2018年10月09日

ベストって?

目の前に表れる結果と、ベストを尽くしていることは必ずしもイコールではない。例えば、ランニングをさせているとする。速く走ることができている人はベストを尽くしていて、遅い人は逆にベストを尽くしていないという評価を受けがちだ。しかし、心拍数を調べてみたら、もしかすると遅い人の方が本人なりのベストを尽くしているということもあると分かるかもしれない。速い人、遅い人と分けてベストを尽くしている、いないと簡単に判断を下すのは危険だ。速い人の中にもベストを尽くしている人もいれば、手抜きをしている人もいる。遅い人の中にもその両方がいるということだ。ベストを尽くしているのに遅い人に、悪い評価を与えてしまうと、本人は嫌になり完全にやる気を失ってしまうかもしれない。その人その人の精一杯のベストがあるということ。
posted by Takahata at 00:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする