2019年12月22日

僕が僕であるために

僕が僕であるために、立ち続けなきゃならない。正しいことは何なのか、それがこの胸に解るまで♪♪尾崎豊さんの歌の歌詞の一節だ。人はついつい社会に呑み込まれたり、社会の流れに流されていったりしてしまう。社会の考える正しいレールに乗っかって。僕が僕であるためには、そんな社会の様々な巨大な流れに、しっかりと踏ん張って流されないように立ち続けなければならない。社会の決める正しさではなく、自分が正しいと信じる生き方を探し求めて。これはとても苦しくて辛いことでもある。ある意味で流されていれば楽でもある。社会の単なる一部になるのか、僕が僕で唯一無二の存在でいるのか。そして、い続けていくのか。時に社会という圧倒的な数に突っ張っていかなくてはならなくもある。強いから、強くありたいから踏ん張るのではなく、ただただ自分が自分らしくありたいから踏ん張って生きる。ふと、時々、自分自身の生き方と照らしてみたりする。僕は僕であり続けているのだろうか……と。
posted by Takahata at 00:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする