2017年10月08日

道筋

今更ながら、インド式算数というものに触れてみた。自分達が教わった計算とはまるで違う方法。でも出てくる答えは同じ。問題が目の前にあり、問題を解決しようとする時に、その解決方法も一つではない。自分が今までこうやってきたから、その方法で解決するというのも一つだが、今までとは違う方法があるのではないか?と探し求めていくのも楽しいし、可能性が広がるなと感じる。これしかない、ではなく他にもある、とどれだけ頭の中を柔軟にしていけるのか。問題の解決の道筋の立て方。これはスポーツだろうが、仕事だろうが、勉強だろうが何でも共通する大切なポイントになる。頑固に自分はこうやってきたから、これからも意地でもこうやっていく!と融通きかなくやっていくのか。何だ!こんなに簡単にやっていく方法もあるのか!と柔軟に自分の中に効率よく取り入れていけるのか。問題解決の幅が大きく違ってくるように感じる。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする