2018年10月22日

引っ張り上げる

人間誰もがいつも調子がいいということはない。また誰もがいつも調子が悪いということもない。調子の悪さというマイナスのエネルギーは仲間をその渦に引き込んでいきやすい。だからこそ、調子の良い人は必要以上にプラスのエネルギーで仲間を引き上げていく姿勢を示さなくてはいけない。ましてやそもそも影響力のある人間の不調の時のマイナスエネルギーはかなり大きなものがある。そのマイナスの連鎖に引き込まれてしまわないように調子の良い人は必死にプラス方向に引っ張っていかなくてはいけない。その先に調子が良い人も不調になる時がある。その時には今不調で苦しんでいる人が立ち直って、今度は逆に好調のプラスエネルギーでグイグイ引っ張る。組織内でこのように交互に助け合っていかなくては、みんながマイナスに陥り不調の伝染が起こってしまう。プラスに引っ張るのは大変だが、それは好調の誰かが先陣を切ってグイグイいくしかない。元気と明るさで。
posted by Takahata at 00:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

耐える力

耐える力。ギリギリの状況や苦しくて投げ出したいような状態の時でも、耐えてグッと踏ん張り切る力。誰でも余裕がある時にはいろいろなことはしていける。しかし、肉体的にも精神的にも追い込まれた時にでも、諦めず投げ出さず立ち向かっていける力。そのギリギリの状況やそれに伴う苦しみや辛さが一時的なものではなく、長く続こうが耐え続けていける力。何事も一筋縄ではいかない。耐えて耐えて耐えながら、それでも今よりも一歩でもいいから前進していけていればいいんだと感じる。
posted by Takahata at 01:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

もがき、あがく、

もがき苦しむ…それ以上に苦しい時間はないだろう。懸命に浮上しようともがく。何とかしようと懸命にあがく。ギリギリの気持ちの中の戦い。もがき、あがくことを諦めた瞬間に一気に沈んでしまう。でも、あがく中で掴めたものは、その後に突き進む大きな原動力になる。踏ん張って踏ん張り抜く。必死にあがき、もがくがどんどんと裏目に出る。やればやるだけ嫌になる。もう!どうでもいいや!と諦めて投げ出したくなるギリギリの所でグッと堪えながら、さらにあがいていく。藁をも掴む思いで。簡単にはいかない。やればやるだけ難しくなるような気もしていく。それでも、あがきもがくことを止めなかった人だけが掴み取れるものが必ずある。苦しみ抜いた者にしか辿り着き見ることができない世界が必ずある。それは諦めずにやり抜いた者にしか与えられない最高の勲章。耐えて耐えてとことんまで耐え抜いてみることも時にはとても大切なこと。中途半端ではなく、徹底的に本気であがきもがけば、必ず本当の答えが見つかるものだ。
posted by Takahata at 00:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

予習と復習

練習は勉強と同じで予習、復習が大切。練習時間だけが練習ではない。プラン、ドゥー、シーを丁寧に繰り返していく中で初めて練習効率は高くなる。課題も反省もない練習は…それは練習に行ったに過ぎない。限られた練習時間を最大に活かしていかなくては、なかなか上達には結びつかない。勉強だって同じだろう。余程の天才でもない限り、机に毎日座っていて成績が上がる人はいない。スポーツであれ、勉強であれ、仕事であれ、上達をグングンしていく人は人知れず地道に準備を積み重ねている。それは特別なことではなく普通に日常的に。当たり前のことを当たり前にしていくことが何よりも上達への一番の近道だ。予習、復習は頭を使って考えること。考えて物事に取り組まなければそれは単なる行き当たりバッタリになってしまうだろう。丁寧に丁寧に磨きをかけていくことの大切さを痛感する。
posted by Takahata at 01:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

数字の解釈

数字では表れないプレーもあるし、数字以上に大きな意味を持つプレーもある。確かに数字は客観的な尺度ではあるが、数字に隠された意味をどこまで理解していけるのか。一つのプレーが試合を決定づけるものもある。数字も大切だが、数字の分析ができなければ、重要な意味が数字の中に埋没してしまう。杓子定規に出てきた数字だけでは本当の意味での貢献度は図り切れない。これはスポーツに限らず何事にも言える。数字に至るまでの過程、数字となって表れた結果がもたらした様々な影響を総合的に判断して数字を解釈していけなければ、数字に大切なたくさんのことを掻き消されていってしまうだろう。数字には表れないし、数字が残らないからこその貢献というものもある。漠然と数字を眺めているだけでは決して見えてこない意味がたくさんある。数字を残すことも大切ではあるが、貢献度はもっと大切。数字ばかりの重視になると、誰もが自分が自分のための数字しか残そうとしなくなってしまう…
posted by Takahata at 00:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

自分自身

僕がこの仕事を始めた25年くらい前はメンタルなんて概念も世の中に認識されていなかった。そんな中で、誰かが自分のやりたい世界を作ってくれるのではない。であるなら、自分が自分のやりたい世界を作り出していこうということだった。誰かが変えてくれるのではなく、自分が変えていくんだ!!という気概だったように思う。自分の人生を面白くしていけるのは自分。人に社会に依存していても、自分の人生は何一つ変わらないということだったような気がする。

もう一つは、僕は仕事を当然、真剣に取り組んでいるが、常に遊び心を大切にしている。大人が真剣に遊べば、それが仕事になると。遊び心があるからこそ、発想やアイデアも自由自在に湧き上がってくる。遊び心があるから、仕事にも全力で楽しみながら没頭していける。遊び心は場所を問わないし、世間の常識の枠を自由自在に飛び越えていける。
posted by Takahata at 01:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

輝きながら

スポーツの場面で輝きを放つ選手がいる。持っている技術もさることながら、誰よりもその競技を愛し、チームを愛する。試合での一瞬一瞬を慈しむように真剣に全力で楽しむ。ここが自分が生きている証であるかのように。技術を超えるものがあることを自分が自分自身に証明するかのように。輝きを増す。勝ったから輝く、上手だから輝くというのではなく、もっと本質的な部分からの沸き上がるような輝き。そんな選手でありチームでありたい。そんな輝きの中で誰かの心に何かを伝えられていけたらいい。
posted by Takahata at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

熱感

何かをやろうとする時に、僕は熱感を大事に考えている。今からやろうとしていることに対して、一度損得などを一切頭の中から取り払って、自分の中でどれだけ情熱を燃やして取り組んでいけるのかを、心の中でじっくりと感じて味わってみる。もちろん、仕事だから情熱だけで動けるものではないのだが。しかし、仕事だからと言って自分の中で情熱を全く感じられないのに受けるというのは、相手に失礼にな気がする。だからこそ、受けたからには本気で情熱を傾けてしまう。意識して傾けようというのではなく、自然に傾けてしまっているという感じだ。熱感は自然に人を突き動かしていくもののような気がする。相手と自分とでその熱感が呼応して、それがさらなる熱感が生まれ、お互いが情熱を傾けて本気で取り組んでいければ、結果として良い仕事になっているものだ。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

打たれ強さ

勝ち抜く粘り強さも大事だが、負けて立ち直る強さはもっと大事。勝負は勝ったり負けたりの繰り返し…その中で負けて立ち直れなければ負けが続いてしまう。打たれ強さ。踏まれても踏まれても葉を伸ばして花を咲かせる雑草のような強さ。負けてなお、なにくそ!と更なる高みを目指せる強さ。そもそも、勝負事というのは互角の実力を持った者同士であれば大きな連敗や連勝なんてないものだ。基本は勝ったり負けたりの繰り返し…負けて凹んで次も負けてさらに凹んで…を繰り返していては勝負にはならなくなる。負けてなお、自分自身の中に揺るぎない自信を持って立ち向かっていける強さは本当に大切だなと感じる。負けても負けても次には胸を張って立ち向かっていける強さ。そんな強さを心の根幹に作り上げていく。負けたから終わりでもなければ、勝っても終わりではない。生きている限りは勝負の連続なのだから。
posted by Takahata at 00:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

自分力

成功も失敗も、今の自分が身一つで生み出すもの。だから楽しくもあり、苦しくもある。でも、それ以上に自由なもの。全ては自分の身一つで受け止めていけばいい。誰にも干渉を受けない変わりに、誰にも頼ることはできない。だから自由でありながら怖さもある。道がなければ、棘の道を自分の身を傷つけながらも切り拓き、突き進んでいかなくてはいけない。進みたい方向に自由に進めるが、激しい痛みに耐え抜いていかなくてはならない。自分にのしかかる大きな決断と責任を誰かに背負わせることはできない。だからこそ背負うべき重さを背負い切る覚悟が求められる。でも…だからこそそれはこの上もなく自分の中を充実感を充たしてくれるものでもある。
posted by Takahata at 00:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

山登り

競技で高みを目指すのは山登りと同じで苦しさも伴うことだろう。山もそうだが、小さな山、中くらいの山…今の自分のレベルに合った山を段階的に登り切っていく。これは個人スポーツでも集団スポーツでも同じ。個は個。まさに単独登頂。登り切った先に見える景色とさらなる挑戦を求めて。いきなりエベレストには登れない。そこに至るどんな山だって誰かと手に手を取って登れない。それはその人にとっての山だから。競技で頂点に立つというのは真の意味では孤独で苦しみを乗り越えていくということ。誰が助けてくれる訳でもなく、自分が自分自身に鞭打ちながら登り切らなくてはならない山。
posted by Takahata at 04:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

運を

運がいいとか悪いとかという話がよくある。例えばなしだが、毎日散歩しながら、周りをよく観察しながら歩いている人は道に落ちていた一万円を見つけられる。でも、家の中でいつもグダグダしている人はチャンスすらない。仮に毎日歩いていても、周りも見ずにボケーとしている人はチャンスには近いが、チャンスを手にすることはできないだろう。運がいいと言われる人は、運を手にする行動と意識とを持っているのだろうと感じる。つまり漠然と行動していると、チャンスにも巡り合えないのかもしれない。漠然とした意識ではチャンスにも気づかないのかもしれない。行動と意識とを持てる人がチャンスを手にするのを、ただボケーとして、あの人は運がいいんだなぁ〜なんて羨んでいるようでは、なかなかチャンスに巡り合うこともないような気がする。羨むくらいなら、何らかの行動を開始して、より高い意識で生活していく方がはるかにプラスに作用すると思う。
posted by Takahata at 00:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

肯定と否定

多くの人は自由を求めるが、全くの自由を手にすると人はどうしていいのか途方に暮れる。規制があるからこそ自由を自覚できるし自由を求めていける。規制は不便を生むが、全くの自由も何でもあり過ぎて不便を生み、だんだんあれだけ嫌っていた規制を求め始める。人間とは何とも面白い生き物だ。これは比較ではなく対比。人間は対比がなければ実感を持てない生き物なのかもしれない。悪の規定があるからこそ善を自覚できる。全てはこの両極端の中での自分に適したバランスの中で生きていくのかもしれない。そう考えると否定しているものがなければ、何かを肯定していくこともできないということになる。実はその時点で人間は無意識のうちに否定していることを肯定してしまっているのかもしれない。つまり両方があるからこそ片側を初めて実感できる。こう考えること自体が実に不思議な感覚がある。やはり世の中は不思議なものだ。その不思議さに気づくと世の中の全てのことに感謝の気持ちが湧いてきたりする。
posted by Takahata at 00:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

ベストって?

目の前に表れる結果と、ベストを尽くしていることは必ずしもイコールではない。例えば、ランニングをさせているとする。速く走ることができている人はベストを尽くしていて、遅い人は逆にベストを尽くしていないという評価を受けがちだ。しかし、心拍数を調べてみたら、もしかすると遅い人の方が本人なりのベストを尽くしているということもあると分かるかもしれない。速い人、遅い人と分けてベストを尽くしている、いないと簡単に判断を下すのは危険だ。速い人の中にもベストを尽くしている人もいれば、手抜きをしている人もいる。遅い人の中にもその両方がいるということだ。ベストを尽くしているのに遅い人に、悪い評価を与えてしまうと、本人は嫌になり完全にやる気を失ってしまうかもしれない。その人その人の精一杯のベストがあるということ。
posted by Takahata at 00:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

最初の一歩

一歩目。スポーツはもちろん全てにおいて一歩目は大切。一歩を踏み出す時に迷いや不安を感じて躊躇してしまうと勢い良く飛び出せない。リズムも崩れてしまう。波に乗るためにも、この一歩目はとても重要。そのためには、実際に一歩目を踏み出す前の心身の準備と覚悟を整えておかなくてはいけない。一歩目を踏み出すには思い切りも大切。考えなくてはいけないが、考え過ぎてしまうと動けなくなって固まってしまう。そうなると全てが後々に詰まっていき後手後手に回ってしまうことになってしまう。一歩目を踏み出す時には踏み出す前に感覚的に心身ともに既に数歩先を走り出していなくてはいけない。それこそがまさしく心身の準備になる。一歩目を恐れてはいけない。大胆かつ繊細に。そしてリズミカルに。軽快なステップを踏み出そう。その一歩を踏み出せば後は流れに乗って走り出せる。一歩を踏み出すというのは目的のゴールへと近づくためのまさしく一歩。それが遠かろうが近かろうが少なくても一歩分は間違いなく近づいているのだから。
posted by Takahata at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

キッカケ

今勝ったから次も必ず勝てるというものでもないし、今負けたから次も必ず負けるというものでもない。勝負の世界とはそういうもの。実力が拮抗している勝負では、ほんの小さなキッカケが勝敗を分ける。キッカケは偶然ではなく必然。勝ちにも負けにも偶然はない。必然的に勝ちのキッカケを掴みにいった方に勝ちは傾き、必然的に負けのキッカケを掴まされた方に負けは傾く。確かに勝負に運不運はあるが、キッカケには必然しかない。必然には必ず明確な意図があるはずだ。あとはキッカケを必然的に手繰り寄せる執念のようなもの。キッカケなんてその瞬間は勝負を決定付けるほどの大きなものではなく小さなもの。だが、その小さなキッカケが後々じわりじわりと大きく広がり勝利の扉を開いていく。運不運は自分自身ではコントロールできないが、キッカケ作りはコントロールしていける。できることをしっかりと確実にしていくことが勝利への一番の近道だろう。自分から流れを作り出していかなくてはいけない。
posted by Takahata at 00:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

若い頃は…

若い頃なんて、転びそうになるくらい前のめりに進んでみるのもいい。転ぶ痛さよりも、前に突き進む感覚を大切にできたらいい。転んで痛みを知ってもさらに前のめりで進んでいく。転んだ痛みにも本当は耐えられるし、立ち上がり前に進む力が若さにはある。慎重にいくのは年を重ねてからでも充分かも…若いうちから失敗を恐れてビクビクして生きるのではなく、どんどんあらゆることに挑戦をしてほしいと思う。無茶するなよ、と言われるくらいにガツガツ進んでも面白い。小さくまとまる必要なんかない、それこそ若いうちは七転び八起きでいい。自分自身を大きくしていくためにも。
posted by Takahata at 00:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

自らの志で

やらされるからやる…ではなく、自らの意志でやろう!と思わなければ本当には力にはならない。やろう!と思うからにはその目的ややる意義が分かっているということ。志のある理想を描けているということ。目指す理想に向かって自分が自分自身に打ち克てるということ。形ではなく中身こそが大切。言われたことをやっている振りをすることは簡単。言われたことを単にやっていても、ある程度まではできるようにはなる。しかし絶対にある程度以上にはいかない。さらには長くは続けてはいけないだろう。言われたことを表面的にこなしているだけでは必ず飽きがくるからだ。探求心がなければやることへの面白味が湧いてくるはずはない。やっていることの発展性が見えないのに続けていくのは難しい。今の自分がどんな姿勢で取り組んでいるのかをしっかりと省みることはとても大切だ。常に意識しておかなければついついルーティン作業になってしまうからだ。常に意義や目的や志を自問自答していこう。
posted by Takahata at 00:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

応援

人が人を応援するというのは、定点観測みたいなもののような気もする。雨の日、嵐の日、曇天の日でも、その上にある太陽を信じて、気持ちを乱さずに見続けていくことのように思う。いかなる状況に置かれようが変わらずに応援していく。状況に振り回されて応援する相手を見失わないようにしていく。相手の存在が置かれている状況によっては十分に見えなかったりする時でも、その相手をとことんまで信じ抜いて、応援し続けていく。自分の都合で応援したりしなかったりするのではなく変わらずに応援を続けていく。真っ直ぐに応援していく。相手の調子がいい時には拍手を送り、相手が不調な時は全力で声援を送り支えていく。本気で応援すればするだけ自分自身が苦しくてたまらなくなることもあるだろう。そんな姿は相手には見せずにひたむきに応援していく。応援するというのは軽く口にできる言葉ではない。覚悟のいることだ。でもその覚悟の決まった応援であれば、必ずその想いは相手には届くはずだ。応援て本当に凄いことだ。
posted by Takahata at 00:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

調子と付き合う

調子が良い時に結果を残す、これは誰でもそう。大切なのは、いかに調子を崩さないようにできるか。調子が悪くなった時にいかに早く戻せるか。調子が悪い中でも万全ではないにせよ、いかに工夫して結果に繋げていけるか。結果が出ない時にでもいかに前向きに辛抱していけるか。結果が残らないのは調子が悪いから。調子さえ上がってくれば…というのは違う。調子が良ければ誰だって結果は残せる。いかなる時でも調子が自分を何とかしてくれる訳ではない。自分が調子を何とかしていかなくてはならないのだから。調子が悪いからダメだと言いながら、何の変化も工夫もなくいつもと同じようなことをしていても結果なんて残してはいけないだろう。調子を維持していったり、崩れた時に持ち直す力がなければどんどんスランプに突入していってしまうだろう。そもそも体調と同じで調子なんていつもいつも同じではないのだから。調子なんてほんのちょっとした事で変わっていく。調子と上手に付き合っていける術を大切にしていかなくてはいけない。
posted by Takahata at 00:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

無限の力

高いビルの上から歩いている人を見ると人間て何て小さいもんなんだろう…と感じる。でも、同時にその高いビルを作り上げたのは他でもない人間なんだと思うと、人間て何て凄く大きいんだろう…と感じる。物理的には人間は小さいが、小さな頭の中には無限に大きな秘めた可能性がある。想像を創造に。頭を生かすも殺すも自分次第。人間はあれだけ遠い遠い月にだって行くことができた生き物。宇宙から地球を眺めても見ることができないくらいの小さな存在の人間が、宇宙から地球を眺めることを可能にしたんだから。人間はその小さな頭の中から様々な不可能を可能に変えてきた。無から有を創造してきた。それを感じられるのは凄く楽しい。人間の頭の中にはまるでドラエモンのポケットが入っているかのようだ。頭を使う。頭を全力で使う。これは嫌なこと、面倒なことではなく、人間にだけ許された大いなる楽しみであるはずだ。人間とはなかなか大したものだ。小さな存在の無限の力。
posted by Takahata at 23:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好不調の波

どんな選手にも必ず、好不調はある。大切なのは不調の期間をいかに短く乗り切るか。不調なら不調なりにでも自分の力を工夫して出し切ろうとできるか。不調だと悲観せずに、いかに前向きに解決策を見つけていけるか。不調が自分の取り組み次第で、好調に転じると信じ切れるか。諦めずに不調なら不調なりの戦いをしていけばいい。好調なら…と言い訳して今の戦いを諦めて放棄していては戦う姿勢すらなっていない。好調に越したことがないというのは言うまでもないこと。しかし、それだからこそ逆に不調の時にいかに戦うのかというところに真価を問われていくような気がする。
posted by Takahata at 00:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

生きた教材

挫折したら、そこから再びスタートを切ればいい。そこが終わりではないのだから。挫折の分析をして、二度と同じ過ちを繰り返さないように決意する。足りないものを身につけていく決意をする。挫折を挫折という傷で終わらせないように超回復をさせていく。何の改善も課題もない前進は次なる挫折の種。
そう考えると中途半端な喉もと過ぎれば熱さ忘れるみたいな挫折よりは、大きくて強い痛みを感じる挫折の方が人生を切り拓いていける機会になるような気がする。みんな挫折を恐れて中途半端に逃げたりしてしまう。ダメなら徹底的にダメな方が自省も学びも気づきも多くなる。それに乗り越えた時の強さも…挫折は自分自身を真剣に見つめ直せる最大の生きた教材なのだから。
posted by Takahata at 00:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする