2018年02月02日

思いやりのズレ

思いやりと一言でいうのは簡単。誰もが自分基準の思いやりを持つ。お互いがお互いを大切に思いやる。でもその基準が自分と相手の中で少しでもズレてしまうと、思いやりは時に相手にとってお節介になったり負担になったりする。思いやりを持つことはとても大切だが、同時にとても難しいことでもある。相手の立場に立って考えることが思いやりの第一歩であることは間違いない。しかし、お互いがお互いの立場に立って考えてしまうと、お互いが譲り合いのような形になってしまうことがある。自分のために相手に迷惑をかけられないとお互いが思いやれば少しずつズレが生じていってしまう。世の中にはお互いが良かれと思って行う思いやりが裏目裏目に出てしまうことがあったりする。お互いが思いやりの心を強く持てているが故のすれ違い。これはお互いの単なる我が儘のぶつかり合いよりも厄介なものだ。だからこそ、余計に思いやりというものを今一度しっかりと考えていかなくてはならないのだろうと思う。
posted by Takahata at 00:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする