2018年12月12日

プロフェッショナル

何でもやればある程度まではできる。例えばボールを投げるというのも少しやれば投げられるようになる。しかし速いボールを投げる、コントロール良く投げるとなると技術をとことんまで探求しなくてはいけなくなる。生半可な気持ちでは中途半端で終わりになる。その探求の姿勢こそがプロフェッショナル。この探求が一番難しい。ある程度までは人が教えてくれる領域。答え、やり方は教えてもらえる。しかし…そこから先は自分一人での探求の旅が始まる。答え、やり方は自分で見つけて作り出していかなくてはならなくなる。どんな物事も探求していくと知れば知るほど、知らないことの多さに圧倒され、深く掘り下げれば下げるほど奥深さに途方に暮れたりしてしまう。それでも飽くなき探求心を持って先に先に進んでいけるのが本当のプロフェッショナルだと感じる。中途半端なものを増やしていくよりも、何か一つをとことんまで追いかけてみるのも楽しいと思う。プロフェッショナルとはどこまで行ってもゴールのない旅のような気がしてしまう。
posted by Takahata at 00:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする