2019年08月04日

極める楽しさ

みんな簡単に早く巧くなりたいと思ったりする。逆にそんなに楽に手っ取り早く巧くなれたとしたら、あっ!こんなものね!とつまらなく飽きてしまうだろう。やればやるだけ難しく、どこまで巧くなってもさらに奧深いからこそ、今までもこれからも続けていけるんじゃないかと思う。それが苦しさであり楽しさ。簡単だから楽しい訳ではない。難しくて大変だから嫌な訳でもない。自分が好きで、自分が選択したことであれば、難しくて大変な苦しさが楽しいということもあるものだ。難しい課題を一つ一つクリアしていく楽しさ。それこそが、極めていくことの楽しさなのだろうと思う。
posted by Takahata at 00:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする