2020年02月14日

ベースボールマップス

IMG_20200214_003309.jpgreceived_2667182596705108.jpegDSC_0978.JPGDSC_0994.JPG元巨人の川相昌弘さん野球ボールを前回に引き続きお招きして、第59回目(毎月1回開催)になるベースボールマップス主催の『野球上達セミナー』を都立富士森高校を会場に開催しました。今回のテーマは「守備の極意!!」名手川相さんに多くの守備のコツを教わりましたきらきらきらきら

強いとか弱いとか関係なく、巧いとかあまり巧くないとか関係なく、少しでも野球が巧くなりたいという子達に学ぶチャンスを与えてあげたいと開催していますにこにこ

野球というのは、野球というスポーツに過ぎない。その野球にどんな価値を創造して付帯させていくのか、野球を通して何を学び何を人生に活かしていくのか、それはまさに十人十色。野球に絶対的なものがあるとするなら、好きな人にとっての楽しさのはず。

その楽しさがどんどん失われていき、逆に大人が押しつける画一的な価値観や教訓のようなものばかりを背負い込んでいくのはどうなのかな?と思う部分もある。

人は楽しいから没頭する中で好きになり、好きになるからこそ、もっと上達したいと思うのだろう。上達したいと思うから、もっと知りたくなりもっと探求していきたくなる。知れば知るだけ、たくさん試したくなる。

そんな過程の中でそれぞれの選手が自分で自分の気づきや思考、感受性などを通して様々なことを身につけていくことこそ大切なのではないか?と感じたりもする。そして自分なりの価値や意味を作り上げていけばいいのではないかと。


大人が押しつけるものでもなければ、選手の側も単なる受け身で作り上げられるものでもない。選手が自ら積極的に自分が作り上げていくもののように感じる。
posted by Takahata at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仲間を理解する

チームで意見が分かれる、意見がバラバラになる、こんな時は、ついつい何故?自分の主張は理解してもらえないのか?と個々が思いがち。大切なのは個々それぞれの何故?があるということ。誰もがそれぞれの何故?でチームにとって良かれと思っていること。意見は違えど想いは同じということ。相手が理解してくれないではなく、まずは自分から相手を理解してみようとすることが大切になる。誰もがチームがより強くなるための考えなのだから。
posted by Takahata at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする