2018年09月04日

より高みを目指して

勝とうが負けようが、自分が持てる力を出し切って戦い抜いたのであれば常に胸を張っていればいい。勝って自惚れる必要なし、負けて落ち込む必要なし。勝とうが負けようが自分ができるのは今よりも更なる高みを目指して精進することのみ。戦い方も今の実力を出し切ることのみ。やるべきことをやるのみ。勝った負けたはその時々の自分の実力の指標であって、この先に実力は落ちるかもしれないし、現状維持かもしれないし、高くなって進化しているかもしれない。それを決めれるのは今の自分の取り組み次第。負けて落ち込んで自信を失って…モチベーションが下がって…なんて暇はない。勝って慢心して油断して…なんて暇もない。他との結果がどうこうではなく自分自身の実力を日々進化させていくことしかないのだから。結果に振り回されてブレるのではなく、高みから心の視点をブラさずに見続けていくこと。そこさえあれば自然に今の自分の進む道は見えてくるはずだから。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする