2019年09月30日

自らの手で

嫉妬か羨望か。嫉妬は人の足を引っ張ろうとする。羨望はその人に一歩でも近づこうとする。どうせ他人を羨むなら追いつけ追い越せでいきたい。単にひがんでいても何一つ始まらない。自分が汗を流す。相手を引き摺り降ろすのではなく、自分が相手を越えていく。仮にどうしてもかなわないなら、角度を変えてその相手にはない部分をどんどん伸ばして互角に勝負していけるようにしていく。無いものを妬んでも始まらない。有るものを磨いていけばいい。
posted by Takahata at 00:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

できない??

できるかできないか以上に大切なのは、どうやったらできるのか?を考える力。できるようにするために工夫する力。できないことに挑戦していく力。できるようになるまで継続していく力。できない自分を踏ん張り抜く力。できるようになった自分の姿を想像する力。できないかできるかの分かれ道は自分自身を強く信じ抜く力。できると信じて一歩を踏み出す力。人生なんてできないことの連続。できないことをできないと諦めていては、人生はできないことの積み重ねでしかなくなる。諦めと限界の積み重ね。そんな人生なんてつまらない。自らの手で切り拓いていけるような人生にしていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

最後まで

どのスポーツでも自分の競技の最後の幕引きをできる選手はほんの一部。でもどんな状況に置かれても最後まで諦めずに挑戦する選手がいることは覚えていたい。誰に何を言われようが、自分のやってきた競技で最後の最後まで自分自身を証明していく。がむしゃらに最後まで足掻き喰らいつく。そんな姿に心を打たれる。格好いいよ!その時に妥協するのは簡単。でも、それによって後でどれだけ後悔しても時間は巻き戻せない。妥協の先に望む結果はない。望まない結果が出て、やり直したくても時間は戻らない。やってるつもりと、やりきるは違う。後でまだまだやれたという後悔ほど悔しいことはない。だから人間は自分自身と最後まで戦う。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

太陽と月のような

太陽のような温かさと月のような温かさがあるように感じる。太陽はその明るさと熱感によって人を温かくしていく。月はその穏やかな静けさで人を包み込むように温かくしていける。太陽が動的なら月は静的とも言えるのかもしれない。心が冷たい時には人は太陽のような温かさで心を温めたくなるかもしれない…心が悲しい時には月のような温かさで。自分もそんな二つの温かさで人とふれ合える人間でいられたらいいなぁ、と思う。いついかなる時も変わらず永久に上空で温かく見守り続けていく。人と人との関係においても、自分はそんな人間でいられたらいいなぁ、と思う。心の空模様が雲りや嵐のような時には、人は太陽も月も感じられなかったとしても、その上空には変わらずに存在して温かく見守っていけるような人間でいられたらいいなぁ、と思う。まだまだ自分は人間として磨いていかなくてはならないが。そんな人間でいられたらいいなぁ、と常々考えている。
posted by Takahata at 01:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

大切な想い

必死にがむしゃらにやるのはいいじゃない。恥ずかしいことでもなんでもない。好きなことをやってるんなら、熱い気持ちでやればいいじゃない。バカにされるようなことではない。好きなことを本気で好きだって素直に言葉にできるのって本当にいいな!と思う。思いに素直に自分のためにやるんだから。好きなことっていいな。好きだからもっともっと巧くなりたい。好きだから全力を傾けていける。そんな好きなことを通して大切な仲間ができる。そんな好きなことで本当の笑顔にもなれるし、涙も流せる。好きなことを通して人間的にも進化していける。たった一つの好きが様々なことを自分に与えてくれる。
posted by Takahata at 00:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

強いチームに

本当に強いチームというのは底力というか、一発で試合を決めにいける力がある。僅かな相手のミスを絶対に逃さない。無駄に力を分散させずに、ここ一番という場面を見逃さずに一気呵成に集中的な攻めにいける。そこまでは、じっと耐え抜いて我慢をしていく力を持てている。そして流れが相手に傾きそうな時にワンプレーで流れを引き寄せる。いかなる状況でも悲壮感が漂わない。最後は自分達が絶対に勝利を収めているという絶対的な自信を持っている。また選手がお互いに依存しているのではなく、各個人が自立した上でのチームワークを維持している。だからチームの主軸の選手が不調でも、それに影響されることなく個々が自分の力を発揮していく。そのためチーム全体が崩れていかない。強いチームには強い理由がある。
posted by Takahata at 00:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

指導者は冷静な目を

指導者が怒鳴り散らしても選手の心には届かないことが多い。それは指導者のイライラを選手にぶつけているから。指導者はファンではない。怒鳴る前に、何故?できるように教えられなかったのか?どのように教えたらできるようになるのか?を熟考して、選手が理解できる形で伝えていかなくてはならないのだろう。選手がミスして「おい!おい!何やってんだよ!」とファンは怒鳴るかもしれない。しかし指導者はそれではいけない。伝えなくてはいけないのは怒りではなく、選手を上達させていくための具体的な方法なのだから。選手は自分自身を映す鏡なのだから。選手ができていないというのは、指導者ができるように教えきれていないとも言えるのだから。
posted by Takahata at 00:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

選手の前に人間として

相手に対して尊敬の念と感謝の念とを持って試合に臨むことは大切なこと。自分達はもちろんだが、相手のこの試合の舞台に上がるために、多くの苦しさや辛さを乗り越えて懸命に練習を積み重ねてきている。その背景にあるものをしっかりと感じてそこに尊敬の念を払えるのかどうか。そして、今、この瞬間にお互いが全力を出し切り、真剣な最高に楽しい時間を試合という形で共有できることに感謝の念を払えるのかどうか。どちらも勝つために膨大なエネルギーと時間を注いで準備をやってきて、そうしてつけてきた実力を真剣に交えられるというのは、勝敗を超えた素晴らしいことなんだというシンプルなことを見失いたくはない。勝って相手を見下したり、負けて相手を恨んだり卑屈になるような選手は絶対に育てたくないとは強く思う。選手である前に人間としてどうあるべきか、どうありたいのか、なんだろうと思う。
posted by Takahata at 00:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

どこまでも

小手先だけで上手くやろうとするのではなく、真っ直ぐに全力を注ぎ込んでいく。その場だけ成功させようとするのではなく、成功しようが失敗しようがとことん本気で向き合っていく。ミスを隠そうと誤魔化すのではなく、ミスを晒しても真正直に取り組む。これは若い頃から仕事をする上で自分が大切にしてきたことだ。自分は自分の仕事を通して人間としての自分も鍛え上げていきたいと考えていた。若い頃は、ついついそこそこできれば、とか、何となくそれなりにできれば、とか妥協した方が楽かもしれない…と。その都度、自分が自分自身に対して厳しくしてきた。そんな中途半端な満足をするために今の仕事をしているのか??と。そんな積み重ねのお陰で、少しはマシな仕事をできるようになったのかもしれないな、と思う。まだまだ、自分自身も仕事も磨き続けていかなくてはならない。終わりのない旅のようにも感じる。
posted by Takahata at 00:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

自分に気づく

人間には様々な側面がある。時に自分がそれまでに自覚していなかった側面に気づいた時などは、自分自身に違和感を覚えると同時に新発見の楽しさも感じる。自分がある場面に直面したら〜になるだろうと想定していても、実際には想定外の〜になったりすると、おっ!自分どうしちゃった??となる。こんな自分が自分の中にいたんだ、と。誰もが自分のことはよく分かっているようで、よく分からなかったり。だからこそ人間というのは面白いし、人生も面白いのだろうと思う。そんな自分も否定せずに素直に認めてあげたいなと思う。それも含めての自分なのだから。
posted by Takahata at 00:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

チームのムードは

チームのムードというのは凄く大切。ただ大きな声を出したり、大騒ぎすればいいというものではない。どれだけ仲間の心を打ち、勇気を与える言葉を口にできるか。その言葉に思いを込めていけるか。感動して同じ思いを仲間達と共有できて自分や仲間を信じられる空気感を作り出せるか。思いを共有できるムード。最高のムードは自分の背中を押してくれるし、仲間達の背中も押してくれる。本当に伝えたいのは言葉の羅列ではなく、心の中にある真の思いなのだから。ムードは時に試合の流れの形勢を変えてくれたり、チームに思わぬ力を与えてくれたりするものだ。
posted by Takahata at 00:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

愛情を大切に

誰かが苦しい思いをしていたらそっとさりげなく手を貸して。辛い思いをしていたら温かな笑顔を向けて。悲しい思いをしていたら、共に涙して。人間の心は自分だけのものじゃない。誰かの心を癒し助けることだってできる。誰かが元気になって笑顔に戻れば、自分の心も幸せの笑顔で包まれる。人間には二つの手がある。一つは自分のために、もう一つは自分以外の人のために。こういう詩がある。それは心にも言えるはずだ。自分自身の小さな勇気が相手を思いやる行動を生み出すことができる。自分自身の幸せも大切。でも自分だけの幸せよりも周りに幸せの輪が広がる方がもっと幸せに感じるだろう。周りに笑顔が広がればこんな喜びはないだろう。人間の心の中には愛情というかけがえのない大切なものがある。愛情を大切にして生きていけば人間は一番幸せに生きていけるように感じる。ほんの少しでいい、周りを見渡してみる余裕を持ってみよう。きっと心の中で声にならない叫び声で助けを求めている人がいるはずだ。一人の力は小さい、でも同時に一人の力はとてつもなく大きい。
posted by Takahata at 00:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

今の自分が

自分は身体的に恵まれてないから、ダメなんだ…自分は才能がない…と諦めるのではなく、今の自分でいかに高いパフォーマンスを発揮するかをとことん考え抜く。ただ漠然と練習するのではなく、小さくて細くても、その中でとことんまで最高のパフォーマンスを出すための動きを追い求めていけばいい。諦めた瞬間から、どうにかしてやろう!という気持ちは消えていくだろう。自分の中にある大切な持ち味にすら目が向かなくなる。人には必ずその人にしかない持ち味がある。また短所に見えることも、裏を返して見てみれば長所にも見えてくる。同じ練習に取り組むのであれば、ネガティブだはなくポジティブに取り組んで、今の自分がいかに力を発揮していくかを前向きに考えていった方が良いだろうと思う。
posted by Takahata at 00:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

手間と手抜き

小さな手抜きが積み重なれば、大きくなって大切な夢が、その手から抜け落ちていってしまう。小さな一手間を惜しまずに積み重ねていけば、大きくなって大切な夢にその手を近づけていける。手抜きか?一手間か?この一瞬の小さな差が、未来に大きな差となる。その瞬間、瞬間の小さな差。だからこそ、強く意識していないと人間は易きに流されてしまう。流されないためには、一手間をかけていくこの手でその夢を絶対に掴み取るんだという強い意志が必要になってくるだろう。実際、労力的には小さな手抜きも、小さな一手間もさほど変わりはしないものだ。
posted by Takahata at 01:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

やりたくなるように

何の意味があるのか分からず苦しいだけのことは誰もやりたくない。意味は分かるけど、苦しいことは自分にムチ打ちながらも我慢してやる。意味が分り楽しいことは誰もが率先してやりたい。同じことをやらせるにしても、そこにほんの少しでも意味を理解させたり、やり方を一工夫したりするだけで、やる側にとっては受け止め方がまるで違ってくる。やるのは本人のためだ!と言ってみたところで、単にやらされるだけのことであれば、なかなか気持ちは持続していかないのではないだろうか。やらせるのではなく、やりたくなるようにしていけるといいなと思う。やりたいと自発的に思えるのが一番の成長に繋がるから。
posted by Takahata at 01:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

思い出

思い出。今まで考えたことがなかったが、思い出とは、過去を振り返った時に映像はもとより、その時に感じた思いの数々が溢れ出てくるから思い出というのだろう。思いが出る。人が生きていく中で、今の出来事は過去に流されていく。その分だけ、心の中には思いが積み重ねられていく。だから、僕は感じる。結果以上に思いをしっかりと込めて物事に向き合い、思いを込めて生きていきたいと。振り返った時に色褪せない思いが溢れ出るような時間を積み重ねていきたいと。別に思い出作りのために生きている訳ではない。思い出は未来を見ながら、今という時間に思いを込めて大切に過ごすからこそ、結果的に思い出が刻まれていくものだ。
posted by Takahata at 02:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

頭も心も自由に

小さな頃はあらゆる面で、できないことは多かった。でも、頭や心はどこまでも自由だった。大人になるとできることはたくさん増えたが、頭や心が不自由になってしまった人が多いような気がする。生きていく中で、無意識のうちに様々な制限や限界や常識などに完全に縛られていってしまうのかもしれない。そして、自分ができるようになったことの範疇で生きていこうとするのかもしれない。そんな勿体ない人生にするのではなく、頭も心も自由自在に解き放ち、どんどん挑戦していける人生にしていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

人生

試合の勝ちは人生の勝ちではないし、試合の負けは人生の負けではない。それは人生の時間の一部である試合に勝った負けたというだけのこと。試合で勝つ=人生の勝ちではない。選手にはしっかりとした人間としての人生を力強く歩んでほしいと感じる。勝って人生を驕るでもなく、負けて人生に悲観し駄目の烙印を押すでもなく。試合の勝敗では揺るがない自分のしっかりした人生を歩んでもらいたい。生き方。そう、自分自身の人生の生き方。生き方は試合での戦い方。そんな戦い方ができたなら、試合は勝っても負けても関係なく人生には胸を張って生きていけるだろう。胸を張って生き、胸を張って戦えばいい。
posted by Takahata at 00:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

希望を抱いて

後悔は過去を変えようとする作業。希望は未来を変えようとする作業。しかしどれだけ後悔をしようが過去は変えられない。それに対して希望を強く持てば未来はこれからいくらでも作り出していける。後悔は過去の一点に自分自身を縛りつけるのに対して、希望は未来をどんどん広げていってくれる。後悔をしているのであれば、後悔の原因だけを分析して、原因を改善することで未来に起こりうることに対して希望に繋げていきたいものだ。後悔の念に縛られてしまうと、今、そして未来の現実的な時間は生きていたとしても、心の中の時間は生きていけないのだから。常に希望を抱いて生きていきたい。
posted by Takahata at 00:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

過程こそが

勝って歓喜できるのも、負けて悔し涙を流せるのもそこまでに流してきた汗があるから。時を経てもリアルな思い出として鮮明に残るのも、流してきた汗があるから。流した汗が必ず報われるかは分からない。でも、流した汗が自分の心を豊かにはしてくれるだろう。強く心を揺さぶる豊かさを。やることをやらなかったり、妥協を積み重ねても、勝っても大した喜びもなければ、負けても大した悔しさもないだろう。そう考えてみると、結果以上にそこに至るまでの過程こそがいかに重要なのかが分かってくるだろう。
posted by Takahata at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

未来の社会を

IMG_20190907_141516.jpgreceived_373173343591849.jpegreceived_389265305123130.jpeg先日、杉並区立第八小学校で講演を行ってきました。第一部が高学年、第二部が低学年、第三部が保護者の方々。それぞれ一時間ずつお話をさせていただきました。この子達の心の中に何か一つでも大切なものが残って、生きる糧みたいなものにしていってくれたら嬉しいなって感じますにこにこ

ふと、目の前にいる子ども達の向こう側に、はるか遠い日の自分の姿や同級生の仲間達の姿を探している自分自身に気づかされる。後先考えずにみんなで目の前のことに無我夢中で遊びまくった純粋な楽しさ。友達と遊んで帰る時に一人ずつバイバイして少なくなっていく心に忍び寄る寂しさ、誰かと喧嘩した時に心の中に刺さるような悲しさ、遠足や運動会の前日の華やいだような心の楽しみと終わった時の何とも言えない泣きたくなるような淋しさ……

春の日の校舎の窓に差し込む木漏れ日や咲き誇る色々な花々の香り。夏の日の蒸せる土の匂いや夕立や蚊取り線香の匂い。秋の日の夏の終わりの淋しさや夕焼け空やグランドにたくさんのトンボの群れ。冬の日の鼻に突き刺さるような冷気や雪の感触。部屋のクリスマスツリーに心が華やぎ、紅白の流れる大晦日の夜更かし、そして迎える元旦の心が浮き立つワクワク……

目の前にいる小さな子達も子ども達の五感で毎日を感じ、考えて生きているんですよね。今の時代に、この子達が何を見て何を感じながら毎日を懸命に生きているのか。未来に夢や希望を持てる社会にしていかなくてはならないと心に強く思った半日でした。
posted by Takahata at 00:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

楽しい自分を

自分が自分自身を裏切らないこと。自分が自分自身への期待感を失わないこと。自分を育てていけるのは自分自身でしかないことを決して忘れないこと。自分自身に対する厳しさと優しさを大切にすること。自分自身にもしっかり愛情を向けていくこと。他人に見栄を張るのではなく、自分自身に目を見張ること。これらのことを日々しっかりと自分が自分自身に対してできていれば、自分に対して楽しんで生きていけるような気がする。自分を楽しめるからこそ、自分の人生を豊かで楽しいものにしていける。
posted by Takahata at 01:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

真の仲間に

試合に出る選手も出るで凄いし試合に出れない選手もそれでも最後まで続けていけるのは凄いんだよ。出る選手は出れない選手の思いを感じてプレーすればいいし、出れない選手は出る選手に思いを託して応援する。それぞれに凄さは違うし、単に役割が違うだけ。その競技が好きという思いは同じなんだから。それぞれに誇りを持って立場を貫いてほしいと思う。それぞれに感じる辛さや苦しみがあるんだよ。違う辛さや苦しみが。でもどちらも好きな競技を一生懸命にやっているのは同じなんだから。お互いの思いを真にどこまで理解しようとするかで、変な嫉妬心や優越感を超えて、真の仲間に近づける気がする。
posted by Takahata at 00:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

固定観念を破る

固定観念は怖い。自分が意識してなくても、知らないうちに〜でなければならない、〜しなければならない、という考えに縛られたりしてしまっている。そうすると自分は狭い世界に押し込まれてしまう。固定観念に常に疑問を投げかける習慣を大切にしたい。本当に〜でなければいけないのか?〜しなければいけないのか?自分が目指している事に対してそれらが本当に必要なのか?もっと違うやり方はないのか?周りがそうしているから自分も同じようにしている必要があるのか?固定観念を打ち破ればその外側には広い世界が広がっている。広い世界には様々な可能性が広がっている。こうでなければならないという頭の中に常に疑問を投げかけてみよう。
posted by Takahata at 00:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

意志

懸命に自分を変えるんだ!という強い意志を持つこと。まっ、いいか…チョロっとやって変われればいいか…いつか変わるだろう…なんかで自分が変わることなんて難しい。強い意志。こんな自分に変わるんだ!という明確な意志。人間は弱いもので、油断をしてしまうとズルズルと元の自分に戻っていってしまう。そして、今までの自分に馴染んでいってしまう。そんなことを繰り返していては何も変わらない。変える!と決めたら徹底的に自分に叩き込む。自分を変えるために叩き込むことが、自分の中に定着するまで貫いていく意志を持つ。意志なきところに道は拓けず。
posted by Takahata at 00:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

研究者

アスリートは研究者であってほしい。研究者はいついかなる時も、頭の中で考え続けている。アスリートも日常生活を通しても考え続けてほしいと思う。勉強ではないし、嫌いなことを考える訳でもなく、自分が大好きな競技のことを、その競技力を高めていくことを考えるのだから決して嫌な時間ではないはずだ。練習前には、こうすればもっと上手くなるんじゃなかろうか?、という仮説を立て、練習の場でその仮説を実験して、出た結果を検証して、何故?こんな結果になったのか?では次はこのようにやってみてはどうか?と課題を見つけ、その課題に対しての仮説を立てる。こんな繰り返しを楽しめる研究者のようなアスリートでいてほしい。
posted by Takahata at 14:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

一歩先の自分を

上ばかり見て、今の自分との実力差を見て、無力感や絶望感を感じるよりも、今の自分の実力を冷静に受け止めて、少しずつでも上を目指して一歩ずつ実力を高めていけばいい。もちろん競争はある。しかし、究極は誰かと競争するにも、やれることは一歩ずつ自分の実力を高めていくことだけ。上にいようが、下にいようが常に自分の実力を高めていけること。そして実力がつけば、気づけば上にいたという感じ。上で傲慢になっているのも違うし、下で絶望しているのも違う。やれること、やることは他の誰かれに関係なく自分の実力を高めることだけ。常に一歩先の自分を追いかけていくのも道だろう。
posted by Takahata at 00:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

一日

たかが一日、でも一日に集中すれば実はかなりの事ができる。一日を漠然と過ごしても一日。しっかりと打ち込んでも一日。日常は一日の積み重ね。ともすると日常に生活がマンネリ化して一日の意味や重さを忘れがちになりやすい。どんな一日にしていくのか明確な意志がなければ日常に流されていってしまう。余程の覚悟がなければ、自分が一日を明確にコントロールすることは難しい。しかし人生は一日一日の積み重ね。未来も今日、明日、明後日という一日の積み重ね。やはり一日はかけがえのない一日だ。当たり前のことを再認識していきたい。
posted by Takahata at 00:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

一途に一つごと

一途に一つごと。大事にしている生き方でもある。これには分岐点があるように思う。何かを始めてしばらくすると何となく分かったように感じたり、できるようになった感じがしたりする。この時に、飽きたから次の何かを?となるのか、ここからさらに探求して深堀りしていけるのか?分かったこと、できるようになったことに慢心する以上に、分からないことに、まだできないことに興味を持てるかどうか。どんなことも、もしかすると一生涯探求し続けても辿り着けないようなものなのかもしれない。そこに辿り着けないかもしれなくても、でもやる以上は少しでもそこに近づいていきたいと思っている。知れば知るだけ知らないことを理解し、分かれば分かるだけ分からないことを真摯に受け止め、できるようになってもできないことの深さを精進していける自分自身でありたいなと常々考えている。
posted by Takahata at 00:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

チャンスを掴む

チャンスを与えられないなら、自らがチャンスのきっかけを作り出していこう。チャンスを与えられないことを人のせいにするくらいなら、自分自身をさらに高めていこう。チャンスがないことにふて腐れているくらいなら、今こそ自分の実力を地道に積み上げチャンスを掴むためのチャンスと考えていこう。大切なのは自分にはチャンスがない、チャンスから見放されているという考え方を捨てること。そしてチャンスとは何かをしっかりと見極める目を持つこと。さらにはチャンスをうっかりと見逃したり消極的になってつかみ損ねたりせず、来た時には積極的に掴み取ろうと手を伸ばすこと。
posted by Takahata at 03:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする