2016年11月30日

未来に

出来ないことが悪いのではない。出来ないことをやろうともせずに放棄することが良くない。出来ることがあるのが素晴らしいのではない。出来ることを最大限に活かしたことが素晴らしい。要は出来る出来ない以上に重要なのは自分の取り組む姿勢と意識にあるということ。出来た出来ないというのはただの現段階での自分の尺度。それらを今後どうしていくのかということの方が遥かに大きな意味を持つということ。出来なくてはい!ダメだ〜でも、出来てはい!出来た!でも、その先に何の取り組みもなければ、ただ単にそれだけのことで終わってしまう。人間が未来に向かって生きるように、出来た出来ないも未来に繋がっていかなくてはならない。
posted by Takahata at 00:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

矛盾

どんどん挑戦しろ!と言いながら、失敗したら何をやってるんだ!とか、失敗は許さない!と言う…今の日本の社会はそんな矛盾の中にあるように感じる。失敗しないように小さくなる。それをもっと大きく動けと…挑戦に失敗は付き物。失敗をある程度は許容できる社会でなければ、挑戦すらできないのかも…挑戦しないと文句を言われ、失敗しないように強く釘をさされたら、若い人達はどうやって動いていけばいいのだろう。辛いだろうな…と感じる。どんどん失敗をしてもいいから積極的に挑戦していいよ、という社会にならないと日本の社会はどんどん縮小傾向に向かうような気がしてしまう。
posted by Takahata at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

夢のガイド

夢を描けないのは寂しい。でも夢だけ描いているのは悲しい。夢はあるのに踏み出せない自分の背中をそっと押してあげよう。夢の途中で転んで挫折しそうな自分の手をしっかり掴んで立たせてあげよう。夢を見失いそうな自分の前に立って先導してあげよう。自分の中にいる、もう一人の勇者の自分と共に夢に向かって。勇者は常に弱気な自分に寄り添う夢へのガイド。時に叱責し、時に励まし、時に優しく厳しく…一歩一歩夢への道のりを共に歩いてくれる。勇者の自分の言葉を誰よりも自分自身が信じていこう。勇者の自分の言葉にしっかり心の耳を傾けていこう。夢を描き、夢を実現させることほど喜びと楽しさに充ちた人生はないのだから。
posted by Takahata at 00:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

苦しさの先に

今苦しく感じる練習も一生続かない。限られた時間。今苦しいと感じている時間も過ぎればとても懐かしい時間に変わる。それもただの苦しさではなく夢を実現させようとする苦しさ。しかも苦しさを乗り越えた先に今の自分より強くなった自分に出会える。限られた時間を逃げたりせずに立ち向かってみよう!どうしても短期的に目の前の苦しさだけを見てしまうと、苦しさから逃げ出したくなるだろう…苦しさ大好きなんて生き物はそうはいないから。でも、その時々に感じる苦しさは今の自分に必要な何かを教えてくれていて、何か足りない力を身につけさせてくれていると考えたら少し受け取り方は違ってくるように思う。
posted by Takahata at 04:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

好き

好きなことっていいな。好きだからもっともっと巧くなりたい。好きだから全力を傾けていける。そんな好きなことを通して大切な仲間ができる。そんな好きなことで本当の笑顔にもなれるし、涙も流せる。好きなことを通して人間的にも成長していける。たった一つの好きが様々なことを自分に与えてくれる。好きならとことん真っ直ぐに好きを貫いていけば、色々なことはあっても幸せなことだと思う。やっていれば、苦しいこと、辛いこと、悲しいことも一杯あるだろう。でも、好きなら乗り越えていける。
posted by Takahata at 00:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

壮大な

「スカイ・イズ・ザ・リミット」素敵な言葉だなぁ!空が限界。つまりはどこまで突き進んでも限界はない。空を見上げて、雲が浮かぶ場所が空だと思っていても、飛行機で雲の上にいけば、その上には更なる空が広がる。その場所に行かなければ見えないし、知ることもできない世界。終わりのない世界。空が限界かぁ。これは壮大でいい。何だか壮大な気持ちになれる。どこまでもとことんまで自分自身の限界を打ち破りたくなっていく。空の上の更なる空を求めて。「ここだ!」ではなく、常に「更にここからだ!」と高みを目指して可能性を追求していきたいものだ。心なんて無限の空間なんだから。自分の思考で狭めてしまっては本当にもったいない。
posted by Takahata at 00:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

越えて越えて

練習ではどんどん失敗すればいい。逆に練習で失敗がないとしたら、失敗しないような安全で守りの練習をしている可能性が高い。練習は挑戦でもあり、自分の可能性を広げるためのもの。失敗を恐れずに攻めの気持ちで挑んで実力を高めていきたい。守りでは単に現状維持以下。挑戦してした失敗は自分の糧になる。できる範囲のことをしていても実力の可能性なんて広がらない。できる範囲を打ち破っていくのが練習。そして、できる範囲を広げていく。できる範囲を越えるのだから失敗するのなんて当たり前。それを恐れていてはいつまでもそこに立ち止まっているしかない。そんな練習は単なるルーティンでしかないだろう。
posted by Takahata at 00:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

自分に負けるな!!

誰に負けるより一番情けないのは弱い自分に負けること。これを一番知っているのは他でもない自分自身。他人は誤魔化せても自分は誤魔化せない。弱い自分はすぐに限界を作る。そんな弱い自分に打ち勝って、自分の限界を打ち破れる自分でありたいものだ。その積み重ねが自信に繋がる。人間は弱いものであるが、同時に自分の意志の力でいくらでも強くなっていける。どれだけ他人に勝とうが、どれだけ他人を誤魔化していこうが、自分を見ている自分自身が、自分はいつも妥協しているな…と感じていてはいくら積み重ねても弱い自分に敗北した自分を日々積み重ねているに過ぎなくなる。自分に打ち勝つ自分を日々少しずつでも積み重ねていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

自分の力で

誰かのせいに、何かのせいに、していても巧くならないし、強くもならない。どんな環境下にあろうが、常に自分自身と向き合い、常に自分の中にある巧くできない原因を探っていく。そのための解決法を探していく。不平を口にして、受け身でいては、練習はただの練習で終わってしまう。それでは、ただの肉体の酷使で終わってしまう。もちろん、素晴らしい環境下でやれるのは幸せなこと。しかし、そんな環境はそうそうあるものではない。指導者で分からないことがあるなら、自分で調べたり学んだりしてみる。道具がないなら何とか代替えできるものを探してみる。練習場が狭いなら、狭い中でどうやればいいのかを工夫してみる。言い訳からは何も始まらない。言い訳をしている限りはその場に立ち止まっているだけ。巧くなるためには常に自分の頭を使っていかなくてはいけない。自分を何とかしていけるのは突き詰めれば自分自身でしかないのだから。
posted by Takahata at 00:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

想いを形に

想いを何らかの形にしていくというのは楽しいこと。想いを自分の中だけに抱えていてもそれは誰にも伝わらない。しかし何らかの形にできれば、それはその形にしたものを通して人に伝わっていく。積もり積もった想いを全身全霊を込めてその形にぶつけていけばいい。それが形になった時にはその人にしか作り上げられないものになるだろう。そこには限りない創造性が含まれている。完成した時をワクワク楽しみにしながら、全力で作り上げていければいいと思う。
posted by Takahata at 00:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

旅路

終わりのない旅。仕事だろうが、スポーツだろうが、この辺りでいいんだという満足を求めない限りは、突き詰めれば突き詰めるだけ、深めていこうとすればするだけ終わりのない旅のような気がする。どこまで歩いても辿り着けない旅。果てしない。だけど、果てしないからこそどこまでも進んでいける楽しみもある。スポーツであれば選手である限り、仕事であれば定年を迎えるまで、とことんまで探求していける楽しみ。満足は終わりを告げるが、自分が歩んできた道を否定して、まだまだダメだと自分を認めてあげられなければ、それもまた果てしない旅を続けていけるエネルギーが枯渇していく。今の自分を肯定しながらも満足はせずに探求していけば、人生は楽しくなる。
posted by Takahata at 00:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

迷走しない

あれこれ迷うくらいなら、どれもどんどん試してみればいい。迷った挙げ句に何もしなければ、それこそ何の進歩もない。試してみて自分に合うものを探してみる。答えは一つではないのだから。その先に、これは!というものが見つかれば、後は迷うことなくその一つのことを地道にやり続ければいい。頭の中だけでウジウジと迷っているだけでは何も見えてはこないだろう。まずは拒否せず、否定せず、何でも試してみればいい。そうしなければ自分の答えも見えてはこないだろう。試してみて失敗するくらいの時間は誰にだってある。そうすればまた次を試してみればいい。何も試せずに迷って迷走しているだけというのが一番大きな失敗かもしれない。
posted by Takahata at 02:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

執念を

何とかしよう!としても結果的にどうにもならなかったということはある。だが…本当にどうにもできなかったのか…何とかできる糸口はなかったか…何とかまだまだ工夫の仕様はなかったか…それを問うたとしてもやれるだけのことはやったという答えになるかもしれない。でも、それでは進化はない。何とかする!という執念は恐らく自分が頭で考えている以上の工夫やアイデアや行動力を導き出してくれるものだ。何ともならないことを何ともならなかった…で終わらせるのではなく、意地でも何とかしてやる!という執念。綺麗でなくても泥臭くてもいいから何とか打破してやる!という執念は時にとても大切になる。
posted by Takahata at 00:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

チャンスを

チャンスを与えられないなら、自らがチャンスのきっかけを作り出していこう。チャンスを与えられないことを人のせいにするくらいなら、自分自身をさらに高めていこう。チャンスがないことにふて腐れているくらいなら、今こそ自分の実力を地道に積み上げチャンスを掴むためのチャンスと考えていこう。こいつには誰がどう見て判断してもチャンスを与えたくなる、与えざるをえない、というくらいまで自分が実力をつけていけばいい。逆にそこまでいければチャンスを本当に自分の手に掴んでいくことができるだろう。それくらいの心意気で自分のチャンスを他人に委ねるのではなく、自らの力で切り拓いていきたいものだ。
posted by Takahata at 01:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

何で?

練習を苦しいと感じた時には、何で?ではなく、何のために?と考えてみよう。監督のせいで…と感じた時には、誰のために?と考えてみよう。やらされていると感じた時には、じゃあ?やらなかったらどうなる?と考えてみよう。自問自答すれば、それは全て自分自身のため。大変なのは自分が大きく変わるチャンス!他人のせいにしたり、苦しいから逃げたりしていても、その場では楽かもしれないが、全ては自分自身に返ってくるだけのこと。今の自分の態度が行動が未来の自分を映す鏡なのだから。全ては自分自身のため。未来を作れるのも自分自身。言い訳をして自分自身を甘やかしても、誰かに責任を転嫁して不貞腐れても、それは何一つ自分自身のためにはなっていないのだから。
posted by Takahata at 00:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

求めて

誰もが懸命に勝つと信じてプレーしている。誰もがそのために真剣にプレーしている。それでも勝てないことがある、それでもミスすることがある。でも…それがスポーツであり、人生なんだと思う。何せ人間がやってることだから。人間は完璧を求めるから精進していける。でも…どこまでやっても完璧には届かない。それが人間であり、人生なんだと思う。だからと言って、どうせ完璧なんてないんだからと諦めて投げやりになってしまうのではなく、やはり日々自分に対して精進を課していけるのも人間。スポーツはそんな人間がやっているからこそ、同時に人の心を揺さぶるのではないだろうか。何で打てないんだよ!と言いながら10割打てる選手は望んでいない。何でエラーすんだよ!と言いながら絶対にエラーしない選手を望んでいない。それはもはや、人間らしさや人生の真実からかけ離れたものだから。人間はやはり人間をいつも心のどこかで強く求めているのではないだろうか。
posted by Takahata at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

苦しい時こそ

練習中に自分が苦しい時は仲間も苦しい。疲れた苦しい姿を見ると人は余計に苦しくなる。だから、自分が笑顔で大きな声を出し元気な姿を仲間に見せるようにする。それを見た仲間が元気になり、そんな仲間の姿を見た自分ももっと元気になれる。苦しい時こそ、チーム全体で盛り上げていきたい。誰かが何とかしてくれるではない。常に自分が周りに影響を与えていける意識を個々で持っていたい。個々がそんな意識を持てているチームは強い。苦しい時こそ、誰もが苦しい顔つき、疲れた顔つきをしていると必ずそれがチーム全体に伝染していく。だからこそ、誰もが自らが空気を変えていこうとする意識を大切にしていきたい。
posted by Takahata at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

何を残す

負けたから、後輩に何も残せなかった訳ではないだろう。勝って残せるものもあるし、負けたからこそ残せるものもある。あと一歩勝ち切れなかった、あと一歩がどれだけ難しいか。その一歩を越えていくために、どれだけ多くの汗を日頃流さなくてはならないか。どれだけ自分に厳しくなくてはならないか。負けなければ伝えられないことはある。何となく勝ってしまうとナアナアになって何となく同じことを繰り返し続けてしまうことがある。負けて打ちのめされて、初めて本気で気づき真剣に考えていけることもある。勝負だからもちろん勝って終わるのがいいが、中途半端な感じなら、手痛い負けが後々、大事な大きな財産として後輩へと残していけることもある。とても辛いことではあるが、痛みでしか本当の意味で理解できないこともあるような気がする。
posted by Takahata at 00:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

夢を!

甲子園。高校生なんだから、いいじゃない!ドデカイ夢を持ったって。夢を堂々と語ったって。どれだけ険しい道でも夢を本気で追いかけたって。夢に挑戦する権利があるんだから。例え夢破れても、そんな高校時代は人生の中の夢のような時間としてずっと心に刻まれるから。夢の舞台はそこにあるんだから。目標みたいな現実的なものじゃなくて、周りからアホか?って言われるくらいの夢。何だっていい、そんな時代を高校生には過ごしてもらいたい。そして、その何かに向かって一心不乱に打ち込んでいく。それができるかけがえのない時間なんだから。夢が叶おうが叶わなかろうが関係ない。大切なのは本気で夢を持てて、本気で夢を追いかけられたことなんだから。夢破れることなんて恥ずかしいことでも、情けないことでも何でもないんだから。夢を持てた自分を誇りに感じて欲しい。
posted by Takahata at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

空気を変える

チームが暗くて重い雰囲気の時こそ、明るく陽気で元気な雰囲気に変えていきたい。空気が読めるのは大事だが、空気を読んで自分も一緒に重くなっても意味がない。空気を読んだ上で、空気を変えていける選手でありたい。まるで空気を読めないが如く、空気をサラッと変えていける選手。そんな選手がいるチームは強い。伝染する暗く重い雰囲気を断ち切り、逆に明るく陽気な雰囲気に変えていける選手。チームメイトから、お前空気読めないな〜と笑われながらも空気を変えていける選手。読めないのではなく、読み切って、断ち切って、変えていける選手。
posted by Takahata at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

挑戦

トライアウト。参加する選手には自分の持っている力を最大限に出し切ってほしい。結果は分からない。でも場合によっては小さな頃から始めた野球で、プロまで進んできた半生を凝縮した最後の本気の一投一打になるのかもしれない。自分の野球を大切に。 どのスポーツでも自分の競技の最後の幕引きをできる選手はほんの一部。でもどんな状況に置かれても最後まで諦めずに挑戦する選手がいることは覚えていたい。誰に何を言われようが、自分のやってきた競技で最後の最後まで自分自身を証明していく。がむしゃらに最後まで足掻き喰らいつく。格好いいよ!まだまだ自分の可能性を信じ、やれるギリギリまで喰らいついて夢を続かせていこうとする姿は最高だよ!まだまだ自分で自分自身を見切らずに挑んでいく姿には心を揺さぶられる。綺麗な幕引きだけが美しいんじゃない。不格好でも、必死で喰らいつき、足掻き、懸命に夢に手を伸ばし続ける姿勢は本当に美しいんだよ!
posted by Takahata at 00:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

積み重なり

小さな手抜きが積み重なれば、大きくなって大切な夢が、その手から抜け落ちていってしまう。小さな一手間を惜しまずに積み重ねていけば、大きくなって大切な夢にその手を近づけていける。手抜きか?一手間か?この一瞬の小さな差が、未来に大きな差となる。まっ!いっか!が、まあ、いいかぁーになり、もう、いいか…になり、どうでもいいかになっていく。積み重ねとは本当に怖いものだ。そうすると、夢はどんどん遠のいていくだろう。大切な夢があるなら、一瞬の一手間の貯金を積み重ねていきたいものだ。手抜きも、一手間も、どちらも比べてみたら時間的にもエネルギー的にもそんなに大差はない。だったら、意識をしっかり持って一手間かけていけるような道を選んでいきたいものだ。どのみち、手抜きも一手間も、やらなくてはならないことをやることには変わりはないのだから。
posted by Takahata at 00:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

数字に

背番号1は重いっていうけど一番軽い数字。重荷を背負わず自分らしく投げていこう!四番は重いっていうけど四番目に打つだけ。重荷を背負わず自分の順番が回ってきたって自分らしくバットを振ろう!重いもの背負っては伸び伸び動けないよ。野球部は背番号のない選手を含めて全員で戦ってるんだから。自分で勝手に重荷を背負っちゃダメだよ。どんどん動けなくなるから。数字に惑わされないように、数字の意味に振り回されないように、いつも自分らしく伸び伸びプレーしてほしいと思う。数字に負けて押し潰されてほしくない。数字はあくまで数字であって自分自身ではないのだから。プレーするのは数字ではなく、あくまで自分自身なんだから。
posted by Takahata at 00:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

妥協せず

その時に妥協するのは簡単。でも、それによって後でどれだけ後悔しても時間は巻き戻せない。妥協の連続の先に望む結果はない。結果が出てやり直したくても時間は戻らない。やってるつもりと、やりきるは違う。後でまだまだやれたという後悔ほど悔しいことはない。だから人間は自分自身と日々戦う。苦しかったり、辛かったりすると、人間は自分の中にふと、弱気な逃げ腰な自分と出会う。そこで、弱気な自分に負けてしまうと、まっ!これくらいでいっか!と妥協していってしまう。それで望むべき結果を手にできるほど、やはり世の中は簡単にはできていないものだ。だからこそ、自分自身に打ち克っていかなくてはならないのだろう。こんな程度でいいか!ではこんな程度の結果さえ手にはできないだろう。与えられている今を全力でやりきっていく。それは唯一今この瞬間にできることだから。
posted by Takahata at 01:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

立ち向かう

楽しむと楽をすることは違う。楽しむと苦しいことから逃げることは違う。本当の楽しさって巧くなることであり、少しでも上を目指すことだと思う。苦しいことをしたから巧くなる訳ではないが、苦しいことから逃げては巧くはならない。楽しむと緩いナアナアは違う。厳しくしたら巧くなる訳ではないが、ユルユルで巧くはならない。巧くなったり、強くなったりするためには、当然やるべきことはやらなくてはいけない。妥協していてそれを手に入れることはできない。お遊びなら楽しかったね〜で済むかもしれないが。やるべきことをやるためには、当然の如く苦しさや辛さは付いてくるだろう。自分やチームメイトに対する厳しさも付いてくるだろう。そこから逃げていては、やはり本当の楽しさには辿り着くことはできないだろう。妥協には妥協の答えしか返ってこない。楽した先には楽した結果しか返ってこない。立ち向かっていかなくては!!
posted by Takahata at 00:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

引退

引退。誰もが納得いく最後を迎えられる訳ではない。でも心からエールを送りたくなる。よく最後までやり抜いたね!って。やり抜くって言うほど簡単じゃない。部活なんてほとんどが辛くて苦しいことの連続だから。それらを自力で仲間の力で乗り越えてきたんだから。そこだけは自分を仲間を誉めてあげようよ!納得いく最後でなかったなら、次に何かに挑戦する時に、乗り越えてきた力をバネにして挑んでいけばいいよ。苦しかろうが辛かろうが、グッと耐えて前に進んでいこうよ!それこそが、君が部活で得た最高の心の財産かもしれないよ。引退は終わりではなく、次の何かへの始まり。ゴールと同時にスタートなんだから。部活で培った大きな力をどんどん発揮していこうよ!!
posted by Takahata at 00:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

エール

試合に出られずベンチにも入れず、それでも大声で本気で応援している選手の姿を目にすると、胸に込み上げてくるものがある。グランドには立ってないけど君は立派に選手だよ!って伝えたくなる。試合を仲間に託して大声で応援する姿。グランドには立ってないけど誰よりも一緒に戦ってる選手だよ!って。試合に出る選手も出るで凄いし試合に出れない選手もそれでも最後まで続けていけるのは凄いんだよ。出る選手は出れない選手の思いを感じてプレーすればいいし、出れない選手は出る選手に思いを託して応援する。それぞれに凄さは違うし、単に役割が違うだけ。その競技が好きという思いは同じなんだから。それぞれに誇りを持って立場を貫いてほしいと思う。それぞれに感じる辛さや苦しみがあるんだよ。違う辛さや苦しみが。でもどちらも好きな競技を一生懸命にやっているのは同じなんだから。お互いの思いを真にどこまで理解しようとするかで、変な嫉妬心や優越感を超えて、真の仲間に近づける気がする。
posted by Takahata at 00:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

楽しく!

DSC_0053.JPGDSC_0054.JPGDSC_0052.JPGDSC_0051.JPG元ミスターロッテと呼ばれた初芝さんが監督を務められている社会人野球のセガサミーに仕事で。苦しくて厳しい練習の中にもゲームを入れたり、冗談も交えながら、選手もコーチ陣も笑顔で!!楽しい気持ちになれば、苦しさの感じ方も変わる。 練習は苦しむことが目的ではない。苦しいことでも、笑顔や明るい元気な声を出すことで軽減するなら、その方が大切な気がする。楽をすることが楽しいではない。苦しいことでも楽しみながら乗り越えていけたらいいと思う。とても良い明るい雰囲気の中で、みんな真剣に厳しい緊張感のある練習に取り組んでいた。
posted by Takahata at 00:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

温故知新

スポーツは進化する。いつまでも自分がやっていた時代はこうだったと昔に固執していると、進化に取り残されていく。ただし昔が全て古くて駄目なものという訳ではない。今も昔も変わらずに大切にしなくてはならないものもある。それが失われた進化は進化ではなく、単なる時代の流行にしかならなくなる。中身のない上っ面なものになってしまうだろう。温故知新。まさにこの言葉がピッタリ。故きを大切にしながらも、常に新しいことを学び続けていこうとする姿勢こそが大切になる。昔に固執することと、昔を大切にすることとは明らかに違う。そこの意識をしっかり持てていなければ、時代の指導者にはなっていけないし、ましてや、なり続けていくことはできないだろう。そのためには、常に自分の中でスポーツの本質を精査して、本質はぶらさずに、常に最新のものに対するアンテナを張っていなくてはならないだろう。
posted by Takahata at 00:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

頂点

PIC000026.JPG楽天イーグルスの今江選手。ロッテ時代に不調の時はナイター終わって、深夜の一時くらいに電話で話し、三時くらいに終わり「それじゃ、おやすみ。ゆっくり休んでね」と伝えると「今聞いたことを生かすために今から素振りします!」と元気な声で。えっ?今から? 深夜の三時だよ?野球もそうだが何でも本気で取り組むとはそういうことだと思う。とことん納得するまで話を聞き、理解したらすぐに実践する。明日やろうはバカ野郎なんて言葉があるがエネルギーも時間も全てを一つのことに注ぎ込む。やらされるのではなく、常に自分のためにやる!そこに疲れたとかの言い訳は一切ない。好きなことを仕事にするとはそういうことのような気がする。今江選手の好きな言葉は頂点。選手としての頂点に登りつめていくためには、一切の妥協や甘えも入り込む余地はない。やることは、自然にやってそれがごくごく当たり前のことなんだと
posted by Takahata at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする