2018年08月19日

時代の指導者

指導者の厳しさとは、選手を伸ばすためのもので選手を潰すものであってはいけない。指導とは自分のエゴの押しつけで選手を追い詰めることではない。指導の根本は単なる経験則だけではなく、しっかりとした理論の構築が成されていなくてはいけない。指導者は選手を選べるが逆はできないのだから。やはり選手以上に指導者の資質は問われなければいけないと感じる。自分の言った通りにしなければ試合では使わないと言われれば選手はそれに従うしかない。やはり選手は言われたことに真から納得がいかなければ本気では取り組んでいけないだろう。そのためには選手にしっかりと説明して理解をさせていく理論も確立させていかなくてはならなくなる。昔はこうだったんだ、こうやってたんだ、だから余計な口を聞かずに言われた通りにやればいいんだ、では通用しない時代に来ている。指導者としての立ち位置をしっかりと自覚していかなくてはならない時代にある。誰よりも指導者自身が学び続けていかなくてはならない時代に。
posted by Takahata at 00:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする