2018年08月22日

一つ一つ

慌てて何もかにも一気に身につけようとしても、何も身につかない。その中で優先順位をつけて、一つ一つ身につけていくこと。最初は一つのことを身につけるのに時間がかかるが、一つ身につく度に次の一つを身につける時間が短くなる。それは物事を身につけるという行動のコツが分かってくるから。急がば回れではないが、急いでいるからこその一歩一歩の積み重ねが大切になると思う。中途半端な何もかもより、確実に身についた一つの方が確実に武器にもなっていく。
posted by Takahata at 00:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

積み重ね

5時間睡眠と8時間睡眠とでは、仮に75歳まで生きたとしたら、起きている時間が14年間も違ってくるという事実に驚かされる。1日でみたら僅かな時間の差も積み重なると大きさを実感する…睡眠に限らず、ちょっとした時間の積み重ねは大きな事を成すには充分過ぎる時間になる。たかだか、ほんの僅かな時間と漠然とやり過ごしている時間の中の少しの時間でも意図して地道に積み重ねていけばそれはかなり意味のある大きな時間になっていく。1日の単位では大差のない時間でも積み重なった時の大差には唖然とさせられる。コツコツやることの意味はここにある。1日の内のほんの数時間、あるいは数分でも毎日欠かさずに積み上げていける根気を持てているかどうか。それは先々で大きく違っていくものだろう。
posted by Takahata at 00:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

強い組織論

偏らずに公平にチャンスを与える。そのチャンスを逃しても、はい!終わり!ではなく、しばらくしてまたチャンスを与える。それにより、チームは変な嫉妬や確執なく良い意味で仲良く競い合える。フォアザチームを意識できる。チャンスは個々の状態を見ながら絶妙なタイミングで与える。競争がなければ組織は停滞して淀んでいってしまう。しかし、変な競争やえこひいきは組織を歪ませ、個々の精神も歪ませていってしまう。健全な競争と、一回の競争の結果だけで判断して烙印を押さないこと。全員に平等にチャンスを与えることで生まれる全員で戦っている強い意識付け。個々の旬を見て一番良いタイミングでチャンスを与えていく。組織をじわりじわりと強化して強固なものにしていく。個を窒息させることなく、組織をどんどん活性化させていく。個を生き生きさせて、組織を明るくしていく。そんな組織だと個々はモチベーションを保ちやりがいを感じながら働いていける。
posted by Takahata at 00:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

時代の指導者

指導者の厳しさとは、選手を伸ばすためのもので選手を潰すものであってはいけない。指導とは自分のエゴの押しつけで選手を追い詰めることではない。指導の根本は単なる経験則だけではなく、しっかりとした理論の構築が成されていなくてはいけない。指導者は選手を選べるが逆はできないのだから。やはり選手以上に指導者の資質は問われなければいけないと感じる。自分の言った通りにしなければ試合では使わないと言われれば選手はそれに従うしかない。やはり選手は言われたことに真から納得がいかなければ本気では取り組んでいけないだろう。そのためには選手にしっかりと説明して理解をさせていく理論も確立させていかなくてはならなくなる。昔はこうだったんだ、こうやってたんだ、だから余計な口を聞かずに言われた通りにやればいいんだ、では通用しない時代に来ている。指導者としての立ち位置をしっかりと自覚していかなくてはならない時代にある。誰よりも指導者自身が学び続けていかなくてはならない時代に。
posted by Takahata at 00:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

悔しさを糧に

悔しさがそのまま心を腐らせていってしまうのか、悔しさを糧にしてエネルギーに変えていけるのか。悔しさを経験して弱くなるのか強くなるのか。勝負をしていれば悔しさの連続。心の在り方一つで、悔しさはプラスにもマイナスにもなる。悔しさは成長するために活かしていきたいものだ。勝負して負ければ誰だって悔しい。それでいじけて腐っていけば、その先には何も生まれてはこない。前向きな気持ちを持つとはそういうこと。誰だって調子のいい時には前向きなのは当たり前。しかし心を揺さぶられるような悔しさの中でどれだけ前向きに捉えていけるのか。前向きに考え悔しさを糧にできた者だけがリベンジを許される。悔しさをバネにして一回りも二回りも大きな人間になっていきたいものだ。悔しさを悔しいままで終わらせない前向きさを常に忘れずに持っていたいものだ。負けっぱなしじゃ何一つ始まらない。その先を突き抜けていかなくてはならない。その時に初めて悔しさに感謝もできる。
posted by Takahata at 00:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

分からないから面白い

何が起こるか分からない。だからこそ人生もスポーツも面白い。全てが分かっていたら安心はあっても面白くはないだろう…分からないことを不安に感じ始めると、考えても分からない近未来のことで頭が一杯になる。大切なのは分からない未来を面白がり、与えられた今をいかに全力で生きれるか。人生もスポーツも最初から全ての筋書、結果が決められていて、それを自分が知っていたらどうだろうか…不安はないかもしれないが、そこには何の楽しみも面白さもないのではないだろうか。分からないから面白い。だから人は分からないことに立ち向かっていけるし、生きている今を未来に結びつけるために全力で生きていけるのではないだろうか。
posted by Takahata at 00:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

意味ある練習を

できないことを少しでもできるようにするために練習はするものであって、やったことに満足をするためのものではない。漠然とした意識での練習では、漠然とした結果にしかならない。目的意識をしっかり持って取り組んでいきたい。その一歩として正確に自分自身の実力の分析把握が必要になる。何となく自分はこれくらいの実力かな?くらいの曖昧な実力の判断では、練習でもどこにポイントを置いて取り組めばいいのかが見えてはこないだろう。具体的に道筋の見えてこない練習を繰り返しても、それでは練習のための練習で終わってしまうだろう。やはり練習をするからには上達していくための練習をしていきたいものだ。誰にでも限られた時間しか与えられていないのだから。有効な時間にしていかなくてはならないだろう。
posted by Takahata at 00:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

根拠ある自信を

根拠のない自信も大切だが、その自信を裏付けていく根拠のある自信はもっと大切。自分はやれる!から自分は何故?やれるのか?の根拠を明確に持てるようにどこかで自信のモデルチェンジをしていかなくてはいけない。根拠のない自信が崩れる前に、根拠を構築していくこと。根拠のない自信が崩れ去ってしまうと、なかなか根拠ある自信も積み上げていきづらくなる。根拠のない自信は量でも補っていけるが、根拠ある自信は質でしか積み上げていけない。漠然としたものの積み重ねでは根拠は持てない。根拠は頭に汗して考え抜いていかなくては手にすることはできない。何故?何故?の探求する姿勢こそが根拠をより明確にさせていってくれる。何となくやれる気がするという漠然とした自信では、何となくできない気がするという大きな不安を抱える日も近いだろう。何故自分はやれるのかという明確な自信を身につけていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

失敗に挑む

誰だって勝ちたい、誰だって勝ちに行く。しかし、いつも勝てる訳ではない。大切なのは負け方であり、負けの受け止め方。負けを勝ちに繋げていける前向きさ。うなだれていては、次の一歩を踏み出せない。負けから目を背けたり逃げてはいけない。真正面から向き合う。負けは人生の負けではないのだから。失敗や負けを単に悔しいで終わらせるのか、それを前向きに自分の進化の糧や教材にしていけるのか。この差は大きい。打ちひしがれていても時間ばかりが過ぎていく。時間が過ぎればそれはもはや教材にはならない。単にマイナスの印象が強く残るだけになってしまう。それは前に進めるどころか、その印象にいつまでも引きずられてしまい後ろ向きになってしまいかねない。人生なんて負けや失敗の方が多いんだから。後ろ向きになっていたら人生は本当に勿体ないと思う。最高の教材にしてやるぞ!!くらいの気持ちで挑んでいきたいものだ。負けや失敗を胸を張って受け止めていけばいいと思う。
posted by Takahata at 00:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

誇り

見栄や賛美な評価とか関係なく、自分自身、そして自分のやっていること自体に誇りを持てる生き方をできると幸せなことだろう。自分に誇りを持ちながら、他人に対しても優しさや思いやりや尊厳を持てる生き方。自分に誇りを持てるためには、自分が自分に負けない生き方をしといかなくてはならない。いくら外面を見せかけて周りから賛辞を受けようが、自分が自分を認められなければ本当の誇りは持てないような気がする。自分の見栄や外聞を満たすために他人を利用したり、排除したり、犠牲にしたりして平気な顔をして生きていても、それは心の幸せはないような気がする。自分の苦しみを真っ直ぐに乗り越えて、その乗り越えた強さを他人への思いやりや優しさにして生きていきたいと感じる。
posted by Takahata at 01:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

人が人を

人の厳しさが人を鍛えあげ、人の優しさが人を育てあげる。その根底にあるのは人を大切にしたいという深い愛情。人の本気が人の厳しさを育み、人の思いやりが人の優しさを育む。時代が人を育て、文化が人を作るような側面はあるが、それでも人が人を育て作り上げていくという根底は揺るがない。人と人との関わり合いが希薄になりつつある昨今にあっても、やはりこの人と人との基本を失ってはいけないと切に感じる。時代や文化は進化しても、人間としての退化や人間としての資質の喪失はあってはならないと思う。人は人で育て作り磨かれていく。時代や文化が主体ではなく、あくまでも主体は人間でなくてはならない。そうしなければ、やはり人間の心は作られてはいかないと思う。人と人とが本気で向き合い関わっていくことでしか人は成長はしていけないのではないかと改めて考えさせられる昨今である。
posted by Takahata at 00:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

自らの手で

嫉妬か羨望か。嫉妬は人の足を引っ張ろうとする。羨望はその人に一歩でも近づこうとする。どうせ他人を羨むなら追いつけ追い越せでいきたい。単にひがんでいても何一つ始まらない。自分が汗を流す。相手を引き摺り降ろすのではなく、自分が相手を越えていく。仮にどうしてもかなわないなら、角度を変えてその相手にはない部分をどんどん伸ばして互角に勝負していけるようにしていく。無いものを妬んでも始まらない。有るものを磨いていけばいい。勝負は総合力。例えば誰もが150キロのボールを投げれる訳ではない。であるなら、変化球をとことん磨くとか、球の出所が分からないようなフォームにして球を速く見せるとか…要はバットを打ち取れればいいのだから。150キロの投手に嫉妬していても何も始まらない。自分が工夫し汗して追いつき追い越す。そこにこそ生きる楽しさ、勝負の楽しさがあるように感じる。
posted by Takahata at 00:57| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

負けず嫌いは…

どうせ負けず嫌いなら他人にではなく自分自身に対してがいい。他人に勝ったり負けたりして優越感や劣等感を得るよりも、自分が自分自身に打ち克っていくことで得れる自信を積み上げていく方がいい。いくら他人に勝っても、自分に妥協ばかりしていては本当の強さにはならない。自分自身は誤魔化せない。自分が自分自身を真から信じられることこそ強いものはないだろう。日頃から自分が自分自身を甘やかしていては、いざ!!という時に自分が自分自身を信じていられなくなる。負けず嫌いのベクトルを外ではなく内に向けていこう。自分を一番見ているのは他でもない自分なのだから。他人に勝った負けたなんて上を見ればキリがないし下を見てもキリがない。しかも他人に勝った負けたなんて過ぎてしまえば過去の出来事にしか過ぎなくなる。自分に打ち克ったことは一つ一つが自信の厚みになっていく。それは確実に未来へと繋がっていく自分自身の財産になっているはずだ。
posted by Takahata at 00:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

一つ

たった一つのコツを掴む。一つのキッカケを掴む。この一つが大きく飛躍したり、長年やれる要因になったりする。しかし一つと言ってもその一つを掴むまでには無数の試行錯誤の連続がある。途中で諦めたり投げ出せば、その一つには巡り合えない。その一つには無限の可能性が秘められている。ゼロから一を産み出していく。ゼロはいくら積み上げても、掛け合わせてもゼロだが一はどんどん積み上がり広がりを持っていく。たかが一つと思わずに、懸命に一を追い求めてみればいいと思う。
posted by Takahata at 00:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

監督

監督からの荒治療で発奮する選手もいるし、逆に荒治療によって潰れてしまう選手もいる。落として伸びる選手もいれば、使い続けることで活躍したり伸びる選手もいる。適材適所はもちろんだが、個々の選手の適材適使や適材適育もとても大切な要素になっていくはずだ。同じようには絶対にいかない。また、同じ監督と一言で言っても選手を上手に育てる役割の監督と、選手を上手に使う役割の監督とがいる。適性はやはり違いがある。前者は長期的なスパンで選手を捉えじっくりと時間をかけて育てていかなくてはいけないし、後者は目先の試合に勝つために選手の旬を見極める短期的な視点が必要になる。どちらも選手を最大限に生かしたいという想いは変わらないが、求められるものが違う。監督とは本当に難しい仕事だと感じる。それはスポーツに限らず、あらゆる場所で指導的な立場に立つ人には求められる力でもある。指導的な立場になればなるだけ自らを探求していかなくてはならない難しさがある。
posted by Takahata at 00:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

後悔と納得

結果が思い通りにいかなければ必ず後悔は残るだろう。それはスポーツも人生も同じだろう。しかし後悔はしても納得できる選択や内容にはしていける。とことん考え抜き、検証したものであれば。その意味でも過程に納得できる準備だけは絶対に欠かしたくはない。漠然と臨んだり過程に手を抜けば後悔と共に納得できずに終わることになる。そんな終わり方では、いつまでも結果や後悔ばかりを長く引きずってしまうだろう。それでは次に向けての新たな一歩がなかなか踏み出してはいけなくなる。ここまで充分すぎるくらいに準備をしてきたんだから、しっかり熟考を重ねてきたんだからと自分が自分自身の積み重ねに納得ができなければいけない。それをいつも心に刻んでおかなくては目先の結果にいちいち振り回されてしまうだろう。そんなことのないスポーツや人生にしていきたいものだ。
posted by Takahata at 03:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

素直さとは

木の幹は一本の筋が通っているけど、その幹は根が吸い上げた栄養分によって形成されている。人間も一本筋を通すことは生きていく上で大切なことだが、様々な栄養を素直に耳を傾ける素直さも大切に思う。そうしなければ、やはり自分自身の人間としての筋や豊かさを大きくはしていけないのではないだろうか。素直さと何でも、はい!はい!言うイエスマンとは違う。素直だから他人の影響を受けすぎて自分を見失うというのも違う。素直さとは他人の言葉を素直に受け止めてしっかりと自分の中で咀嚼して栄養にしていけることのような気がする。
posted by Takahata at 02:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

自分自身

戦う前に負けるな!戦ってる途中に負けるな!戦った後に負けるな!途中は相手だが突き詰めれば自分自身、前後は完全に自分自身の中の問題。まだ見えない相手に脅えるな!どんな相手だろうが逃げずに立ち向かえ!敗戦という結果に打ちひしがれるな!究極、弱気という最大の敵は自分の中にいる。その敵に打ち克てるのは他でもない自分自身でしかない。弱気がいつも優勢ではそもそもそこに勝ち目なんてない。弱気な自分を常に凌駕していける自分自身を作り育てていかなくてはいけない。それをできるのも、これまた自分自身。苦しくても辛くても目をそらさずに立ち向かっていこう!一つ一つ!越えていこう!それこそが自分に負けないための一番の近道だろう。自分というのは弱いものでもあり強いものでもある。その比重を日々の中で少しずつでも変化させていけばいい。自分自身を甘やかせた先にあるのは弱気に満ちた自分の姿。自分に厳しく立ち向かった先にあるのは自信溢れる自分の姿。
posted by Takahata at 00:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

一粒魂

一粒魂。茶碗に盛られたたくさんの米粒。その一粒を残すのではなく感謝して食べ切る。もし一粒の米粒しかなければ、何度も噛み締めながら大切に味わうだろう。これは投球やパスなどの一つ一つのプレーに丁寧に感謝して、無駄で無意味なことをしないことにも通じる。一粒、一球、一蹴を大切に。米粒がここに並ぶまでに稲の命、農家の方々がどれだけの手をかけて育ててきたのか…その後も様々な人々のお陰。同じくこの一球、一蹴にかけてきた仲間の想い、仲間が繋いできた過程を真に理解できていれば一球たりとも無駄な無意味なことはできないはずだ。一粒魂。たくさん投げるから、たくさんパスするからとそれぞれの一球一蹴がワンオブゼムになってはいけない。それぞれがオンリーワンなのだと理解していきたいものだ。決してたくさんの中の一つをバカにしてはいけない。大切に大切にしていかなくてはならないものなのだ。一粒まで感謝して大切に食べ切る意識をしっかり持っていたいものだ。
posted by Takahata at 00:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

最後の最後まで

『野球も人生も最後の最後まで諦めなければ奇跡を起こせる!!』を身をもって体験したのが千葉ロッテマリーンズの岩下大輝選手。



岩下選手が3年時の石川県の決勝戦で星稜高校は9回裏に0−8から大逆転甲子園出場を果たしたのだ。



星稜高校は9回表終了時点で0−8と小松大谷高校に大量リードを許したが、岩下大輝選手のレフト場外への2ランなどで追い付き、その後に逆転を果たす。



まさに超奇跡的な逆転サヨナラ劇!!





0−8で迎えた9回裏。決勝でなければ、7回コールドで、すでに試合は終わっているはずの試合。しかし星稜は打者13人で8安打を放ち、9点を奪う猛攻で甲子園の切符を手にしたのだ。



「野球は9回ツーアウトから」なんて言葉はよく聞くが……この点差で本当にこの言葉を信じ切れる選手はどれくらいいるだろうか??




もちろん、こんな超奇跡は信じたからと言っていつも起こり得ることではない。しかし、諦めて信じることを止めてしまえば、0%の可能性も、信じ抜いていけば数%でも可能性を切り拓いていけるということ。
posted by Takahata at 01:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

笑顔でプレー

練習や試合で笑顔の選手達を見ると嬉しくなる。笑顔=ふざけている、たるんでいる、ではないと思う。楽しむ=楽している、ヤル気、本気がない、でもないと思う。好きな競技をするんだから楽しいし、笑顔でいるのも自然な気がする。真剣に楽しみ、真剣にやる中で生まれる笑顔は素晴らしいと感じる。練習中に自分が苦しい時は仲間も苦しい。疲れた苦しい姿を見ると人は余計に苦しくなる。だから、自分が笑顔で大きな声を出し元気な姿を仲間に見せるようにする。それを見た仲間が元気になり、そんな仲間の姿を見た自分ももっと元気になれる。苦しい時こそ、チーム全体で盛り上げていきたい。笑顔は人の心を明るくしてくれる。微笑みは人の心を温かくしてくれる。爆笑は人の心を元気にしてくれる。笑いって心の特効薬だなって思う。人と人との心がたくさんの笑いで繋がるといいのに。でも、作り笑いなんかいらない。素直な心からの笑いでお互いの心が癒されていくのがいい。
posted by Takahata at 00:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

強さ

本当に強いチームというのは底力というか、一発で試合を決めにいける力がある。僅かな相手のミスを絶対に逃さない。流れが相手に傾きそうな時にワンプレーで流れを引き寄せる。いかなる状況でも悲壮感が漂わない。選手がお互いに依存しているのではなく、各個人が自立した上でのチームワーク。



強いチームには数では表せない強さがある。データ重視のスポーツにおいて、さらにデータという数字を深堀した奥の奥まで見出だしていけるのか。目では見えないものをしっかりと手繰り寄せる力。目で見えることなんてほんの一部。見えないものを見る時の裏付けとしてデータがものをいう。データだけに振り回されてしまうと本質のない数字の羅列に逆に惑わされることになるかもしれない。
posted by Takahata at 03:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする