2018年08月16日

意味ある練習を

できないことを少しでもできるようにするために練習はするものであって、やったことに満足をするためのものではない。漠然とした意識での練習では、漠然とした結果にしかならない。目的意識をしっかり持って取り組んでいきたい。その一歩として正確に自分自身の実力の分析把握が必要になる。何となく自分はこれくらいの実力かな?くらいの曖昧な実力の判断では、練習でもどこにポイントを置いて取り組めばいいのかが見えてはこないだろう。具体的に道筋の見えてこない練習を繰り返しても、それでは練習のための練習で終わってしまうだろう。やはり練習をするからには上達していくための練習をしていきたいものだ。誰にでも限られた時間しか与えられていないのだから。有効な時間にしていかなくてはならないだろう。
posted by Takahata at 00:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする