2018年01月15日

様々な可能性を

ある一つの競技をやっているだけでは気づかない、見落としてしまう個々の隠れた能力がある。オフ期間は様々なことをやらせてみる。そこで新たな能力を発掘する。その能力を個々に還元して、その競技に結びつけていく。マイナスの部分の強化と併せて隠れたプラスの発見をするとモチベーションは上がる。さすがに苦手な克服ばかりだとオフ期間は辛くなるだろう。好き嫌いと向き不向きとは違うような気がする。さらには合う合わないは違うように思う。好き嫌いは感情、向き不向きは性格、合う合わないは感性のような気がする。本人が好きで、本人に向いて、本人に合うことというのはある意味で奇跡的なのかもしれないような気がする。違う競技をしてみることで今まで上記のフィルターがかかってやりもしなかったことの中に新たな能力が隠されているということはあるものだ。自分の可能性を大きく切り拓いていけるのもオフ期間なのかもしれない。嫌いだから、向いてないから、合わないから、と逃げてばかりいると可能性の芽を摘んでしまっているのかもしれない。
posted by Takahata at 00:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする