2020年07月08日

事実

事実は事実として結果だけを見れば、それが事実になる。しかし、その事実が生じるに至るまでの背景にある経緯によって、事実の見え方は変わってくる。表面的に見ると、見えなかった世界が、裏面的に見ると違って見えてきたりする。どちらが事実なのか?と問われれば、ある側面ではどちらも事実と言えるだろう。本当の事実というのは、そのように多面的に肉づけされたものなのではないだろうか。だからこそ、事実はあらゆるものが絡み合ってできているとも言える。時に絡まりすぎて分かりづらくなるからこそ、肉を削ぎ落としていくことも必要なのだろうが…事実の捉え方を自分自身ももっとより深めていきたいなと感じる。
posted by Takahata at 00:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする