2019年12月06日

上手くいった時こそ

上手くいった時ほど、自分はさらなる高みを目指して変わらなければ!と感じる。上手くいった時ほどホッとしやすく、そこで安心してしまいがちになる。そこで満足してしまうと、そこで止まってしまう。そしてそれはいつしかルーティーンになっていってしまう。一歩でも自分自身を高みに運んでみたい。誰かの評価を得るためではなく、自分が自分自身を評価して進化できていると実感するために。自分が自分自身に対して認識している期待値をさらに超えていける自分自身でありたいと思う。そうすれば、結果として自然に誰か他の人達の期待値にも応えていけているだろうから。常に自分は自分自身との競争であり戦いだと感じて日々を生きている。だからこそ、上手くいった時こそまだまだ自分を変えて進化させていきたいと強く思っている。
posted by Takahata at 00:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする