2020年05月03日

心と頭

『熱願冷諦』熱心に願い求めることと、冷静に本質を見極めること。諦とはここでは諦めるという意味ではなく、明らかにするという意味に使う。よく試合などでベストなのは心は燃えてて頭は冷静なのが良いと言われる。もちろん競技によっても違うが。心がビビっていては戦えるものも戦えない。臆することなく試合には自分のベストを出し切るのを願い、そして自分自身を強く信じ抜いて戦っていきたい。そんな心の状態を熱いと表現することもできる。しかし、頭の中まで興奮して熱くなってしまうと、冷静な判断ができなくなる。冷静に流れを読み取り、冷静に対処していくことが大切になる。心が熱く頭も熱くなると暴走プレーになっていくし、心が冷たく頭も冷たいと臆病プレーになっていくだろう。心は大胆かつ頭は繊細にと言い換えることもできるように思う。
posted by Takahata at 00:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする