2018年12月15日

ミスを乗り越えて

「何で!そんなミスするんだ!」と起こったミスに激怒して結果としてのミスを責めるよりも、「どうしてそんなミスをしたんだろうね?」とミスが生まれた過程を考えさせた方が、遥かに次に繋がるし、建設的な気がする。ミスしたくてする選手もいなければ、ミスして一番ショックなのも選手なんだから。ミスをしたことは仕方ない。ミスは誰でもする。しかし同じミスを何回も懲りることなく繰り返していくというのは、あまりに進歩がなさすぎる。大切なのはミスを糧にして次には一回り進歩した自分自身であること。そのためにはミスした過程の徹底的な分析をして過程の中でのミスした要因を改善したり取り除いていったりすること。感情論を腹立たしげにぶつけた所で逆に相手を萎縮させてしまうだけ。萎縮してしまえばさらにミスが恐くなり次もミスを犯してしまうことに繋がったりもしてしまう。相手がミスの過程を考えられないのであれば、共に寄り添って考えていくことが大切になっていくように思う。
posted by Takahata at 00:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする