2019年07月17日

過ぎし日に

部活って何で、こうも一日一日の練習時間は長いのに過ぎてしまうとあっ!という間に感じるのだろう。毎日早く引退したいと思うのに、引退すると寂しくなるのだろう。その時々は打ちのめされるくらい辛かった経験がいつしか笑い話に変わるのだろう。やっぱり、それが紛れもなく充実した時間だったから。充実していなければ、過ぎても特に記憶にも残らないだろう。部活はその時期にしかできない。やり直そうにも、過ぎてしまえば取り返すことのできない時間。だからこそ、やれることは全力で取り組んでいきたいものだ。今は懸命にもがいていることだろう。それでいいんだと思う。今、真剣にやっていることの本当の答えは、その後の人生を生きていく中で見出だしていけばいいのだから。
posted by Takahata at 03:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする