2018年12月16日

優しく勝つ

優勝。優しく勝つ。優しさとは相手と本気で向き合うこと。相手に手を抜かないこと。相手に圧倒的に勝つこと。それは厳しいことのように感じるかもしれない。でも優しさとは、相手を尊敬し絶対に失礼なことをしないこと。中途半端な憐れみをかけることほど、勝負の世界で屈辱的なことはないのだから。相手が心底納得がいくまでの負けを与えてあげること。こいつに負けたんなら仕方ないとグーの音も出ないくらいの。あんまり相手は強くはないしと心の中では軽視し、あんまり圧勝したら可哀想だから、ちょっと軽めに手を抜いてなんてこと程、相手を愚弄していることはないだろう。そんなものは優しさでもなんでもない。そんなことで中途半端な惜しい試合にしたところで、相手は屈辱しか感じないだろう。勝負の世界は真剣勝負。そこは徹底的に両者がお互いの持てる力を全て出し切りぶつけ合う場所。優勝する人には圧倒的な力の差を見せて優しく勝ってもらいたい。人間の尊厳を大切にした思いやりのある戦いを。
posted by Takahata at 00:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする