2017年01月31日

人間は

人間て人の間でぶつかりながら磨かれていく。人の間で様々なことを学んでいく。人の間で悩み、苦しみ、泣き、笑い、喜び、感動する。人間は人の間に在って初めて人間になるのかもしれない。そう考えれば、どんな人も全て自分の生きた教材になる。全ての人が自分に何かを教えてくれている。好き嫌い、合う合わないなど、まあ、色々とあるだろう。自分を含めて完璧な人間など一人としていないだろうし、そもそも完璧な人間とは何なのかすら分からない。であるなら、できる限り自分の心をフラットにしてみて自分以外の人から何かを学んでみようという心構えを持ってみるのもいいかもしれない。自分の狭い世界の中で狭い判断で人を見ていては勿体ないかもしれない。人間は人の間に在るものだから。
posted by Takahata at 00:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

命令とアドバイス

アドバイスは、された方にやるやらないの選択肢がある。命令はやるしかない。アドバイスには相手に対しての尊敬や相手の権利も視野に入っている。しかし命令は否定から入っている。命令では表面的には従順に動いてるフリはするが…やはり人は自分の意志で心から動かなければ本当には身につかない。恐怖をチラつかせて命令して人を強制的に動かせることはできてもそれは真に動いていることとは違うだろう。やはりアドバイスをして本人の選択と意志に任せていかなくてはならない。自分に必要だからやっていこう!と思えば人は自然に動くのだから。人を育てていくというのはそういうことのような気がする。
posted by Takahata at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

判断力

もう無理だと諦めるのと、冷静に分析してこれは不可能と割り出すのとは明らかに違う。単に感情に振り回されるのと、思考でしっかり考え抜いて出した結論では違う。不可能と思われていることの多くは、様々なアイデアや発想を広げていけば可能にしていけることも多い。しかし、どうやっても不可能なことがあるのも事実だろう。可能だと盲信して盲進してしまうと時間やエネルギーを単に無駄に使ってしまうという可能性が出てくる。それで取り返しのつかないことになったら残念なこと。不可能と可能の間にあるグレーゾーンをどう判断していくのかは感情ではなく思考で様々な角度から冷静に分析していかなくてはならないと考える。何となく無理…とか、何となくできそう…では正確な判断ではないように思う。
posted by Takahata at 00:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

苦しい時こそ

苦しい時に、そのままヘタリ込んでしまうか、自分に鞭打って踏ん張り一歩前に進むか…苦しい時にこそ自分自身の真価が問われる。もう無理かも、から、まだやれるかもへ。そんな自分への厳しさと踏み出した一歩が困難にへこたれない自分を育てていく。小さな決意は大きな自信を育てていく。自分とは自らを分けると書く。苦しい時こそ、未来の自分を分けていく分岐点のように感じる。究極は自分を育てられるのは自分自身。やればやっただけのことは必ずあるはずだ。苦しくても立ち向かえれば未来の笑顔の自分に出会えることだろう。
posted by Takahata at 00:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

原点

好きな道をひたむきに探求し続けていくこと。好きな道を通じて自分を磨いていくこと。好きな道を自分を信じて孤独でも歩み続けていけること。好きな道を進む中で一日一日進化していけること。好きな道でも時に道に迷い、見失いそうになる時もあるだろう。でも好きって純粋な想いに立ち返れるといいね。好きなことが自分の中にあるのは幸せなこと。それに打ち込めているのは、さらに幸せなこと。それで自分が高められれば、もっともっと幸せなこと。でも好きな道でも時に苦しんだり、悩んだり、迷ったりしてしまうもの。それが人間だろう。それでも好きという原点さえ見失わなければ、必ず好きな道に立ち返れるだろう。それでいいんだと思う。
posted by Takahata at 01:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

素直さとは

木の幹は一本の筋が通っているけど、その幹は根が吸い上げた栄養分によって形成されている。人間も一本筋を通すことは生きていく上で大切なことだが、様々な栄養を素直に耳を傾ける素直さも大切に思う。そうしなければ、やはり自分自身の人間としての筋や豊かさを大きくはしていけないのではないだろうか。素直さと何でも、はい!はい!言うイエスマンとは違う。素直だから他人の影響を受けすぎて自分を見失うというのも違う。素直さとは他人の言葉を素直に受け止めてしっかりと自分の中で咀嚼して栄養にしていけることのような気がする。
posted by Takahata at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

自分に負けるな!

自分に負けないこと。口にしたことを最後まで成し遂げること。口にして誰かの目を気にするのではなく、口に出した自分が自分自身を裏切らないこと。口にしたことに自分が責任を負う強さを身につけること。全ては自分自身のため。例え小さなことでも、自分に負けずに何かを貫き通していくことで、自分が口にする言葉に魂が込められていく。誰かとの約束事は、突き詰めれば自分自身との約束事。負けない自分を作り上げていく大事な過程。それが積み重なっていけば大きな自信になっていくことだろう。
posted by Takahata at 00:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

辛さを越えて

怪我は辛い…辛いけれど辛い中で何を学ぶか。辛い中で何を生かせるか。辛さを乗り越えた先に何を得るか。怪我したことは悔しいだろう。悔しさの先に何を見据えるか。絶望感の中に何の希望の灯りを灯せるか。自分の殻に閉じこもっていては見えない何かがたくさんある。何か一つでもいい。自分にとっての何かを掴んでほしい。こんな時に…こんな時だからこそ、タダでは起き上がらないでほしい。今のピンチを未来のチャンスに変えていける目線を大切に過ごしてほしい。辛さや悔しさを越えて。
posted by Takahata at 00:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

問題解決

何か問題に直面した時に、真正面からぶつかっていくのも一つの方法だが、それで自分が壊れてしまいそうなら、上手にいなしてみたり、何かを受けてみたり、一度後退してみたり、時にはかわしてみたり…もちろん、ぶつかっていけるならぶつかって真っ向勝負してみるのがいい。逃げるのでなければ、対処の仕方は色々あるということ。逃げても問題解決はしないが、何でも真正面からぶつかれば問題が解決される訳ではない。様々な問題解決の方法を模索する。できる限り最大の知恵を絞り出してみる。あの手この手で、押したり引いたり、回り込んでみたり…あらゆる角度から解決策を巡らせてみることは大切だ。
posted by Takahata at 00:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

毎日のことだから

いつでもできる、と思ってる限りはいつまでもやらない。いつもやっている、と思ってる限りはいつまでも進化をしない。やればできる、と思っている限りはずっとできない。大切なのは今日!この一瞬!今やり、今やり方を工夫し、今何とかできないかを真剣に考えて練習したい。その積み重ねが進化!練習は毎日やっていること。だからこそ、ついつい漠然としたものになりがちだ。逆に毎日やっているからこそ、しっかりとした意識を持って取り組んでいけば、積み重ねていけるものは大きい。単にやれば巧くなるものではない。より進化して巧くなるからこそ、やっている競技をもっともっと好きに楽しくしていけるはずだ。だから、今日、この一瞬から巧くなるためのことを考えながら練習に取り組んでいこう!!
posted by Takahata at 00:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

can do

できないことは恥ずかしいことではない。恥ずかしいのはできないのに、できた振りをすること。できないからと早々に諦め投げ出してしまうこと。自分よりできない人を探し安心し優越感に浸ること。できないことを素直に認め、できるようになるために懸命に取り組む姿勢は恥ずかしいどころか素晴らしい!!分からないこと、知らないことも同じだろう。人間なんてどこまで行こうが、知らないことやできないことだらけだろう。not→do→canの過程を踏んでいけばいいだけのこと。それだけのこと。できないから、知らないからダメなんじゃなくて、それで良しとしてしまうから良くないだけのこと。すぐにはcanにはできないかもしれないが、たった今からdoにしていくことは誰にだってできること。できないことに対して、できるようになるための行動を起こすことはできる。まさにcan
do!!
posted by Takahata at 00:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

試練を越えて

好きなことをしていても、時に練習で苦しさや辛さの余りに嫌になりそうになることもあるだろう。思うような結果が出ずに打ちのめされて絶望を感じるようなこともあるだろう。でも、好きだから尚も続けていける。尚も上を目指していける。好きだから投げ出したくないし、絶対に諦めたくないから。好きなことをしている自分を、その好きなことをやはり裏切りたくはない。だからこそ苦しくても辛くても乗り越えていけるのだと思う。投げ出してしまっては、もう続けても上を目指していくこともできなくなる。好きなことは、好きなことをする自分にたくさんの試練を与えてくれる。好きだからこそ試練を乗り越えられるだろ!!と言わんばかりに。
posted by Takahata at 00:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

意識高く

練習には楽しいと感じる練習もあれば、つまらなく感じる練習もある。やった感のある練習もあれば地味な練習もある。案外つまらなく感じたり、地味なことが重要な基本だったりもする。それらの練習に対してどれだけ意味を理解し、高い意識で取り組めるか…どうせやるなら身になる練習にしていきたい。楽しいことは誰でも楽しんでやることはできる。誰もがつまらなく適当にダラダラ流してしまうような練習に対してどれだけ真剣に向き合えるかで差は生まれてくる。一流の選手というのは、皆と同じようにやっているように見えながら、取り組む意識が全然違っていたりするものだ。
posted by Takahata at 00:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

テーマ

テーマを持って練習に臨んだのであれば、失敗しても恐れることはない。それよりも怖いのは失敗を恐れる余りに失敗しないような現状維持以下のプレーをしてしまうこと。それでは実力も上がらない。それでは練習の意味もない。テーマさえしっかりしてれば、挑戦してした失敗は糧になる。テーマのない練習はただのルーティンと化す。そこに技術という実力の進化はない。テーマを決めたら、不安や恐れを払拭して自信を持ってテーマを貫いてみたらいいと思う。できないことをできるように。できていることを更にそれ以上にできりようにしていく。それがその日に練習に臨むテーマなのだから。
posted by Takahata at 01:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

謙虚で素直に

余裕がある時に、傲慢になる人と謙虚になれる人がいる。傲慢になると今の自分に満足して退化して、今ある余裕を食い潰していってしまう。謙虚になると素直になり、自分を進化させて更なる余裕を作り出していける。一杯一杯になった時に何とかしようとしても時遅しの場合が多い。やはり準備は余裕のある時にしておいた方がいい。謙虚で素直さが欠けてしまうと、新しい力を吸収して自分のものにしていけない。自分の世界に慢心できている余裕なんてほんの一時期のこと。今だけを見るのではなく、未来を見据え、未来に対しての意識が強ければ、傲慢になどなれるはずはない。自信を持つことと傲慢になることとは明らかに違うものだ。
posted by Takahata at 00:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

小さな原因

スランプや上達を妨げている要因は、意外にほんの小さなこと。小さいからこそなかなか気づけない。ここが厄介な点。小さな原因は身体の動きの最終段階では大きなプレーの差を生み出す。大味な原因分析では見えてこない。緻密な原因分析が求められる。自分自身に対する細やかな観察眼が重要になる。出てきた結果としての大きな誤差だけを見ていては原因はなかなか見出だしてはいけないだろう。過程を細かく分析して一つ一つの小さな動きやその連動性を見ていかなければならない。一見すると同じように見える動きでも、ほんの少し身体の使い方が変わるとまるで違った動きになってしまう。
posted by Takahata at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

練習の意味を

練習はできないことを、少しでもできるようにする場。できないことを恥じる必要なんて本当はない。それより、なんとなく無難に無理せず、できてる風を装うことほど無意味なことはない。それはもはや練習ではなく、デモンストレーション。練習の意味を問い直す機会も必要かもしれない。そもそも、できないから練習する訳で、できるなら練習なんて必要ない。練習は小さくまとまって満足する場でもない。自分の可能性をどんどん開拓していく場。どうせ練習をするなら練習の持つ本来の意味を問い直してから臨んだ方がいいだろう。その方が練習を有意義な時間にしていけるはずだ。
posted by Takahata at 00:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

基本を

基本の先に個性が出てくる。個性は良いことだが、時にこの個性が時に間違った方向に向く時がある。自分では早く基本から卒業したいという思いから、独自の形を作り上げていく。そしてスランプになったりする。よく言われることだが、基本に常に立ち返ることは大切。一流選手ほど基本を大事にしている。基本というのは案外つまらなく感じがちだ。早く先に進みたいという気持ちも強くなる。それが時に先走らせてしまう。どんどん基本から離れていき、勝手なものを作り上げていき、途中から何が何だか分からなくなる。大事な基本が抜け落ちた個性は実体のない虚像のようになっていってしまう。困ったら基本に立ち返ろう。
posted by Takahata at 00:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

五然さま

午前さまではなく、五然さま。(笑)この五然さまも先日の六然と同様に勝負の世界に生きる者は大切にしていくべきであろう。五然さま。@必然(どんな状況も今の自分に必要だから起こっていると前向きに考えたい)A超然(どんな苦境にあろうが超えていきたい)B悠然(どんな状況も振り回されるこたなく悠々としていたい)C俄然(どんなことにも我を忘れるくらいやる気になりたい)D断然(気持ちを揺らさず取り組みたい)六然であれ、この五然さまであれ、今の自分に課して伸ばしていこうとすることはとても大切なことだと感じる。僕は大学生の頃に、この五然さまを考えて自分に課してきた。やはり、自分を伸ばしていこうとする時に、自分が自分自身を向かわせるベクトル、自分が自分自身を評価するための指標は大切になっていくのではないかと感じる。できてない自分をできるように、できたその日まで諦めずに地道に育て上げいくこと。道に迷いそうになったら、立ち返るべき道標を持って邁進し続けていくこと。
posted by Takahata at 01:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

六然

六然(りくぜん)@自処超然(じしょちょうぜん)自分自身に関しては世俗の物事にとらわれないようにすることA処人靄然(しょじんあいぜん)人に接しては、相手を楽しませ心地よくさせることB有事斬然(ゆうじざんぜん)何か事があるときは、ぐずぐずしないできびきびとやることC無事澄然(ぶじちょうぜん)何も事がないときは、水のように澄んだ気でいることD得意憺然(とくいたんぜん)得意なときほど、静かで安らかな気持ちでいることE失意泰然(しついたいぜん)失意のときにも、泰然自若としていること

勝負の世界にいると、この六然が非常に大切だなと強く実感する。この六然の心構えができていれば、気持ちが大きく揺らぐことはないだろう。デンとして受け止めていける。よく表している。勝負の世界に生きる者は一歩でも近づいていけるようにしたいものだ。
posted by Takahata at 00:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

頭も心も自由に

小さな頃はあらゆる面で、できないことは多かった。でも、頭や心はどこまでも自由だった。大人になるとできることはたくさん増えたが、頭や心が不自由になってしまった人が多いような気がする。生きていく中で、無意識のうちに様々な制限や限界や常識などに完全に縛られていってしまうのかもしれない。そして、自分ができるようになったことの範疇で生きていこうとするのかもしれない。そんな勿体ない人生にするのではなく、頭も心も自由自在に解き放ち、どんどん挑戦していける人生にしていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

追い込んで

試合で一球に泣きたくなければ、練習の時から一球を大切に取り組まなくてはいけない。練習でできないことを試合でやろうとすると余計に無茶苦茶になってしまう。練習の時から、ああダメだと妥協したり、まっ!練習だから仕方ないと諦めたりするのではなく、一球に泣くくらいの真剣勝負で取り組みたい。そうすればいい意味で練習にも緊張感が生まれてくるだろう。練習で自分に甘く、試合でその甘さを後悔するくらいなら練習で自分を追い込めるだけ追い込んでいきたいものだ。試合で笑顔になるためには練習でたくさん泣けばいい。
posted by Takahata at 02:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

習う

練習とは習ったことを練ること。練るというのは自分の中でしっかりと消化して自分自身の力にしていくこと。練るためには頭の中でしっかりと考えて深めていくことも大切になる。習ったことが右から左に流れ、次々に詰め込むだけの練習ではなく、時に立ち止まって考える練習をしていきたい。心身共にいっぱいいっぱいになっていると、習ったことを受け止められなかったり、しっかりと消化していくのが難しくなったりする。練習に手を抜くという意味ではなく、心身に余裕を持てていなくてはできないことだ。いくら大切なことを習ったとしても力にしていけるかどうかは他でもない本人次第になってくる。練習効率の高い練習を積み重ねていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

大切に

練習中の『ちょっと』を大切にできる選手は素晴らしい。ちょっとした感覚、ちょっとした変化、ちょっとした成長、ちょっとしたアイデア…『ちょっと』の多くは練習の流れに埋没されて自分の中で素通りして忘れられていく。そこで流されずに立ち止まり、そこに意味を求めていけるか。それも練習の質。『ちょっと』が積み重なってこそ大きなものになる。ちょっとした感覚でコツが掴めることもあれば、ちょっとしたコツで技術が格段に上達することもある。反対にちょとした身体の違和感が大きな怪我に繋がることもある。『ちょっと』を大切にしていける選手は伸びていく。
posted by Takahata at 00:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

取り戻せない時間

引退したら練習をいくらしたくても二度とできなくなる。引退したら仲間達とは別々の道を進んでいくことになる。引退したらあれだけの悔しさも喜びも味わえなくなる。だからこそ現役の今、現役時代にしか味わえない様々なものを大切に過ごしてほしい。失ってからでは取り戻せない時間と仲間。毎日の練習が時に面倒になったり、飽きがきたり…試合で負けてひどく落ち込んだり、仲間と時にトラブルが起きたり…決して楽しく愉快なことばかりではないだろう。でもそれを含めて、なお前提として今自分が現役でいられることを感謝して楽しんでもらいたいと思う。そんな素晴らしい時間を失ってから、気づいてもその時間は決して取り戻せないのだから…
posted by Takahata at 00:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

チームワーク

仲間のために助けるプレーをしようとしなくても、自分の目の前にあるプレーを全力でやれば、結果としてそれが仲間を助けることになるということは多い。仲間と無理して仲良さそうにしなくても、お互いの全力プレーでお互いが認め合えることも多い。チームワークとは個々の全力プレーこそが全ての基本のような気がする。個々のプレーには個々の無言の想いが込められている。言葉はなくてもお互いが感じ合えるものがある。そこに初めて一つの競技に打ち込む共通理解が生まれてくる。理屈ではなく仲間のプレーや姿勢から感じ取れるものによって心の深い部分に強い絆が結ばれていくような気がする。
posted by Takahata at 00:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

何かの縁である場所に集い、縁が深まり絆で結ばれて仲間になっていく。元をただせば生まれた場所も、生活環境も、通った学校も…全くバラバラの人間がある一つのことを通して縁が生まれてくる。いつも当たり前に接していると感じられないが、いつも接している仲間は決して当たり前ではない。縁は最初は偶然のように思えるかもしれない。しかし、絆が深まり、お互いが繋がる共通の一つのことを通して夢を実現した時に偶然は必然に変わる。というより、仲間との夢の実現を必然に感じて、この仲間とだから夢が実現できるのだと信じて突き進んでいけるといいだろう。
posted by Takahata at 02:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

すぐそこに!

まだまだ時間はあると思っていると気づくと、あっ!という間。まあ、ここら辺りまでは行ければと思っていると終われば、えっ?という結果。時間は有限、目標は無限!小さくまとまらずに時間を最大限有効に練習していきたい。しっかり取り組めば、いくらでも上達できるだけの時間は残っているのだから。過ぎて後悔しても時は戻ってはこない。だいたい、時間は無限、目標は有限と思い込んでいると終わってから後悔するような気がする。より高みを目指して、時間を最大限有効に練習してこそ、初めてやるだけのことはやらたと言い切れるような気がする。変に小さな目標を決めて、漠然とした時間を過ごしていると、何も上達しないまま終わってしまうことになりかねない。夏はすぐそこまで来ている。寒くても夏はすぐそこまで来ている。それを強く感じで日々の練習に取り組んでほしいと思う。
posted by Takahata at 00:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

前に

ひたむきさ。仲間への熱い想い。自分自身との孤独な戦い。苦しさや辛さの壁を乗り越える。倒れるギリギリまでの極限の中で、一本の襷を繋いでいく姿。彼らはこの晴れの日のために、仲間と共に日々積み上げてきた距離は地球何周分にもなるだろう。共に過ごした深い絆をみんな襷で繋いでほしい。仲間のもとへ、ひたすら一歩一歩を前へ前へと運んでいく。思うように動かなくなった足に鞭を入れながら、止めることなく進めていく。自分のためだけではなく、何より仲間とのために。吐いて倒れそうになっても、彼らは決して倒れない。投げ出してしまえば、いっそのこと楽になるのに彼らは最後の最後まで投げ出さずに喰らいついていく。こんな時代に、こんなにも素晴らしい走りを目にできることで、新年から心が震える。感動させてもらえる。もちろん、競走だから順位は何よりも大切!でも…それ以上に大切なものを歯を食いしばって走るランナーから感じるんだよな。順位を越えて仲間からの襷を絶対に仲間へと繋ぎ切りたいという想い。本気で苦楽を共にした仲間への想い。選手に選ばれなかった仲間への想い。その想いが次の前への一歩になる。
posted by Takahata at 01:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

ネクストステージ

選手を終えたから終わりではない。むしろ始まり。自分の好きなスポーツに打ち込んできた自分の力で未来を切り拓く。成長した自分を未来のステージで活かす。スポーツの場でのプレーすることはもうないかもしれないが…人間としてのプレーは人生の限り続いていくのだから。自分が人生のある時期を全力で生きてきたことを自分の誇りにして。苦しさや辛さを乗り越えてきた自信を胸に。選手としての終わりを迎える…ある意味で厳しい現実かもしれない…でも、だからこそ自分を否定せず、自分がやってきたことを否定せずにしっかり受け止めて、それだけ真剣に生きてきた自分に感謝して次なるステージで花を咲かせてもらいたい。
posted by Takahata at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

向かい風

向かい風で押し戻されるのではなく、自分の全身でそれを受け止めて凧のように高く舞い上がるような生き方をしていきたいと思っている。向かい風、それは生きていく中で受ける批判や強制や反対意見など…そんなことで気持ちを萎えさせてしまうのではなく、そんなものさえ自分が浮上していくエネルギーにしていきたいものだ。中途半端に逃げようとしたり、避けようとしたりしてしまうと逆にその向かい風に押し潰されてしまう。それなら真正面からドンと受け止めて自分で自分自身を浮上させていきたいと思う。後押しをしてくれる追い風は大きな力になることは言うまでもないが、向かい風さえマイナスにしないプラスの力に変換していける生き方をしていこうと思う。
posted by Takahata at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする