2017年03月31日

変わる覚悟

今までやっていなかったなら、気づいた今からやればいい。今まで妥協して諦めて投げ出していたなら、たった今から自分自身と真剣勝負していけばいい。変わりたい、変わりたいといくら願望しても、変わる覚悟を持って自らが変わる決断をくださないといけない。今までやってきてないし…今までこんな自分だったし…なんて言い訳はいらない。言い訳を並べている限りは今までの自分に何となく馴染んで自分自身を甘やかせていたりもする。変わるためには厳しさはもとより自分自身の痛みも伴う。変わりたい、でも変われない、でもでも変わりたい…を無駄に繰り返して何も変われないくらいなら、たった今から変わるべき想いと行動を強くしていくことの方が遥かに建設的な気がする。
posted by Takahata at 00:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

やり続ける

明日やればいいという先延ばしは、やるんだ!という真の決意が足りない。何をやればいいのか分からないというのは、正確な自己分析が足りない。やっても結果がすぐに出ないとボヤくのは忍耐が足りない。三日坊主で終わるというのは、自分の明確な未来予想図が足りない。自分が自分自身を育てていくためにする自分が自分自身に投資するのが継続。人間はやらなければ何事も成せない。チョロッとやって大事は成せない。ひたむきにやり続けることで、ふと気づいた時には大きな力が身についているものなのではないだろうか。
posted by Takahata at 00:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

失敗に挑む

誰だって勝ちたい、誰だって勝ちに行く。しかし、いつも勝てる訳ではない。大切なのは負け方であり、負けの受け止め方。負けを勝ちに繋げていける前向きさ。うなだれていては、次の一歩を踏み出せない。負けから目を背けたり逃げてはいけない。真正面から向き合う。負けは人生の負けではないのだから。失敗や負けを単に悔しいで終わらせるのか、それを前向きに自分の進化の糧や教材にしていけるのか。この差は大きい。打ちひしがれていても時間ばかりが過ぎていく。時間が過ぎればそれはもはや教材にはならない。単にマイナスの印象が強く残るだけになってしまう。それは前に進めるどころか、その印象にいつまでも引きずられてしまい後ろ向きになってしまいかねない。人生なんて負けや失敗の方が多いんだから。後ろ向きになっていたら人生は本当に勿体ないと思う。最高の教材にしてやるぞ!!くらいの気持ちで挑んでいきたいものだ。負けや失敗を胸を張って受け止めていけばいいと思う。
posted by Takahata at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

何とかする!!

どうにもならないと感じることを、いかに何とかしていけるか。そのためには、その取り組むことに執念を持てなくてはいけない。どうにもならないという思いを、どうにかしてやるという強い思いに変換していかなくてはいけない。そして最後の一瞬まで絶対に手を抜かずに手離さないこと。やり方も一つに限定せずに、やれる方法はいくらでも挑戦してみればいい。一つやってダメなら二つ、三つと。とことんまで喰らいついていかなくてはいけない。どんな状況になろうが決して諦めずに誰でもなく自分自身が何とかしてやるんだ!と。自分なら何とかできるんだ!という自信を持って取り組んでいけばいい。人生は諦めた瞬間から、諦めを覚えていく時から、どうしようもできないことが一つ一つ増えていく。人生はその逆で一つ一つ何とかできることを学んでいきたいものだ。
posted by Takahata at 01:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

1の差

可能性が完全に0%なのか、僅かな1%なのか、このたった1の差は数字以上に大きい。0はどこまで行っても0だが、1は可能性はあり、やりようによって可能性を高めていける。可能性を探る時に、この境界線の見極めが大切。可能性が低いという一言で0と1を混同してはいけない。低いからと言って諦めていては可能性は単なる受け身になってしまう。可能性は他の誰でもなく自分自身が高めていくものだ。女子高校生が甲子園を選手として目指すというのは現段階では可能性は0%。どこの野球部の選手にも可能性はある。可能性があるなら高めていくやり方を考えていけばいい。不可能と可能の差はたった1の違いでもかなり大きい。
posted by Takahata at 00:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

どこまでも

負けや失敗を自分はダメなんだと落ち込む方向に導いていくのではなく、まだまだ自分は巧くなっていけるんだという前向きな方向へと導いていきたいものだ。どこまでいっても完璧や完成というものはない。行けば行くだけ負けや失敗を経験していくことだろう。ダメなんではなくて、まだまだ自分には取り組むべきこと、越えていくべきことがあると捉えていきたいものだ。何事もやればやるだけ、その難しさや深さをどんどん発見できる。やればやるだけ、自分がどこまでも未熟であることが理解できる。だからこそ、何事でもいい、本気で向き合って取り組んでいきたい。そうすれば自分はどんどん鍛えられ磨かれていくだろう。どこまでいっても完璧なんてないんだから。
posted by Takahata at 00:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

悔しさを生かし

ライバルに負けて悔しいなら、ライバルと自分の実力の差はどれくらいか?ライバルとの差は埋められるのか?埋めるためにはどのように練習すればいいのか?と冷静に分析して、地道に積み上げていくしかない。「悔しい、悔しい…」と感情だけで悔しがって足踏みしていても差は広がるばかり。悔しさを行動に繋げていこう。ただ悔しいから、その反動で闇雲に無茶苦茶ガッツを見せて行動に移したとしても、冷静な分析のない行動は長続きはしない。それでは悔しさの感情が高まっている時だけの三日坊主になってしまうだけだ。大切なのは一つの悔しさをスタートにして地道に積み上げ続けていくことなのだから。
posted by Takahata at 01:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

ムード

チームのムードというのは凄く大切。ただ大きな声を出したり、大騒ぎすればいいというものではない。どれだけ仲間の心を打ち、勇気を与える言葉を口にできるか。その言葉に思いを込めていけるか。感動して同じ思いを仲間達と共有できて自分を仲間を信じられる空気感を作り出せるか。思いを共有できるムード。最高のムードは自分の背中を押してくれるし、仲間達の背中も押してくれる。本当に伝えたいのは言葉の羅列ではなく、心の中にある真の思いなのだから。
posted by Takahata at 00:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

報われなくても…

どれだけ日々精進して、ひたむきな汗を流して、日々結果を出し続けても、チャンスが巡ってこないことがある。やってきたこと、出してきた結果が必ず報われるとは言えない。では、報われないならどうせやっても無駄か?と言えば決してそうではない。そこで投げ出してしまえば、自分が自分自身に見切りをつけて見限ってしまうことになる。あるいは、近々にはチャンスはないかもしれないが、少し長期的に見たらチャンスはあるかもしれないのに、そこに繋がる今を断ち切ってしまうことになる。悔しくても辛くても、無意味に感じても、本当にその物事を終えるまでは、やはり今やるべきことに全力を尽くすしかない。報われなくても、自分自身を最高潮に保ってチャンスが巡り来るのを辛抱強く待つこと。
posted by Takahata at 01:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

願望を確信に

〜したいっていう願望を、〜できるという確信に導くために必要なのは、バカみたいに自分が自分自身を信じる力と、バカみたいに自分がやろうとしていることを信じる力。まさに夢を叶えるバカヂカラ。それがあれば願望という青写真に繋がる具体的な道筋をつけていける思考力が活発に働き始める。自分が自分を疑い、自分がやろうとしていることを疑えば、青写真はどんどんと霞んだものになり、しばらくすると消え去ってしまうことだろう。実現不可能なものになってしまう。せっかくの願望なら確信を持って実現させていきたいものだ。願望が湧くということは、自分の心が求めていることなのだから。挑戦してあげないと自分の心が可哀想だと思う。
posted by Takahata at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

心変われば

苦しいことが多いのは自分の中に甘えがあるから。辛いことが多いのは感謝の心が足りないから。悲しいことが多いのは自分中心の心があるから。心配することが多いのは今を懸命に生きようとする心が足りないから。迷いが多いのは自分の中に生きる一本筋がないから。行き詰まるのは自分の心を裸にできないから。心が変われば、見える世界や感情も変わる。目の前にあることに不平不満を口にして涙を流してうなだれていても何一つ変わらない。であるなら自分自身の心を変えて目の前の事態を好転させていくしかないだろう。今一度自分自身の心と真正面から向き合うことは大切だ。
posted by Takahata at 01:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

生きた教材

挫折したら、そこから再びスタートを切ればいい。そこが終わりではないのだから。挫折の分析をして、二度と同じ過ちを繰り返さないように決意する。足りないものを身につけていく決意をする。挫折を挫折という傷で終わらせないように超回復をさせていく。何の改善も課題もない前進は次なる挫折の種。
そう考えると中途半端な喉もと過ぎれば熱さ忘れるみたいな挫折よりは、大きくて強い痛みを感じる挫折の方が人生を切り拓いていける機会になるような気がする。みんな挫折を恐れて中途半端に逃げたりしてしまう。ダメなら徹底的にダメな方が自省も学びも気づきも多くなる。それに乗り越えた時の強さも…挫折は自分自身を真剣に見つめ直せる最大の生きた教材なのだから。
posted by Takahata at 01:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

何のために

スポーツで大きな声を出せと言われるが、意味もなくただ大声を出せばいいというものではない。適切な指示や確認、仲間の気持ちを盛り立てる励まし…そんな目的を言葉で表現しなくてはならない。グランドが広いから小さな声では聞こえない。大きな声を出すことは目的ではなく、手段である。練習だって練習のための練習になっては意味はない。えてしてただ大声を出していればいいんだというチームは練習のための練習になっていることが多い。何事もそうだが、目的と手段を勘違いしてしまうと意味合いが全く違ってきてしまうものだ。そこの意識を高めていかなくては、なかなか成果には結びついてはいかなくなる。
posted by Takahata at 01:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

やる

やるだけなら誰でもできる。自分の意志を明確に持ってやり続けていくこと。やりたくない時でも弱気な自分に打ち克ってやり続けていくこと。ただ言われたからやるのではなく、自分でやることの目的や意味をしっかり理解してやること。言われたことだけをやるのではなく、プラスαを加えたり修正を加えて自分独自のやるに昇華させていくこと。やるという行為を単に単発の行為で終わらせるのではなく、どれだけの付加価値を持たせていけるのか。どれだけ意味のあるやると積み上げて継続していけるのか。そしてやるということを日々進化させていけるのか。日々の小さなやるという行為の積み重ねがが未来に大きな花を咲かせられるように。
posted by Takahata at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

正当に

できなかった自分を責めるのではなく、挑戦した自分を認めてあげよう。少しでもできるようになったら、まだまだと否定するのではなく、少しでも進化した自分を誉めてあげよう。挑戦でき、少しずつでもできるように進化してる自分だからこそ、まだまだいくらでも進化できると希望を持とう。その希望が未来のさらなる高みに進化した自分自身を作り上げていく。自分を甘やかすこととは違う。妥協とも違う。ここを混同したり勘違いしてはいけない。逃げなかった自分と少しずつでもできるようにしていける自分を正当に評価していけばいい。
posted by Takahata at 00:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

ただそれだけ

道なき道を切り拓く時に、果たして自分は行き倒れてしまうのではないか?と不安になることもあるだろう。道なき道を進む時に、本当にこの道は正しい道なのだろうか?と迷うこともあるだろう。道なき道を進む時に傷だらけになり、その痛みに引き返したくなることもあるだろう。道なき道を一歩一歩進みながら、どこまで進めばゴールはあるのだろう?と途方に暮れてふと立ち止まってしまうこともあるだろう。でも、信じることができるのは全て自分自身。自分の切り拓こうとする未来を信じ、自分の進む道を信じ、最後までやりきれる自分を信じて一歩一歩を踏み出していく。ただそれだけ。
posted by Takahata at 01:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

やるかやらないか

できないことは時間をかけて少しずつでもできるようにしていけばいい。できなくても、失敗を恐れず思い切りやってみればいい。一番悪いのはできないと最初から投げ出してやろうともしないこと。やりたくないという乗らない気持ちに簡単に負けてしまうこと。できないことに取り組むというのは、最初はストレスを受けることだろう。思うようにできないことに苛立ちや悔しさを感じることだろう。それでも、やるかやらないかには大きな差が生まれてくる。やる気がしないとやらないではその先に雲泥の差が広がっていく。やれば、人間はどんなことであれ少しずつでも慣れていき、少しずつでもできるようにはなっていくものだ。できなくて失敗しようが、それは恐るべきものでもなければ恥じるべきものでもない。誰だってできるものもあれば、できないものがあるのだから。全て何でもできる人なんて一人もいない。だから、全力でやってみたらいい。そのうち、ふと気づくと案外できるようになっているな、と実感できる日は必ず来る。要はシンプルにやるかやらないか。
posted by Takahata at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

禍転じて

ミスが結果的にチャンスに変わる瞬間がある。自分のミスに相手が乗ってしまい相手が今度はミスをしてしまうような場合。ここで大切なのは自分がミスした瞬間に諦めないこと。ゲームが動いている間は何が起きるか分からない。諦めないで何とかしよう!という気持ちのある選手が禍転じて福となるようなプレーを生み出せる。あー…やっちゃった…と瞬間的に諦めて時間がミスしたまま止まってしまうのか、まて、まて、これをチャンスに切り替えてやろう!とゲームが動く中で考えられるのかでは、大きく違ってくる。とにかくゲームが切れるまでは自分の中で勝手に時間を止めて終わらせてはいけない。
posted by Takahata at 00:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

流れを…

試合で空気や流れを読めないのは試合を作る上で苦しい。やはり目に見えないものを感じ取らなくてはいけない。そうやって読むだけでなく、空気や流れを自分で作り出していけるといい。さらには空気や流れを支配していけるように。そのためには目の前のプレーで手一杯になるのではなく余裕が求められる。だからこそ技術レベルを上げていく必要がある。感じ取りコントロールしていく余裕。相手に傾きかけた流れを断ち切り、自分の流れに変えていき、さらにはその流れを逃がさないように掴まえておく。これをできるようになると試合を作りやすくなっていく。
posted by Takahata at 00:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

未来に繋がる今へ

将来に悔し涙を流すくらいなら、今誰よりも汗を流そう!将来に悔しくてうなだれるくらいなら、今辛くても立ち向かおう!将来に悔しくて愚痴をこぼすくらいなら、今前向きな言葉で自分を励まそう!未来を変えるのはまさしく今の積み重ね。今やれることに全力を尽くそう!僕は昔、途方もないくらい悔しい思いをしたことがある。悔しさを感じているその時間に、それまでの自分を恨んだ…何故こんな思いをする前にやるべきことをやれる今を指をくわえて漠然とやり過ごしてきたのかと…やりもしないで何かを手にすることなんてできない。だからこそ、その教訓のもと今自分のやれることのベストを未来に向けて積み重ねていきたいと強く思っている。
posted by Takahata at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

練習を

やらされる練習ではなく自らがやる練習をしよう。やって満足の練習ではなく意味のある練習をしよう。量を競う練習ではなく質を探求する練習をしよう。周りの目を気にする練習ではなく、しっかりと自分の心身に意識を集中させた練習をしよう。全ては練習は消化するためにあるのではなく上達するためにあるのだから。練習はノルマではない。上達したいから、自分自身を成長させていきたいからやるもの。練習を楽しく意味あるものにするためには、自主性や考える力が求められる。自分が求めるものを追い続ける探求心。練習は毎日のことだから余計に大切に過ごしていかなくてはならない。
posted by Takahata at 00:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

不安と向き合う

不安を漠然と不安に感じていても不安はより大きくなる。得体の知れないままではいけない。不安の原因を自分の中で探し出し向き合わなければいけない。不安から目をそらして誤魔化そうとしても不安は追いかけてくる。原因を解決する手段を見つけ出してその準備をしっかりとすること。不安は今の自分に必要なことを警告してくれている。幽霊は正体が分からないからこそ、怖かったり不安に感じるのだろうが、仮に幽霊の正体が解き明かされてしまえば何だそんなもんかって感じになるかもしれない。漠然さや曖昧さが大切なこともあるが、不安に対しては根幹から解き明かしていかなくてはならないように感じる。不安の原因に蓋をしてるから余計に不安に感じてしまっていることもあるはずだ。
posted by Takahata at 00:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

過去の再生

時間というのは不思議なものだ。あれだけ苦しかったり辛かったりした過去も思い出に変わり、いつの日にか笑って話せる時が来る。失敗や挫折も生かされて今を生きる知恵に変わる。時間は過去を熟成してくれる。どのような熟成をするかは自分の生き方次第なのかもしれない。日々を後ろ向きにネガティブに生きていくのか、前向きにポジティブに生きていくのか。過去を否定して生きていくのか、過去を受け止めた上で過去を教材にして生きていくのか。過去の涙を未来の笑顔に繋げるために今を全力で生きていきたいものだ。未来を作ることは過去の再生でもあるのかもしれない。
posted by Takahata at 00:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

未来

未来は今の自分の選択と自分の一歩一歩が作り出していく。未来で大きな後悔するくらいなら、苦しくても今の自分が攻めの選択と覚悟を決めた一歩を踏み出す方がいい。未来に夢を描くならなおさら。夢なんてただ口にしているだけでは妄想。その道へまっしぐらに進んでいかなくては実現なんてしない。選択を誤れば夢とは別方向に向かってしまう。フラフラしていれば道は自分から見失っていってしまう。選択を正しくしても覚悟なく歩み始めれば途中で苦難に負けて脱落していってしまう。そうなると夢へと続く自分の道を自らが断ち切ってしまうことになる。未来は自分以外には作ることはできないのだから。
posted by Takahata at 00:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

上達への足取り

何事も一気に上達はしない。ゆっくり少しずつ。一進一退を繰り返しながら自分の力になっていく。少し上達して油断してはいけない。なかなか上達しないことにイライラしてはいけない。自分の信じる上達への道を迷わずに一歩一歩。そうやって身につけた上達は揺るぎないものになる。腹を決めて地道に練習を繰り返していく。たゆまぬ足取りで一歩一歩。上達に簡単な道のりはない。簡単に身につけたことなんかは簡単に崩れ失ってしまう。小さなことの積み重ね、小さい進歩の積み重ね…それができてこそ本物の上達へと辿り着いていける。
posted by Takahata at 00:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

真の前向きさ

前を向いて進んでいくためには、過去と真剣に向き合わなければいけない。それが辛い過去ならなおさらのこと。過去に目を背けているだけでは何も解決はしない。過去に立ち向かい、過去を今乗り越えていくことで、本当の意味で前を向いて進んでいける。自分自身だけは誤魔化せない。だからこそ一つ一つ乗り越えていきたいものだ。一つの過去を乗り越えていくというのは生半可なものではない。しかし乗り越えられないものでもない。過去の亡霊達を断ち切れるのは自分自身。本当の強さとはそのようにして身につけていくものだろう。
posted by Takahata at 01:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

時に後ろを

前向きに生きることは大切だが、時に先ばかりを見るのではなく、後ろを振り返って見ることもいい。できないことをどれだけたくさんできるようにしてきたか。君はできない人間なんかじゃない。多くのことを可能にしてきた道のりを時に振り返ってみよう。できない自分に自信を失うのは先ばかり見て急ぎ過ぎるからかもしれない。先にはまだまだできないことばかりが待ち構えている。そこばかりを見て自分はできないからダメだなんて否定していたら、どこまで進もうが自分自身を肯定して認めてあげることなんてできない。もちろん、できたことだけ見て自己満足で終わるのは論外。これだけ多くのことをできるようにしてきた自分だから、先のできないこともできるようにしていけると考えていきたい。
posted by Takahata at 03:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

挑戦

新たな挑戦は、また新たな自分を作り上げてくれる。今のままでいいなら、今の自分のままでいいなら、何も挑戦なんてする必要はない。まだ見ぬ進化した自分に自分自身が出会いたいから挑戦を続ける。自分が自分自身を育てていく楽しみ。挑戦がある限り自分は今の自分に止まることはない。何かに果敢に挑むことで人は前進していける。挑戦には失敗も伴うだろう。それでも挑戦した自分の生き方は自分の中に残っていく。そんな自分は新たに次なる挑戦をしていけるだろうから。生きている限りその挑戦をやめなければ、人は死を迎える直前まで進化をし続けていけるのではないかと感じている。
posted by Takahata at 01:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

胸を張って

一つの学校では成り立たない合同チーム。本当は単独の自分達のチームでやりたいんだろうと思う。だけど、自分の好きな競技を選んで全力でやっている姿は心を打つ。だから、胸を張ってプレーしてほしい。これが自分のチームなんだって誇りを持ってほしい。同じ競技が好きな仲間が集まってるんだから。周囲からは寄せ集めなんて言われる。バラバラだから勝てないよなんて言われる。何か見ていて可哀想なんて言われる。でも!周りが何て言おうが関係ない。自分がその学校でその部活を選んだことを後悔しても仕方ない。どんな形であれ、今この瞬間に自分が好きなことをやれていて、学校は違えど好きなことが同じ仲間と共にやれているんだから。周りがどうこうじゃない。自分の中で誇りを持って胸を張ってプレーして、仲間を大切にしていってもらいたい。
posted by Takahata at 00:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

取り組む

取り組む姿勢、取り組む考え方、取り組む気持ち、取り組む方法、取り組む前の準備、など練習に取り組むと一言で言っても、実に多くの取り組むがある。自分自身の取り組みを見つめ直してみると、気づきもたくさんある。取り組むは部活をやっていれば誰でもやっている。取り組み方で差がついていく。自分はやるべきことはやっていると言う選手は多い。部活をやっているなら、やるべきことをやるというのは最低限度のこと。そのやる、つまり取り組み方の質をどれだけ向上させていけるかで差はどんどん開いていくだろう。常に自分自身を見つめ直しながら、どこまで最高の質のやっている!を積み上げていけるのか。取り組み方のどれが欠けていても成果を上げていくことはできない。やって満足なのか、更なる高みを求めてやるを探求し続けていくのか。やはりそこには大きな差がついていくことだろう。
posted by Takahata at 00:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

変化を

小さな変化に気づけるのか?誰でも大きな変化には気づける。しかし…大きな変化の前には小さな変化が続く。より早い段階で気づける方が、良い変化には自信を持って進んでいけるし、悪い変化にはいち早く改善の道を模索していける。漠然としていると、やり過ごしてしまう小さな変化を敏感に感じてみよう。そしてただ感じるのではなく、気づいた変化を考え抜くこと。変化は要は変化でしかない。変化が意味するものは何かをしっかりと考えていけなければ変化が単なる変化として自分の中で流されていってしまう。こんな勿体ないことはない。変化は一つの道しるべなのだから。変化の意味するところをしっかりと考えて読み解いていかなくてはならない。
posted by Takahata at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする