2019年12月17日

うまくいかないというのは

プレーがうまくいかないことと、限界とは同じではない。選手によってはプレーがうまく進まなかったり、行き詰まったりすると、これが自分の限界だと決めつけてしまったりする。うまくいかないことの原因は何なのかをまずは分析してみる。それが自分の実力によるものなのか、それとも他の何らかの要因によるものなのか。限界とはいうのは、全くやりようがゼロ。道がそこで断たれていること。うまくいかないというのは、道は先にも続いているのに靄がかかって先が見えなかったり、立ち止まってしまったりしているだけのこと。原因の分析で実力が足りないなら、実力を高めるために何をすればいいのかを考え抜けばいい。その他の要因にあるなら、それらの要因を取り除くためにどんな手を打てばいいのかを考え抜けばいい。限界と決めることは、本来は続いている道を自らが断ち切るということ。うまくいかない時こそ、どうするかを前向きに考えていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする