2020年07月12日

正しい過程を

例え自分が失敗したボールを投げても、対戦相手が失敗したら、それは結果としての成功になる。でも、そんなのは一時的な成功だろう。結果オーライの成功。自力ではない他力によってもたらされた成功。根拠のない偶発的な成功。どんなに過程が正しくても結果は失敗に終わることもある。上記のように過程は間違っていても結果は成功することもある。しかし、結果というのは実に様々な要因の影響を受けるため目先では成功したり失敗したりしたとしても、やはり正しい過程をしっかりと踏んでいけば成功する確率は確実に上がるはずだ。目先の結果に振り回されずに、とにかく正しい過程を毎回しっかりと踏んでいく。成功の確率を上げるのはそれしかないように思う。
posted by Takahata at 00:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする