2019年12月09日

苦しみの先に

苦しい練習が好きだ!という選手はあまりいないだろう…苦しいだけなら逃げたいだろう。しかし、苦しくてもその練習の内容の意味を正確に理解できていれば。苦しくてもその先に上達して活躍できている自分の姿がしっかり見えれば。苦しさの感じ方は変わってくる。意義や未来のない苦しみは苦しみでしかない。要は見返りのない苦しみは苦しい損をしているような錯覚を覚えてしまうのだろう。昔は苦しさの先に何かがある!という抽象的なものでも良かったのかもしれないが…今は時代も変わり、苦しみを超えるには明確なビジョンが必要なのかもしれない。
posted by Takahata at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

解決と解答

解決と解答。同じ問題という言葉でもでも、人生の問題は解決するといい、勉強の問題は解答するという。勉強の解答で答と使うのは、勉強には絶対に唯一の答えがあるからなのだろう。それに対して人生の問題には唯一の答えは存在しない。言ってみれば答えは個々によって違ってくる。だから、人生の問題に対して、例えば人それぞれどんな答えであっても、その人にとって正解と思えるなら、それが本人の正解となる。人生の問題は決めることに意味があるのだろう。問題に直面して懸命に解いて、自分なりの正解の答えを決めていく。正解などない問題には、自分が自分の正解を決めていくしかない。勉強の問題は答えを導きだし、人生の問題は決断を導きだす。
posted by Takahata at 00:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

戦いに向けて

どんな戦い方をするかは、とことん考えて悩んだらいい。しかし、こうと決めたら迷わずに戦っていく。ろくに考えもせず、悩みもせず簡単に出したことを土壇場であれこれと迷いながらするのは良くない。迷いが中途半端なプレーに繋がってしまう。自分がしっかり悩んで出した答えを信じ抜いてみることも大切。戦いの前にはとことん考えて悩み抜く。戦いが始まったら迷わずに自分の出した答えをとことん信じ抜く。戦いの中での中途半端な迷いほど質の悪いものはない。最後は自分さえも信じられなくさせてしまう。いかなる結果になろうが、そんな戦い方ほど残念なことはない。戦うのは自分自身なのだから。
posted by Takahata at 23:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

上手くいった時こそ

上手くいった時ほど、自分はさらなる高みを目指して変わらなければ!と感じる。上手くいった時ほどホッとしやすく、そこで安心してしまいがちになる。そこで満足してしまうと、そこで止まってしまう。そしてそれはいつしかルーティーンになっていってしまう。一歩でも自分自身を高みに運んでみたい。誰かの評価を得るためではなく、自分が自分自身を評価して進化できていると実感するために。自分が自分自身に対して認識している期待値をさらに超えていける自分自身でありたいと思う。そうすれば、結果として自然に誰か他の人達の期待値にも応えていけているだろうから。常に自分は自分自身との競争であり戦いだと感じて日々を生きている。だからこそ、上手くいった時こそまだまだ自分を変えて進化させていきたいと強く思っている。
posted by Takahata at 00:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

人生の長距離走を

人生という長距離走をどのように走り切るかを考えることがある。ひたむきに前だけを見て懸命に走るのか、ゆっくりと周りの景色を眺めながら走るのか、はたまた疲れてもなお自分自身に鞭を打って走り続けるのか、疲れたら休息を取りながらマイペースを崩さず走るのか。最初からゴールを意識してペース配分を考えて走るのか、全速力で走り続けられるところまで走るのか。人生の長距離走はその走る距離は人によってそれぞれ。走り方も人それぞれ。どれが正しいとかはないのだろう……それぞれが自分の考えを持って自分の走りをしていくしかない。人生のゴールは恐らく突然に訪れるのだろう。その時に後悔するような生き方だけはしたくないなと強く思う。だからこそ考える。自分の走りはどうなのか?と。ここまでは、前だけを見据えて全速力で休むこともせず、走り続けてきたような気がする。ここまでの走りに後悔はない。でも、ここから先は?このまま今までと変わらず走るのがいいのか?を考える。考えの答えは出ていないが(笑)少し位は自分に優しい走り、周りの景色を楽しむような走りをしてもいいのかもしれないな……とも感じる自分もいたりする。
posted by Takahata at 00:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

道を外れて

僕は大学卒業の時に企業に就職を内定させていた。就職をするという世間の常識とか世間の考える当たり前の流れのようなものに自然に従おうとしていた。でも、自分には好きなことがあった。それが今の道なのだが……この道を進むことを決断した当時は誰一人、この道に進むことに賛同してくれる人も応援してくれる人もいなかった。世間から外れてしまった孤独感や、これからどうなるんだろう?という不安感で一杯だった。普通に就職していれば、こんなに世間から疑問視されることもなく普通でいれたのに……と思ったこともあった。人生にもし?なんてないが、もし就職していたら?そこそこ頑張って出世もしたかもしれない。でも、そんなことよりも自分の好きな道を一人孤独に歩む道を選んだ。人生の成功って何だろう?と考えた当時に僕の出した結論は常識や世間の皆さんが考える一般的な成功というものではない、自分が一度きりの人生を自分らしく好きなことを徹底的に極めていける時間にしたいという自分の求める成功だった。成功か失敗かなんて他人が決めるものではなく、自分が自分自身に対して人生の時間を自分が納得のいく素晴らしい時間を過ごせたなと感じられて生きることこそが、あくまでも自分にとっての成功かもな……と。それでここまで地道に人生の時間を積み重ねてきた。世間に認められようが認められなかろうが、僕はそんなに価値は感じない。ただ、人生の時間を好きなことに打ち込んでこられたのは自分にとってはとても幸せな価値あるものだったと今は感じられている。
posted by Takahata at 00:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

人の心って

人の心って、面倒な面もあるけど、幸せな面もたくさんある。人と人とが心が通い合えば喜びが大きくなる。人と人とが心がふれ合えば温かい気持ちになる。人と人とが思いやりを持てれば、そこに優しさが広がる。人と人とが愛情を持てれば、そこに愛しさが深まっていく。人と人とが大切に思えれば、そこに勇気が強くなっていく。心の思いのキャッチボール。人は突き詰めれば一人孤独な存在なのだろう。でも、一人でどんな心を持とうとも、そこで完結してしまえば寂しいものなのだろうと思う。人と一緒に心のキャッチボールができてこそ、心の繋がりや絆が強くなっていくものなのかもしれない。思いを伝えて、思いを受け取る。それを繰り返していく。これからも、人を大切にしていける自分でいたいなと感じる。
posted by Takahata at 00:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

負けに打ち克て

誰も全力でプレーしている。誰も負けたいなんて思っていない。それでも負けが続くことはある。負けても戦い続けていかなくてはいけない。負けに慣れるのではなく、負けに強くなりたい。負けを恐れるのではなく、逃げずに立ち向かっていきたい。結果は負けでも全力を尽くしているなら胸を張っていたい。手抜きをして、惰性でやっているなら結果はどうあれ恥ずべきこと。それは他人がどうこうではなく、自分が自分自身を裏切っていること。そうでないなら小さくビクビクしている必要なんてない。確かに負けが続けば辛い。心身が余計に疲労していく。それに打ち克つ強さを持ててこそ、負けない強さを身につけていける。負けるから弱いのではない。負けることに怯える自分自身が弱いのだ。自分が自分自身に問うて、恥ずべき姿勢でやっていない限りは、また勝利を喜べる日は必ず来る。それを信じて今日も全力で挑んでいけばそれでいいではないか。絶対に自分自身に負けるな。負けることを恐れるな。
posted by Takahata at 01:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

心の故郷

昔、実家の広島にいた頃、悩みがあると近所の宇品港に海を眺めに行っていたのを思い出す。夕日に赤く色づく海や海に浮かぶ瀬戸の島々を見つめていると自分の悩みなんて凄く小さなもののような気がしたものだ。大学受験に失敗し浪人が決まった後に、静かに海を見ながら自問自答した時の情景は今でもはっきり覚えている。港を出発するフェリーがどんどん小さくなっていくのを見ながら、何か自分も誰も自分のことを知らない、知らない土地にフェリーで運んでいってもらいたい…と思う反面、自分はこの場所で現実に向き合いながら現実に立ち向かっていかなくてはならないんだ、と強い決意を固めたのを覚えている。海はいつもと変わらない。海を見つめる自分や自分の心は変わる。久々に広島の海に立った時に、この場所は小さな頃から僕を見守ってくれた心の故郷だなと感じた。誰にもこんな故郷はあるのだろう…
posted by Takahata at 02:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする