2018年04月25日

与える

何を失ったかを考えるより何を得たかを考える方がいい。でも、自分が誰かに何を与えられたかを考えていきたい。与えることは失うことではない。自分が与えたことは誰かの心の中に生き続けていく。それは同時に誰かとの喜びや感動の共有という形で誰かから自分に与えられる。与えることは同時に与えられている。損得勘定ばかりにとらわれてしまうと、人から得ることばかりになってしまう。敢えて自分が心を開いて与えていくようにしていきたいと思っている。それは人生を豊かにしてくれるから。それは自分という存在の意義が強く感じられるから。
posted by Takahata at 00:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする