2020年07月30日

いつの日にか

いつの日にか誰もが誰かの元から巣立っていく。その巣立つ日まで、どれだけの生きる力をつけてやれるのか。どれだけ自信を持って送り出していけるのか。巣立つ側は自分自身を信じて自分の羽を広げて飛び立っていく。きっと、送り出す側は心配が残るような気もするし、どこまで力をつけさせてもまだ足りないと思ってしまうのだろう。それでも巣立ちの日を迎えた時には、巣立つ側は教えてもらった力を信じて、送り出す側も教え込んだ力を信じて背中を押してあげるのだろうと思う。最後は優しく静かな微笑みで。大丈夫だよって。人生なんていうのは、出会いと別れを繰り返していく。人生が永遠でないのと同様に人との永遠もない。だからこそ、人との与えられた時間を大切にしたいと思う。人に対して今の自分のできること、教えられることに全力を尽くしたいと思う。
posted by Takahata at 00:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする