2018年05月07日

アップの重要性

ウォーミングアップをいい加減にダラダラやってしまうと、そのダラダラした動きに合わせて気持ちもダラけてしまう。身体も技術練習になってもダラダラ感が続く。しっかりと意識してキビキビとやりたい。アップと練習を切り分けるのではなく、アップから練習は始まっているという明確な自覚を持ちたい。もしかするとウォーミングアップという言葉のニュアンスが何となく緩さを喚起してしまうのかもしれない。これはスポーツに限らず、仕事でも何でもそうだがウォーミングアップはとても重要な意味を持つ。下手なアップをして大事な場面で心身共にダラけて乗り切れなければマイナスにしかならないのだから。
posted by Takahata at 00:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする