2020年01月19日

仲間達

DSC_0955.JPGDSC_0951.JPGDSC_0949.JPGDSC_0910.JPG大学時代の仲間達10人で飲みました乾杯にこにこ最高の仲間達です!昔はみんなアスリートでしたが(笑)今はみんな、いいオッサンです(笑)でも、こうして時を経ても同じ時間を共有した仲間達というのは、すぐに昔に戻れます。みんな、それぞれの道を歩んできて、こうして会うことができるのは幸せなことだなと感じますにこにことても楽しい時間でした八分音符


【今年の新年会】市坂潤、江頭雄三、唐沢一之、越正幸、佐伯要、鈴木陽吾、塙健司、三谷大和、渡邊高博、高畑好秀。


【去年の忘年会】浅野基彦、梅田康正、佐伯要、初坂雄一郎、綿引良宏、高畑好秀。


卒業式の後に椿山荘にて体育会の部活全部集まっての謝恩会の後に、みんなで新宿の歌舞伎町に集合して、しこたま飲みまくって、いよいよ、これで最後という時に、歌舞伎町の街中で50人くらいで円陣になって、肩を組んで校歌と、チューリップの『心の旅』を歌ったのが強く記憶に残っている。もう、明日からみんなバラバラになるのか……という寂しさ。もしかしたら二度と会うことのない仲間もいるのかも……というせつなさ。このまま時間が止まって、こいつらとずっとずっと一緒にいたいっていう叶わぬ想い。そういった想いが交錯して歌ったのが『心の旅』仲間達の一人一人の顔を見ていると様々な思い出が一気に心の中に押し寄せて、四年間こいつらと一緒に過ごせて本当に良かった!と心の底から叫びたかった。明日からは全員がそれぞれ散り散りになり人生の旅に旅立つ。帰りの電車の中で何だか心の中にポッカリと大きな穴が開いたような、あの時の心模様は時を経た今でも鮮やかに思い出せる。時を経ても変わらぬ仲間達。本当にありがたいなと感じる。
posted by Takahata at 02:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする