2018年09月28日

歪み

無理を強行すれば、必ずそこに歪みが生まれる。一部の小さな歪みが生まれてしまうと、全体が歪んでいってしまう。一部だけを見て大したことはないと思っていると、ふと気づくと全体が歪んで手も足も出なくなってしまう。踏ん張ることと無理をすることとは違う。やりたい気持ちと、実際にやれるかどうかも別問題。やれないことを無理してやらせてしまえば、そこから崩れてしまうのは自然の摂理。だからこそ、踏ん張ることができるのか、無理をするのかの境界線の判別が重要になってくる。組織で言えば、一人の歪みはチームという組織全体を歪ませてしまう。だからこそ、絶対に無理はさせてはいけないと強く思う。
posted by Takahata at 00:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする