではあるが。落とすためには、やはり落とすだけの明確な理由が必要で、チャンスは与えたけど駄目だったから落とす。これは与えられるチャンスは少ない。上げるためのチャンスは何度もある。これも、自分は上げたいが、上げる正当な理由が必要なために与える。指導者の腹づもり一つだが、どちらもチャンスであることには変わりはない。だから選手の側はどちらのチャンスであろうが、与えられたチャンスを掴み取らなくてはならない。
posted by Takahata at 01:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ゆとり

ゆとり教育が問題になったことがあるが、ゆとり教育そのものは決して悪いものでもなかったのではないかと思う。ギュウギュウに詰め込めば良いというものでもないとも思うし。ポイントはゆとりの活用術だったのではないかと思う。ゆとりが『緩み』になった時点でおかしなことになる。ゆとりが『手抜き』になった時点で甘さが生まれてくる。ゆとりが『楽』になった時点で弱さが生まれてくる。ゆとりそのものはとても大切なものだと思う。そのゆとりを有効に活用できたか?本来ゆとりが目指していたのは、学んだことを知識として終わらせるのではなく、想像力や創造力を生かして様々に発展させていくための時間だったのではないかと感じる。
posted by Takahata at 01:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

本質

幹のひょろひょろした木に立派な枝葉は宿らない。幹が太くて立派な木には、結果としての立派な枝葉が宿る。そしてその枝はともすると幹にもなり得る。何事もそうだが、枝葉ばかりに意識が向き幹をしっかり育てていけなければ、単に枝葉という単純なスキルやテクニックを学んだに過ぎなくなる。それは末梢部分にしか過ぎない。大切なのは本質部分の幹。ここを育てていければ、その本質から派生した枝葉は生きた立派なものになる。枝葉ばかりに目が奪われているということは、逆に言えば本質を見れていないということでもある。心技体の本質的な部分、つまり幹があるからこその枝葉なのだということを理解していきたいものだ。
posted by Takahata at 00:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

じっくりと

人は階段を一気に駆け上がろうとする。人は一段飛ばして上がろうとする。何でもそうだが、何かを成し遂げるためには一歩一歩着実に積み上げた方が実力はついていく。やはり、簡単に身につけたことは簡単に崩れていく。楽をしないこと。面倒でも、焦って先を急ぎたくなっても、辛くて楽したくなっても地道に一歩一歩を積み上げていく。丁寧に積み上げていく。先ばかり見て急ぎ足になりがちな自分をいさめながらじっくりと取り組んでいきたいものだ。安定した実力を段階的に手に入れるために。
posted by Takahata at 01:11| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

一歩を

やり直しはきかない。でも一歩足を踏み出すことはできる。今いる場所から先に進むことはできる。今いる場所は過去の自分が選択し進んできた場所。もし、今の自分のいる場所に自分が納得できないのであれば、やり直しはできないけど、過去の歩みは振り返ることができる。その歩みの中で今いる場所に何故辿り着いたのかを模索することができる。今の場所に納得いかずにもがいて足踏みしているよりは、目線を変えてやり直しのきかない過去を悔やまずに新たな一歩を踏み出すようにしていけばいいと思う。未来の場所は今日からの一歩一歩が導いていくものなのだから。
posted by Takahata at 00:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

自分の意志で

知ろうとしなければ、何事も知れない。考えようとしなければ何事も考えられない。生きていれば、この社会にいれば、知ろうとしなくても勝手に耳に入り、勝手に知ることは無数にある。考えようとしなくても生きていれば無意識に様々なことを考えてはいる。しかし、そんなものは単なる情報であり、単なる巡考であり、時間と共に右から左へと流れ去ってしまう。〜するんだという強い意志。知るんだ!考えるんだ!という強い意志があって初めて単なる受け身から、自発的なものへと変わる。そうなってこそ、知る、考えるは深い意味を持っていく。情報は知識に、知識は知恵に変わっていく。
posted by Takahata at 00:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

聞くことは

ただ言われたことをハイ!ハイ!聞いていてもいけない。かと言って、言われたことをノー!ノー!と全て拒絶してもいけない。素直さは大切。まずは相手の言葉に耳を傾ける。しかし、自分の考える理屈、理論がなければ何の主体性も生まれない。主体性のない素直さは相手や言葉の数々に根無し草の如く流されるのと同義。自分の考える理屈や理論があるからこそ、初めて相手の言葉と照らし合わせられる。相手と意見を交換して自分の考えの間違いやズレに気づいていける。そして自分の考えも修正していける。そのように考えると…本当に確固とした自分を持てていなければ、本当に真剣には相手の話も聞けていないのかもしれない。
posted by Takahata at 02:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

本質を見る

昔の人は琵琶湖を湖だと思っていたのか?海だと思っていたのか?今みたいに交通が発達していない時代に簡単に琵琶湖なんて一周できない。水平線が見えるくらい広い。単に見ただけなら海と間違えそうだ。ここで肝心なキーワード。海水はしょっぱい。このキーワードを知っているか、知らないかで琵琶湖は海か湖かが別れる。どれだけ酷似している物事でも、その本質を理解できていなければ、本当には正しい判断が下せない。海か湖かは広さではない。広さでだけで判断すると間違える。本質を理解するということは普遍的なものを掴み取るということでもある。
posted by Takahata at 01:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

元気な笑顔を

『人生はあなたが思うほど悪くない。早く元気出して、あの笑顔を見せて』という歌詞。そう、人生の中では最悪だよ…絶望的だよ…人生なんて何もいいことなんてないよ…なんて思う瞬間はあるだろう。でも、その瞬間に焦点が合っているだけで、人生なんてトータルで見たら良いこともあれば悪いこともある。そう、人生はトータルで見れば、思うほど悪くないと思う。早く元気ある笑顔に変えていきたいものだ。自分が人生はまた良いこともあるし、楽しいこともあると認識することが、元気を取り戻し笑顔に戻る最初の一歩かもしれない。悲観するでも諦観でもなく、前を向いて人生を前向きにとらえること。
posted by Takahata at 00:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

人生

人生は自分が自分自身をどこまで育て上げていくかという有限の時間だと思う。有限の時間の中で自分と向き合い、自分を鍛え、自分を高め、自分を磨き上げていく。そして自分の生き方を見出だして、それを貫いていく。ただ何となく生きることもできる。でもそれでは人生の意義や目的を見つけていけない。せっかく生まれて来て人生を生きるなら、進化した自分を育て、自分の人生というものを明確に作り上げていきたいと思う。それが自分を大切にすることにも繋がっていくように思う。真正面から自分自身と、人生と向き合っていきたいと思う。生きるために生きるのではなく、進化するために生きていきたいと常に感じている。
posted by Takahata at 00:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

練習

出来ないことを出来るようにすることが練習なら、練習で出来ることばかりやるのは自分の可能性を狭めてしまう。もちろん、出来ることをより出来るように、より確実にすることも大切。しかし、失敗するのが嫌だからとか、上手くいかないのが嫌だからと練習で出来ることをそこそこやるとか。指導者からマイナスの評価を受けるから、無理なく出来ることをやって出来る風を装っておこうとか。練習で失敗したり、上手くいかなかったりは本当なら気にしなくていいこと。だって今は出来ないことを、先に出来るに変えるために今練習してるのだから。
posted by Takahata at 00:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

チャンスの枠組み

チャンスというのは絶対的なものではない。自分の枠組みのチャンスをチャンスと呼んでいるだけ。例えば野球ならど真ん中のストレートしか打てなければ、チャンスはそのボールが来なければチャンスにはならない。サッカーのシュートも利き足でこの距離からこの角度からしか打てなければその範囲しかシュートチャンスはない。どちらの足でも、距離が遠くても、角度が狭くても打てる力を持っていければチャンスは広がっていく。難しいことをできる実力をつければチャンスの幅は広がるし、簡単なことしかできなければチャンスの幅は狭まる。それがチャンスの枠組み。
posted by Takahata at 00:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

石垣

石垣というのは、角を揃えたものを積み重ねるよりも、自然のまま角がゴツゴツとした石を積み重ねる方が強固らしい。角を揃えた方が積みやすいらしいが反対に崩れやすくもあるらしい。反対にゴツゴツした石はお互いが噛み合い崩れにくい。ただし、自然のゴツゴツ石は組み上げる人間の観察や手法が問われる。これは組織においても同じような気がする。角が揃えられた人材ばかりを集めれば組織はまとめやすい。しかしいざという時には脆い。角がゴツゴツの個性の強い人材はまとめづらいが、上手く組み合わせれば強固になる。楽をすれば弱くなり、苦をすれば強くなる。組織をまとめるというのは苦を買って出るくらいで丁度よい。
posted by Takahata at 00:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

深める

好奇心があるからこそ、疑問が湧く。疑問が湧くから何故?と考える。何故?と考えるのは自分の中にあるものと違うから。違うからそれを知りたいと思う。知りたいと思うから、自分で推論を立てたり、調べたりしたくなる。推論があるからそれを実験や検証してみたくなる。それで出てきた結果をさらに分析してみたくなる。分析していく過程の中で、様々な考察が出てくる。その考察に対してさらに疑問を投げ掛けてみる…これをひたすら繰り返していく。疑問は全ての始まりのような気がする。疑問がないというのは、最初から放棄しているか、分かったつもりになっているか、好奇心や興味がないか…それでは何をやってもつまらない。
posted by Takahata at 00:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

楽って

楽をした先に成功はない。楽をするというのは逃げること。楽して得た何かはすぐに失ってしまう。楽をして得るのは薄っぺらなものだから。楽をした自分は自分を駄目にしていく。楽を覚えた人間は楽なことしかしようとしないから。ただ楽をするのと効率を追求するのは違う。楽をするのが逃げることなら、効率を追求するのは攻めること。誰もがただ漠然とやっている中で一線を画して、あえてより効率を求めるのは苦心する。同じように流されてやるのは楽だったりする。効率化するための新たな方法を構築するのは決して楽ではない。
posted by Takahata at 00:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

小さな糧

大事の糧。大事の前には小さな犠牲はつきもの。命に関わるような危急の時、敵に自分の腕でも脚でも好きに切らせてやる。躊躇せず敵に与えておいて命はこちらが貰う。肉を切らせて骨を断つ。スポーツで言えば、敵に与える糧。決定的な大事に至るような場面で、敵に小さな手柄は与えておいて、相手に油断をさせておいて、最終的には勝利を飾る。損をして得を取る。これにも近いものだろう。勝負所では効いてくる。こちらが損を、あるいは糧を与えなければ、相手は油断なく全力で来る。小さなダメージをあえて喰らってやりながら、最後は一気呵成に勝利を得る。スポーツでは戦術的にも大切になることがある。
posted by Takahata at 00:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

自由な心で

もし、大事なものを家に置いてあるとして、緊急事態が発生した時に、一瞬でもそれを持ち出そうと迷うだろう。その一瞬の迷いが命に関わるかもしれない。迷いを断ち切るためには、自分の周りに大切なものを置かないとか、ものに執着しないようにするしかない。スポーツでも、自分が大切にしているプレーや技があるとすると、その思いの強さに引っ張られて、その状況に応じた瞬時の判断に迷いを生んでしまい。その判断の遅れが決定的なミスを生んでしまう可能性がある。一瞬でも迷うとそこに隙が生まれ、そこを相手につけ込まれたら相手に先手を奪われてしまう。こだわりのプレーや技を持つことは大切ではあるが、同時にいつでもそれを捨てて対応できる自由な心を持っておくことも大切。
posted by Takahata at 00:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

湧き水

泉から湧き水のように水が湧き上がる。その小さな水が小さな小川になり、さらに下流に行くと大河になる。さらにはそれは大海に繋がっていく。何だかこの過程が考えるという過程に似ているような気がする。最初は頭の中に浮かんだ小さな考える湧き水が時間をかけて考えていくことで、思考の小さな流れになり、大河になり、さらに大きな思考の海原へと続いていく。いつまでも頭に浮かんだ考えの湧き水を放っておけば、いつまでもその場所に留まり池くらいにしかならない。川の流れのようにたゆまず考え続けていくこと。思考の流れを止めないこと。そうすれば海のような大きなものへと繋がっていくはずだ。
posted by Takahata at 00:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

一日に

よく思うのは、勉強だろうが、スポーツだろうが、一日ほんの少しでいいから、積み重ねれば膨大なものになるということ。英単語だって、一日に一単語を確実に覚えれば一年で365単語。×三年でほぼ受験で必要な単語はクリアできる。これを試験前に慌てて覚えようとしたり、受験モードに入った一年や半年で何とかしようと無理するから大変なことになる。人の名前を覚えるのだって、一日一人名前を覚えるのは容易いが、千人の名前を一気に覚えるのは大変だ。欲張らなくていい、一日のほんのちょっとの積み重ねは積もり積もれば膨大だ。一日を無駄に積み重ねれば、どこかで膨大なものに一気に向き合わなくてはならないから死ぬほど辛くなる。これをできるかどうか。
posted by Takahata at 00:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

ホトトギス

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス…織田信長。鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス…豊臣秀吉。鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス…徳川家康。三人の名将をよく表していると思う。これに加えて、例えば鳴かぬなら一緒に鳴こうホトトギス。これは共感。鳴かぬなら自分が泣こうホトトギス。これは他人のせいにするのではなく、自分が責任を負うという責任感。鳴かぬなら鳴かなくてもいいホトトギス。これは自分の意見の押しつけではなく、相手の意見の尊重。鳴かぬなら逃がしてしまおうホトトギス。これは相手に対する執着を断ち切り自由の尊重。などなど色々と考えていける。そんな様々な引き出しを持った指導者であれば、相手に合わせた様々な指導をしてリーダーシップを発揮していけるように思う。
posted by Takahata at 00:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

運??

サイコロを転がすのは、ただの運だとすると、スポーツで良く言われる運は少し違うように感じる。サイコロの目は自分ではコントロールできないが、スポーツは自分の意思である程度までコントロールできる。運とは自分の支配下から完全に外れたどうにもできないこと。自分の意思を加えてある程度支配できることは運とは言わないのではないかと感じる。結果はどうあれ、なるべくしてなった必然ではないかと思う。ラッキー、アンラッキーという言葉で片付けるのではなく、過程を徹底的に分析して何故そうなったのかを理解していかなくてはならない。
posted by Takahata at 00:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

楽しい!!

ボールを無邪気に追いかけていたあの頃には不安はなかった。泥だらけになって走る姿に疲れの色なんて微塵もなかった。練習をさせられるのではなく、前の日からもう楽しみでウズウズしていた。失敗なんて何も怖くなかった。失敗したって気持ちはすぐに目の前のボールに集中していた。懸命にスター選手になりきり、いや自分がスター選手と完全に同化して懸命にボールを追いかけていた。練習が終わって、みんなで頭から水をかぶり、ガブガブ喉を鳴らせて飲む水がとてつもなく美味しかった。みんな満面の笑顔で、また明日ね!と。スポーツは本当に楽しかった。心の底から楽しかった。それは本来いくつになっても、どんな立場になっても変わるものではないはずだ。
posted by Takahata at 00:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

生き…

ある世界に生き残るというのと、生き延びるというのは違う。生き延びるのは、現状維持で誰かの代わりにあと一年、二年…と先延ばしするだけのこと。しかし生き残るというのは、様々な誰かの中で確固とした地位や役割を手にしたからこそ、誰かがどうこうではなくその力を必要とされて残ること。生き延びるためには現状の誤魔化し誤魔化しが、生き残るためには現状からさらなる飛躍が必要になる。生き延びるためには誰かと同じでも構わないが、生き残るためには誰かと同じではなく、自分にしかできないことを見出だして作り上げていかなくてはならない。
posted by Takahata at 00:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

必然

偶然というのは生きていればいくらでもある。偶然というのはプレーしていればいくらでもある。しかし、偶然を偶然で終わらせるか、それを必然にしていけるかは本人次第だろう…偶然を次に繋げていけるか。偶然から何を学び何を身につけていけるか。偶然をどこまで分析して理論化して再現性のあるものにしていけるか。最初は偶然かもしれない。しかし、それを必然に変えていってこそ、偶然に人生をプレーを振り回されなくて済むようになる。自分が必然を作り出していけるようになる。偶然を必然に変えていけるのは、自分の意識以外にはない。
posted by Takahata at 00:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

木登り

夢の実現ていうのは、何だか木登りみたいな気がしてきた。夢が大きいというのは大木という感じ。これを登るには勇気が必要だ。落ちる怖さとも戦わなければいけない。さらに大木は高くて下から見上げると途方に暮れる。とても登り切れないように感じる。登り切る絶対的な覚悟が必要だ。さらに大木は幹も太い。簡単にしがみつかせてはくれない。登り方に様々な工夫が必要になる。さらには足を掛けた枝や手を伸ばした枝が不意にポキッと折れてしまうこともある。そこで諦めて下まで落ちてしまうか、意地でもしがみついて喰らいつくか。後は、無我夢中に登っていても、大木の半ば辺りで様々な不安が襲ってくる。この不安を断ち切ってさらなる高みを目指していく。夢には様々な難題がある。でも一つ一つ乗り切ってちょっとずつでも上に登れば夢の頂上が待ってくれているような気がする。
posted by Takahata at 01:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

期間

期間を決めることを大切にしている。人は無意識のうちに期間に動かされているからだ。同じことをやるにしても一年後を目指すのか、半年後を目指すのか、一ヶ月後を目指すのかで、思いや方法はまるで違ってくる。僕の場合はまずは冷静にどれくらいの期間が必要かを分析する。仮にそれが半年と分析したら、無理を覚悟で半分の三ヶ月で実現させてやろう!と考える。そこに挑戦心が沸き上がるし、そこに方法の工夫が生まれるからだ。やる!と決めたら徹底的に頭を使い、徹底的に行動に移していく。時間だけは有限だ。冷静な分析を基に、自分の全てを全力で働かせて時間を短縮させていく。
posted by Takahata at 00:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

ダメもと

壁が立ちはだかった時には、まずは正面から向き合ってみる。それでダメならいかなる奇策でも、泥臭い策でもいいから、それに全力で懸けてみる。もちろん、綺麗に正攻法で壁を打ち破れればそれがいい。しかし、それでは通用しない壁がある。その時は敢えて正攻法を捨てて、僅かな可能性でもあるなら泥臭い奇策を信じて壁に対峙してみる。ダメもとで何が悪い。ダメもとは、ダメな訳ではない。本当にダメにしないためにする行動。ダメもとで突進していくことで壁を打ち破っていくのだ。正攻法だけで簡単に諦めて壁から逃げてしまうより、ダメもとで最後まで諦めずに喰らいつく方が可能性を広げていけるだろう。
posted by Takahata at 00:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする