2020年09月30日

辛さを越えて

怪我は辛い…辛いけれど辛い中で何を学ぶか。辛い中で何を生かせるか。辛さを乗り越えた先に何を得るか。怪我したことは悔しいだろう。悔しさの先に何を見据えるか。絶望感の中に何の希望の灯りを灯せるか。自分の殻に閉じこもっていては見えない何かがたくさんある。何か一つでもいい。自分にとっての何かを掴んでほしい。こんな時に…こんな時だからこそ、タダでは起き上がらないでほしい。今のピンチを未来のチャンスに変えていける目線を大切に過ごしてほしい。辛さや悔しさを越えて。
posted by Takahata at 00:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

人生の意味

人生に意味があるのではなく、限られた人生に意味を持たせていくのは他でもない自分自身だろう。生きるというのは時間の集積だとすれば、自分が何を求めていくかによって人生の意味は変わっていくだろう。意味を誰かが教えてくれるものではないし、待っていれば意味づけられていくものでもないように感じる。それでは人生の貴重な限られた時間が流れ去っただけになるだろう。時間を自分自身の求めることのために有効に使い切れてこそ、そこに意味が見出だせていくのではないだろうか。個々で求めるものは違えども、求めることがあるからこそ真剣に時間を生きていけるはずだ。
posted by Takahata at 00:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

夢の舞台へ

夢への舞台。誰もが立つことが許されない舞台。多くの者が夢を描き、その舞台に立つために懸命に時間もエネルギーも費やして臨む。もちろん夢の舞台に立てることは素晴らしいが、夢の舞台に立てずに終わることが意味のない時間だったとは思わない。今の時代、どれだけの人間が本気になって夢を描いて、そこに膨大な情熱を注いでいけているだろうか…そんな時間を過ごせた日々こそとてもかけがえのない大切な時間だと思う。熱く本気の時間。夢を持てる自分を誇りに思えばいい。夢が叶わなかったからと言って恥じることも下を向くこともない。夢の舞台は立った者にとっても、立てなかった者にとっても、かけがえのない時間を与えてくれる。
posted by Takahata at 00:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

前向きな後悔

どんな選手もいつの日にか引退という二文字と向き合わなければならない日が必ず来る。その時に何を思い、何を考えるのか。後悔のない競技人生をというが、一言で後悔と言っても色々な後悔があるように思う。誰もが後悔ないように日々全力を尽くしている。それでも終わって振り返れば、まだ〜できた、もっと〜すれば良かった、と考えるのが人間なのだろうと思う。自分はこんなものじゃない、またまだできたはずと。そんな後悔ならいくらでもしたらいいと思う。その後悔があるからこそ、次のステージでもさらに高みを目指していけるのだろう。これで充分と思った段階で自分の進化は終わってしまう。まだまだ、こんなもんじゃないという後悔は大切にしていけたらいいと思う。そんなプラスの後悔をするためにも、自分に与えられた時間を後悔を残さないように精一杯取り組んでいかなくてはならない。妥協を悔やむ後悔をするくらいなら、進化を求める後悔をしてもらいたい。
posted by Takahata at 00:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

スランプ脱出

スランプの時に神経質になり深刻に迷い、いつも以上に練習量を増やして、ああでもない、こうでもないとフォームをいじり回す…心技体共にどんどん追い込まれる。スランプの段階にもよるが初期なら、二、三日ゆっくり身体を休め、頭をスランプから離し、楽しく過ごしていれば回復することはよくある。スランプになると焦ったり、慌てたりして、余計にスランプに執着してしまう。さらに日本的にはダメな時はいつも以上に練習をしろ!と言われる。心技体共にリフレッシュさせてあげる方が案外スランプ脱出の近道だったりもするのだが…
posted by Takahata at 00:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

怖い存在こそ

自分が怖いと思う人こそ大切にするようにと子どもの頃から親に教えられた。今の時代は怖い存在というのは悪人のように受け取られがちな世の中の風潮がある。怖いは、優しいなんだと思う。自分に興味があるからこそ本気で叱ってくれるし、自分を何とかモノにしてやりたいと思うからこそ情熱的に向き合ってくれるのだから。それはとてもエネルギーの要することでもあるのだ。逆に『いいんじゃない? 気にしなくてもいいよ』なんて優しいことを言っている人の方が、実は別の意味で怖かったりもする。当たり障りのない言葉はそのまま相手にとって自分が当たり障りのない存在でしかないということ。自分のことに興味がないから、いざとなったら黙ってバッサリ切られて見捨てられる可能性があるからだ。だから子どもの頃から誰かに本気で怒られたら『ごめんなさい』と『ありがとうございます』が習慣化している。人生を通して本気で向き合ってくれる相手なんてそんなに多くはないのだから。
posted by Takahata at 00:17| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

人との交わりの中で

今年は色々なことが重なり、自分自身や人に対して人間て何なのだろう?と感じることの多い年でした。人間の様々な側面にふれる中で、人間の素晴らしい部分はもちろんのこと、面倒くささや厄介さなども自分自身や人を通して色々考えさせられてきました。深くまで付き合わなければ楽なんだと思います。お互いに表面的に気持ちのいい部分だけで付き合っていれば何ていうことはありません。しかし、本気で深く向き合えば自分も含めてそれぞれの個の色彩が強くなるものです。今まで自分は人と真正面から向き合う生き方を積み重ねてきました。コロナの影響で人との直接的な接触が少ないと楽は楽なのです。でも…改めて自分は人間であり、人間の中にまみれて苦しかったり辛かったりしても、それも含めて人間が好きなのだなと再認識してきました。福山雅治さんの歌『道標』の中の歌詞です。「愛に出逢い、愛を信じ、愛にやぶれて、愛を憎み、愛で赦し、また愛を知る。風に吹かれ迷いゆれて生きるこの道、あなたの笑顔、それが道標」「人に出逢い、人を信じ、人にやぶれて、人を憎み、人を赦し、また人を知る。風に吹かれ泣いて笑い生きるこの道。あなたの笑顔、それが道標」結局、人間というのはそれぞれの個としての色彩はあり、ぶつかって傷ついたりしながらも、誰もが突き詰めれば人間の笑顔が好きなのだろうし、その笑顔こそが生きていくための道標になるのではないだろうかと思ったりするのです。
posted by Takahata at 00:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

ミスした時に

試合でミスした時に暗く落ち込んだ顔をしない。下を向かない。チームメイトから自分を切り離さない。消極的にならない。ミスした時には大きな元気な声でみんなに謝り、笑顔で次は何とかするから!とチームメイトを見渡す。いつも以上に溌剌した積極的なプレーを心掛ける。暗い雰囲気を伝染させない。ミス以上に重要なのは、自分自身のミスの連鎖を防ぐこと。チームに悪い雰囲気を広げないこと。それができれば自分もチームメイトもそのミスくらい取り戻せるくらいの力があることを信じること。試合は止まっていない。試合は終わってはいない。であるなら、一つのミス以上の致命傷を自他共に与えないことが大切になる。
posted by Takahata at 00:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

どんな先にも

雨降って地固まるということはある。雨降って虹が出ることもある。でも、それは同時に晴れて太陽に照されるからでもある。太陽に照されなければ、地は水たまりのままだし、虹も出てこない。どんな悲しい気持ちになったとしても、どこかで心の太陽を持っていられれば、最後は幸せな気持ちで締めくくれるかもしれない。悲しさを人は持っているからこそ、幸せも感じられるのかもしれないとも思う。悲しさというのは乗り越えるものではないのかもしれない。悲しみの雨が降りやむのを静かに待つ。一瞬の雨もあれば、長く続く雨もある。パラパラ雨も土砂降りの雨もある。でも止まない雨はない。その先は心の太陽を照らしていけばいい。地固まり大切なことがより大切に思えたり、空に広がる虹のように心の中に美しさを感じられたりするだろう。それを信じて静かに雨を見つめる時間というのも人生の中ではとても大切な時間なのだろう。
posted by Takahata at 00:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

自分を生きる

自分を貫いて生きるというのは時として大変なこともあるだろう。自分に正直に生きようとすると誰かとぶつかってしまうこともあるだろう。楽な生き方ではないだろうと思う。自分を誤魔化して適度に周りに合わせて生きる方が楽かもしれない。でも、そうすると自分が社会や人の流れの中で迷子になってしまうかもしれない。自分が自分自身という唯一無二の存在を見失ってしまうかもしれない。本当は目の前にいるはずの自分を自覚できないのは寂しいし、途方に暮れてしまうかもしれない。だからこそ自分自身を生きたらいいんだと思う。何も大変なこと、ぶつかることを選ぶのではない。誰かを傷つけようとするのでもない。自分が自分自身を生きていく中でそうした経験も積み重ねていくことにもなるかもしれない。心は穏やかでいるはずもない。いっそのこと自分を消してしまいたくなることもあるだろう。その心の中の葛藤の中で自分が何を大切にしていきていきたいのか、それを道標にして生きていくしかないのだろう。
posted by Takahata at 00:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

人に

ふと振り返ると、実に多くの人の顔や様々な場面が脳裏に浮かぶ。この仕事をしてきた中で多くの人の力にもなれてきたとは思うが、同時に多くの人からたくさんの感動や力もいただいたなと改めて思う。何せ、この仕事は相手がいなければ成り立たない。その相手は様々な場面で自分に感動を与えてくれた。人生の中の時間にそのような時間をもたらせていただけたというのは本当に感謝である。人は一人では生きていけない。必ず人と関わりながら生きている。その関わり方がそれぞれの人の仕事や生活スタイルで違うだけのこと。人から色々なことを教わってきた。福山雅治さんの道標の歌詞「人に出逢い、人を信じ、人にやぶれて、人を憎み、人を赦し、また人を知る、風に吹かれ泣いて笑い生きるこの道、あなたの笑顔、それが道標」まさに自分の人生も多くの人の中にあって、自分の道を真っ直ぐに進んで来られたのだなと。悩んだり迷ったりもしたし、様々な感情の中でもがいたりもしてきたが、やはり最後には人からたくさんの感動をいただいた人生だったと心から感謝の気持ちで一杯になる。
posted by Takahata at 00:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

月のように

子どもの頃に夜空を見て、月がいつもどこまでも自分についてくるのが不思議だった。でも、どこまでもついてきてくれることに何だか分からないけど安心感があった。温かい月の光に見守られているような安堵感に包まれる。暗い中のほんのりとした月明かり。何かそんなのっていいなと思ったりする。人が暗闇の中で迷ってもがいている時に、つかず離れずの距離感で常に寄り添い、温かくその人を照らし出し、その人に必要な方向性やその人が求める方向性をを示唆する。押しつけるでもなく、放り出すでもなく、温かな心で包み込んでいけるということ。人が明るく迷いなく生きている時は姿は見えないが、暗闇になったら必ず姿を現して寄り添ってくれる。見上げれば必ずいて、見上げなくてもその温かな心で照らしていける。子どもの頃のような素直な気持ちで素直な気持ちで自分の心の中にもあるであろう月を眺めてみようかな……
posted by Takahata at 01:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

想いの共有は

何か想いを伝えようとしても、相手が必ずそれを受け取らなくてはならないということもない。いくら正確に言葉にしたと思っていても、相手にそれが間違って伝わったり、相手の違った解釈になることもある。相手のあることというのは、だからこそ難しいもの。伝わってほしいというのはあくまでも一方の考えであって、相手も相手で自分の想いを分かってほしいと考えているかもしらないのだから。よく相手に裏切られたと口にする人を見かけるが……裏切られたのではなく、相手はもしかすると自分の想いのままに言動をしたに過ぎないのかな、とも思ったりする。想いを一方的に伝えて相手も同じ想いを共有したと自分で勝手に期待をして、相手が予想外の言動をしたからといって、それは裏切られたというのとは少し違うのかもしれないなと思う。そもそも、想いの共有はなかったのだとしたら、相手の言動だって自由なはずだから。それを責めても仕方がないだろう。相手とは想いや考え方が違った、想いの交流がなされなかったというだけのことかもしれない。そこが人と人との難しさでもあるが、だからこそ想いを本当に共有できた時の喜びも大きいのではないかと思う。
posted by Takahata at 00:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

東京という街で

東京に住んで長いが、東京を美しい街だと思ったことはなかったなぁ…やはりそこは仕事をする勝負の舞台の場所という意識が強く働いていたからかもしれない。そんな自分でも仕事を終えて何か凄い安堵感に包まれて夜中に、首都高速や中央道の車の車中から東京の夜景を眺めると美しいなと感じる。いや、美しいというより愛しくなるという方が正確かもしれない。無数に光る明かりの数だけ人がいる。オフィス街の明かりを見るとまだこの時間に仕事を頑張ってる人がいることに愛しさを感じ、マンションに光る明かりを見たらそれぞれの人が今こうして生きていることに愛しさを感じる。無数の光の中に無数の人の生活があるということに心が揺さぶられるのだ。もしかして永久に会うこともない人々。でも、一瞬でも光を通して人とふれあえたような刹那的な感情ではあるが。この街に住み、この街で共に生きる人々。人工物の光ではあるが、その光の向こうに人のささやかな息づかいを感じられることで感慨に浸る自分がいたりもする。人が生きているという当たり前のことに何だか安らぎを感じてしまう。それも光のマジックと自分の心の有り様なのかもしれないが……
posted by Takahata at 00:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

間違いを楽しむ

何かをするときに例え間違ってもそれすら楽しんでしまえとも思う。間違えるのは嫌なことではある。でも間違えるということはまだ自分がそれをできていないということ。できないことがあるというのは、まだ自分にはやるべきことがあり、そこに自分の伸びシロがあるなら、それを知れることは楽しいこととも言える。そもそも、生きるなんてできないことだらけなんだから。間違うことに悲観的になるくらいなら、「おっ!自分にもまだまだできないことあるんだ!」と楽観的に受け止めて楽しんだ方が自分も楽しく間違ったことに取り組んでもいけるのではないかと思う。間違うことなんて何一つ恥ずかしいことでもないんだから。僕も近年まで度外視をどかえしだと間違い続け、度返しと書いていた。指摘を受けて人間の勘違いの面白さを知ったものだ。人なんて間違いの連続。その都度、悲観的になるより、おっ!また一つ偉くなれたくらいに楽しんだ方が人生は楽しくなる。
posted by Takahata at 00:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

エール!

時が経つのは早いものだ。あの時の記憶ははっきり残っている。ああ、この選手は本当にこの競技が心底好きなんだと感じた。その好きな想いがある限り、周りが何を言おうが続けていけばいいと伝えた。別に周りのために競技をしている訳ではないのだから。あれくらい好きな気持ちを全身からプンプン発している選手もなかなかいないものだ(笑)あれから11年経ってまだプロとして現役を続けている。自分の人生を通してそこまで本気で好きになれることが見つかったこと、そのこと自体が幸せなことだと思う!みんな、どこかで自分が自分自身に引退という区切りをつけていくもの。いつの日にか彼にもその日は来るだろう。だからこそ、その日を迎えるまでの一戦一戦を自分の好きな想いを大切に噛みしめながら心から味わってもらいたいと思うのだ。結果がどうかとか、周りがどうこうとか関係なく自分自身と自問自答して自分の道を突き進んでいってほしい!
posted by Takahata at 00:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

意味ある練習を

できないことを少しでもできるようにするために練習はするものであって、やったことに満足をするためのものではない。漠然とした意識での練習では、漠然とした結果にしかならない。目的意識をしっかり持って取り組んでいきたい。その一歩として正確に自分自身の実力の分析把握が必要になる。何となく自分はこれくらいの実力かな?くらいの曖昧な実力の判断では、練習でもどこにポイントを置いて取り組めばいいのかが見えてはこないだろう。具体的に道筋の見えてこない練習を繰り返しても、それでは練習のための練習で終わってしまうだろう。やはり練習をするからには上達していくための練習をしていきたいものだ。誰にでも限られた時間しか与えられていないのだから。有効な時間にしていかなくてはならないだろう。
posted by Takahata at 00:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

選択のあとさき

人は様々な選択の中で生きている。選択の先の未来は未定。どちらが正解かなんて分からないだろうが、どちらが自分が好きなのかは分かるだろう。結果は分からないが、その選択をして進んでいく過程は分かる。好きなことに打ち込める過程がそこにあるなら、その時間は結果はどうあれ、とても濃くて充実した時間になっていくだろうと感じる。正解か不正解かは何を持って決めるかは不明瞭だが、好きか好きじゃないかは自分の心の中に答えがある。もしかしたら、好きなことを選べたことが自分の正解かもしれない。心が求めることに素直になれなければ、好きなことを選択するのは難しいかもしれない。大人になる度に漠然とした正解を求めてしまうようになってしまうから。心の声に素直に耳を傾けていける自分でいたいなと思ったりする。
posted by Takahata at 00:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

思い出

僕の母の姉が広島の尾道に居を構えていたこともあって、幼少の頃はよく尾道に遊びに行っていた。尾道は山と海に挟まれた土地で、叔母の家も坂の上の方にあった。その庭から眺める瀬戸の海。絶対的なものに守られて、穏やかな日の光で波間が輝く海や島を眺めていた自分の心の平穏さを今でも懐かしく思い出す。心が瀬戸の海のように静かで穏やかで。日の光で暖められたように温かで。何かを抱えるでも背負う訳でもなくただ目の前の海をぼんやりと眺めている。過去を悔やむ訳でも未来を心配するでもなく、ただ今目の前に広がる海に浮かぶ小さな漁船を見ながら。何かとても静かで温かな思い出だ。あの頃は今の自分の姿なんて想像もしてなかった。でも何者でもなかった幼き自分の姿に純粋な幸せを感じられたね、と声をかけてあげたいような気持ちになる。
posted by Takahata at 00:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

センシティブな

だからメンタルトレーナーと言う訳でもないのだが、僕は幼い頃、活発で元気一杯な子どもであると同時にとてもセンシティブな子どもだったような記憶がある。自分のことではなく、他人のことで辛くなったり悲しくなったりするのだ。小学校の低学年の頃の生活ノートに家の庭で薪が火に燃えてる様子を見て「木が火に燃えてパチパチ音をたてて熱い、熱いと泣いている」と書いたり、お客さんがいない料理店を見て「お店の人悲しいだろうな。寂しいだろうな。僕にお金があったらお店に入ってあげたかった」と書いたりしていた。広島の実家にはその頃の生活ノートが残っている。ひらがなの拙い文字で書いてあるその文を読み直してみて、大人になった今も自分の中に残っているように感じるセンシティブな面を改めて気づかされる。何か他の人のことをまるで自分のことのように強く辛さや悲しみを感じ取ってしまう面があり、どうしようもなく苦しくなることがある。どうにも他人事と割り切ることができない性分のようだ。時々、そんなことを気にせずにもっと楽に生きられたらなとも思ったりもするが……先天的にそのような性分で生まれてきたのだろう。
posted by Takahata at 00:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

昔の教訓

この年になっても、受験の夢を見てうなされることがある。二回も失敗した大学受験には苦悩の思い出ばかりが思い浮かぶ。だからそんな夢をしばしば見るのかもしれない。全く先の見えない暗黒の不安。何から手をつけていけばいいのかすら分からない茫然とした絶望感。何故もう少し早くからしっかり勉強をしなかったのかという取り戻せない時間に対しての果てしない後悔。みんなから大きく遅れを取ったような断絶されたような孤立感。勉強しなくてはと焦るもののそれでもなお、勉強を遠ざけようとする自分に対しての怒鳴ってやりたいくらいの情けなさ。存在価値すら見えなくなった底なしの無力感。何かこのように当時の心境を思い出して改めて書いてみると、本当に当時の自分はどうしようもない奴だなと感じる(笑)典型的なダメな奴だ。。。よくもここまで嫌いな勉強から逃げ回っていたものだと思う。自分にとっての合格というのは、唯一誇れるとしたらこうした底なしに駄目な自分自身を自分が必死に乗り越えられたことなんだと感じる。何一つ希望の欠片すら見えない中で懸命に弱い自分と戦った最後の一年だったように思う。底なしに落ちていくか、這いつくばるかのギリギリ瀬戸際の一年を何とか最後まで戦い抜けた当時の自分に、「よく踏ん張り抜いたな!でも、例え嫌いなことでもそれを与えられた時は、逃げずに地道に積み重ねていかなくてはならないよ!」と声をかけてあげたいと思う。それがその後の今の自分を作り上げたのだから。
posted by Takahata at 00:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

お互いが

誰かの本気に対して、こちらも本気で応えていく。誰かの精一杯に対して、こちらも精一杯で応えていく。これは、昔からの自分の信条でもある。これは仕事だけではなくスポーツでも何でも同じなのではないかと思う。誰かが自分の力をさらに引き出し、自分が誰かの力をさらに引き出していく。そんな時間は最高に濃い時間になるように感じている。中途半端からは何も生まれなければ、お互いの妥協を生み出して中途半端な時間にしかなっていかないのではないだろうか。根底にあるものは、お互いがお互いに期待する以上に応えていくこと。そうすればお互いが刺激し合ってより高みを目指していける。そんな最高の時間を人生の限れた時間の中でどれだけ持つことができるのか。少しでも多くそんな関係と時間を持つことができれば、とても幸せなことなのだろうと感じる。
posted by Takahata at 00:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

上手な付き合い

できないプレーがあるのは、悲観的なことではない。できるようにしていけることを楽しめばいいし、できないことは自分の伸びシロでもあると期待感を持てばいい。競技を続けていけばどこまで行っても、次々にできないことだらけなんだから。自分の中で成長を楽しんで競技に取り組んでほしい。できない、できないと悲観的になっていたら、どんどん嫌になるし、やる気もなくなっていってしまうだろう。下手をすると自分は向いていないんじゃないかと自分が自分自身を疑い始めてしまう。スポーツに限らず人間なんて生きてる限りはできないことの連続。できないことは次々に出てきて、できないということとは永遠の付き合いなんだから、楽しく付き合っていった方が遥かに前向きだと思う。
posted by Takahata at 01:22| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

長所?短所?

人の長所と自分の短所を比較して劣等感、無力感、絶望感に苛まれるくらいなら、自分にしかない長所を探してそれを徹底的に磨き上げればいい。これしかないという長所でも、それに徹すればその人にしか出せない持ち味になる。不器用でもいい一つでいい、これは自分の持ち味というものを持てればいい。そもそも言うなら長所も短所もない。あるのは個々の様々な部分というだけ。それを世間や自分自身が長所だ、短所だと決めつけているだけ。長所と短所なんて表裏一体。見方を変えれば長所にも短所にもとれる。思い込まされた決めつけの土俵で比較して優劣なんて決める必要はない。自分をもっと大切にしていけばいい。短所ばかり見て自分自身を否定しながら生きていても楽しくもなんともないし、自信だってなくなっていってしまうだろう。自分はこの世の中に唯一無二の存在として生きているのだから。誰の中にもかけがえのない大切なものがたくさんあるように感じる。自分自身に愛情と笑顔を向けてあげよう。
posted by Takahata at 00:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

調子と付き合う

調子が良い時に結果を残す、これは誰でもそう。大切なのは、いかに調子を崩さないようにできるか。調子が悪くなった時にいかに早く戻せるか。調子が悪い中でも万全ではないにせよ、いかに工夫して結果に繋げていけるか。結果が出ない時にでもいかに前向きに辛抱していけるか。結果が残らないのは調子が悪いから。調子さえ上がってくれば…というのは違う。調子が良ければ誰だって結果は残せる。いかなる時でも調子が自分を何とかしてくれる訳ではない。自分が調子を何とかしていかなくてはならないのだから。調子が悪いからダメだと言いながら、何の変化も工夫もなくいつもと同じようなことをしていても結果なんて残してはいけないだろう。調子を維持していったり、崩れた時に持ち直す力がなければどんどんスランプに突入していってしまうだろう。そもそも体調と同じで調子なんていつもいつも同じではないのだから。調子なんてほんのちょっとした事で変わっていく。調子と上手に付き合っていける術を大切にしていかなくてはいけない。
posted by Takahata at 00:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

問いかけ

君のゆく道は果てしなく遠い。なのに何故歯を食いしばり君はゆくのかそんなにしてまで。時々、子どもの頃に歌ったこの『若者たち』という歌が頭の中に甦る時がある。この歌の問いかけに対して自分は何と答えられるのだろうか?と。自分自身のこれまでの人生もそんな人生だったような気もする。では、何故投げ出すことなくそんなにしてまで進んできたのだろうか?簡単な問いのようで、簡単に答えられないような気もする。その道の果てに自分が最終的に何を思うのか?もしかして、最終的に何故こうまでして歯を食いしばりながらやってきたのだろう?と改めてこの歌の問いかけを自分自身にすることになるような気もする。若者が社会に旅立つ時の歌でもあり、年を重ねて自分の道を振り返る時の歌でもあるような気がするのだ。何だかたった数行の歌なのだが、この問いを噛み締めながら生きてみたいと思う。
posted by Takahata at 00:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

悔しさと付き合う

負けて悔しいのは誰でもそう。負けてその悔しい想いを持続していけるだろうか?負けて本当に正確に敗因を分析できているだろうか?負けて次に向かうための課題や道筋が明確に見えているだろうか?負けた悔しさをプラスのエネルギーに変えて前に進む原動力にできてるだろうか?悔しいだけなら誰でも悔しい。悔しいなんて当たり前。悔しさをどう生かしていけるのかを口先だけではなく、心底から刻み込んで行動に移してこそそれは生かされていく。その時だけ流す悔し涙なんて、案外少し時間が過ぎればすっかり薄れてしまう。まさしく喉元過ぎれば熱さ忘れるという諺通りだろう。悔しさをバネにするためには、やはり悔しさと上手に付き合っていかなくてはならないだろう。
posted by Takahata at 00:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

凛と

どんなに悔しい敗戦であっても凛とした姿勢を大切にしたい。対戦相手に尊厳のある気持ちとひとときの時間を共に戦えた感謝の念を大切にしたい。苛ついたり落ち込んでいたとしても、きっちりとした礼節を忘れずにいたい。敗戦で人間的に敗者にはなりたくはない。名選手である前に真の人間でありたい。ある競技をひたむきに続けていき、その中で単に競技だけ上達するのではなく人間的にも磨かれていきたいものだ。試合に勝とうが負けようが人間としては常に凛とした自分自身でありたいと思う。人間として大切なものを自分自身の中でしっかりと守り抜いていきたいものだ。勝った負けたでは人間の価値は図れないのだから。
posted by Takahata at 00:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

31・『一』の意識を大切に持つようにする

世の中、案外惜しい人は多いものです。惜しいというのはしっかり一生懸命にやっているように見えるのに最後は惜しい結果で終わってしまう人です。人間はある程度のゴールが見えてきたら、ふっと気が緩み油断してしまいがちなのです。「ここまで結構頑張ってきたから、この辺で、まっ!いっか…」この手抜きが、妥協が、諦めが、後の後悔に繋がっていくのです。ほんの一手間を大切にしていけるかどうか。一踏ん張りできるかどうか。この『一』を意識できるかできないかで取り組んでいることの完成度は変わっていくのです。たかだか『一』程度の小さな皆さんの尽力に周りは気づかないかもしれません。他人を誤魔化していくことは簡単です。しかし、他ならない自分自身は誤魔化せないので、まさに自分自身の中での戦いになります。ほんのちょっとの『一』も積み重なると大きいものです。後で後悔の涙を流すくらいなら、今この時に全力で汗を流した方がいいのではないかと思います。その『一』を疎かにしてしまうと『一』で泣くことになってしまいます。「あと一歩足りなかった」「もう一息だったのに」と。人間は弱いものですからついつい、そこそこで、まっ!いっか!と自分が自分自身に甘くなったりしてしまいがちです。周りがもう充分じゃない?と言えば、周りもそう言ってるし、まっ!いっか!と流されてもしまいがちになるものです。ある程度から先のあと一歩。これは簡単そうでありながらとても難しいように感じます。常に自分が自分自身に、自分はまだまだやれることはあるんじゃない?と厳しく自問自答を繰り返していかなくてはいけないからです。山登りをイメージしてみてください。苦しい思いをしてやっと山頂付近まで辿り着いたとします。皆さんはここで、もう苦しくて辛いからここでギブアップしますか。妥協しそうになった時にはこのイメージを思い出してみてください。そして山頂を目の前にして、ここまでの苦労を中途半端な苦労で終わらせてしまうのかと自問自答してみてください。最後のギリギリまで一踏ん張りして、一手間を惜しまずに取り組んでいくことです。これをやれるかどうかで後々の成果は大きく違ってくるように感じます。やり抜くとはそういうことなのではないでしょうか。
posted by Takahata at 15:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雰囲気

雰囲気。溌剌と伸び伸びとプレーできる雰囲気。仲間と助け合い励まし合える雰囲気。負けていても諦めない明るく前向きな雰囲気。自分達はやれるんだ!という自分を仲間を信じられる自信の溢れる雰囲気。雰囲気作りはとても重要だ。チームの雰囲気一つで選手は力を発揮する。雰囲気はチームの活力。雰囲気一つで選手の動きはまるで違ったものになる。それを作り出す先頭に立つのが指導者の役割になる。そのために指導者は我慢や忍耐が必要になる。気配りや配慮も必要になる。雰囲気を作るのは即席ではいかない。雰囲気を作り続けて雰囲気を熟成させてチームに完全に染み込ませていかなくてはいけない。にわか雰囲気ではそれは違和感にはなっても本当の意味でチームの活力にはならない。雰囲気は選手を生かしも殺しもする。
posted by Takahata at 00:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする