2018年04月30日

宇宙一

選手はどうしても井の中の蛙になりがち。狭い世界で自分自身を評価してしまう。世界は広いし、上には上がいるものだ。自分自身を狭い基準、低い基準に当てはめた時から、選手としての自己満足が始まり、実力もそこ止まりになってしまう。狭い井戸の中で活躍すれば安心かもしれないが、進化はない。どこまでも、どこまでも、高みを目指すこと!どこまでも、どこまでも、視野を広げていくこと!選手として、これを失った瞬間から選手としての向上心を保てなくなる。好きなことをやってるんだから、とことんまでその道を極めてみてはどうだろう。井戸の一番じゃなくて、宇宙の一番。そこに届くか届かないかの問題ではない。そこまで自分自身を進化させていくんだ!という気持ちを持とうということ。
posted by Takahata at 00:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする