2019年07月23日

愛情を

今、自分がやっている競技を愛すること。共に汗を流す仲間達を愛すること。真剣に取り組んでいる自分自身を愛すること。愛する気持ちがあるからこそ大切にしていこうと思える。大切にするからこそ真摯に向き合っていける。そんな愛することを持てているからこそ感謝の念は自然に湧き上がってくる。挨拶だって、グランド整備だって、用具の手入れだって、やれ!!と言われるからやるものではない。感謝の念があるからこそ、それが自然に行動に繋がっていくもの。形式やしきたりや見かけが大事なんではない。根底にある愛情こそがとても大切なのだと感じる。
posted by Takahata at 14:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする