2009年10月24日

苦しい時や辛い時には立ち向う

生きるのが辛いとか、苦しいと口にする暇があるなら、自らの力で何が何でも道を切り開いてやる!くらいの心意気を持ってほしいものです。辛いからといって、自分自身から目をそらして今の自分を自らの力で変えていかない限りは、いつまでたっても辛さは自分の周りを付きまといます。苦しいからといって自分自身を甘やかして逃げていると、いつまでたっても小さな壁さえも苦しいと言って逃げ回らなくてはならない人生になってしまいますよね。辛いとか苦しいと口にしたくなった時は、グッと堪えて敢えて立ち向かっていってみてくださいね。人に与えられた力は、そんなにやわなものではありません。やわにしているのは他でもない自分自身なんですから。周りのせいに、環境や状況のせいにしてはいけません。自分自身を本気になって見つめていかなくてはいけないんです。楽な道や楽な言い訳を選んでいくと、楽なことにさえも辛さや苦しさを感じてしまうようになりますからね。立ち向かっていくことです。
posted by Takahata at 02:07| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辛いとき苦しいときこそ、自分の思いを再確認にしないと、今向かうべきところを見失います。辛い苦しいは感情。何かしたら感じるのは当たり前。感情に負けないために苦しいときこそ、思いの原点(意志)を見つめ直すことが大切なんだと思います。
Posted by ひよこ at 2009年10月24日 08:10
まさにそのとうりだとおもいます!楽して道なんて開けないし逆に苦しいことを立ち向かうからそれを越えたら喜びだとか成長があるとおもいます!立ち向かわずしてつかみ取れるものなんて薄っぺらいですよね!ピンチの時こそひたむきに継続できたらチャンスは必ずやって来るとおもいます!
Posted by 富士山 at 2009年10月24日 10:16
苦しいとか辛いとか思うことって、出来るだけ感じたくない感情ですね。
どうすれば、苦しいとか辛いとか思わなくなるのか考えてみました。
@それを認めること
Aそれを受け入れること
Bそれに立ち向かって慣れること
Cそれを超えたところを目指してそれを超えること
Dそれを排除すること
Eそれを変えること
F@〜Eを行う過程で楽しさや喜びを見つけてそこに集中すること

苦しい、辛いと思うことは自分でどうにかするしかないのでしょうね。
それと、楽(らく)、楽しむという言葉は、漢字は同じですが全く違う概念ですね。楽(らく)の先には脱落がありますが、楽しむの先には成長があると思います。いろいろ楽しんで生きたいです。
Posted by 中山 at 2009年10月24日 11:11
おはようございます。少し前までは、のたりくらりと交わしながら生きてきましたが、年齢とともに、無駄な生き方に苦しさを感じるようになりました。少し遅いようですが、今は全力で生きたいと思います。
Posted by きっしー at 2009年10月24日 11:14
物事は先入観で変わるなっと常々思います
何事も前向きにとらえていきたいです
Posted by アッキー at 2009年10月24日 16:26
お疲れさまです。辛くなった時に辞めるのは簡単です。楽にもなります。僕は大好きな野球を4日間だけ辞めた経験があります。辞めて思ったのは、虚しさでした。あの時、そのまま辞めていれば今の仕事も存在してないと思います。諦めなかったその先に何かあるか?何にも無いかもしれません。しかし心にはその経験がしっかり刻まれます。それは財産となり将来の力になってくれるでしょう!だから僕は逃げも隠れもしません!
Posted by たかちゃん at 2009年10月24日 16:30
自分も、2、3年前ボクシングの試合で、決勝進出しても、負けてしまう事を二度味わった時気持ちが落ちる所まで、落ち込みました。その時の自分は、物凄く、ネガティブな気持ちでした。辛い、苦しいなんて、当たり前に感じでいました。
つまり、現実逃避して、今の自分を認めたく無いし、自分の置かれてる環境のせいにして、どこかで、負けた事を自分一人だけの責任にしなくて、いろんな事の責任にして、楽になりたかったのだと思います。
今その時を思い出すと、なんて、最悪でみっともなく責任感の無い自分だな、と思います。
だけど、そこから、もう一度はい上がり、現実から逃げず、いろんな事に挑戦して、ここまで来ました!
人生あの時に戻ってやり直したいなんて、後悔は何としても避けたい感情ですよね。
悩み苦しむ暇があったら、自分に今何が出来るを探し、前に進む事が、後悔はしないと、思います!
Posted by イケヨシ at 2009年10月24日 17:54
がんばって立ち向かっていきます。
Posted by やっち at 2009年10月24日 19:29
こんばんは。
本日も素晴らしいブログをありがとうございます。立ち向かっていく勇気。とても大事なことだと思います。困難なことや壁にぶつかった時、多くの人は頭であれこれと悩んでしまうと思います。しかし、今自分が出来ることは何か?それを考え、実行していくことで、状況は必ず好転していくと思います。
辛い状況は自分が成長するチャンスと捉え、日々を充実したものにしていきたいです!
Posted by 野菜のイチロー at 2009年10月24日 21:23
せっかく生まれてきたのに生きていると辛いからとかメディアで聞きますよね。でもそれは解決にはなりませんよね。私は小さいときは何か嫌なことなどがあるとすぐにこもってしまいがちでした。こもっていれば、何とかなるだろうと考えていたようなような気がします。でもある人から辛いけど目の前のことから逃げるなとガツンと言われました。それ以来、私は一瞬逃げたくなりそうになってもじっとこらえて前よりかは強くなれた、胸を張れるようになったのではないかと私自身そう感じてます。
Posted by タミ at 2009年10月24日 21:35
受験まで残り1ヶ月、
辛くなっても自分を強く持ち
その感情と、とことん向き合って
乗り越えていきます。
そして、より強い自分に!!
Posted by 遼 at 2009年10月24日 21:37
全くその通りですね。
いかに逃げずにやるのか。
いろんな人を見て、自分自身に活かしています。
Posted by 未完の大器 at 2009年10月24日 21:45
こんばんは
辛いその状況から逃げても結局は何も解決しないですね。自分を好きでいるためにもその場から逃げずに進むこと。自分ができることってそれしかないのかもしれません。いつかいい事があるかもしれない・・・なんて思ったりもします。
Posted by みぞっち at 2009年10月24日 22:20
辛いことや苦しいときこそそれを楽しんでやることができればいいと思っています。苦しいと思えば苦しい、辛いと思えば辛い、どうせやるのであれば楽しんでやりたいですよね。それから逃げていては前には進んで行かないですから。辛いことや苦しいことを乗り越えてこそ成長するんですよね。
Posted by ポニョ at 2009年10月24日 22:25
苦しいとか辛いと決めているのは自分ですね。自分だけの価値観で決めているので、他人から見たら「そんなこと」と思われるかも知れません。自分で勝手に限界を作り、線を引いているだけなのかも?その線引きをしなくなった時が、成長の第一歩かも知れませんね。
Posted by 小田辺 at 2009年10月24日 22:50
辛い時や苦しい時に、その問題に対して正面から向き合おうともせず、言い訳をして逃げてばかりいたらなんの進歩もない気がします。辛いけれども後々悔いが残らないように精一杯やってみて、例えだめでも何もしないよりはいいと思います。今まさに自分自身、あまり楽な状況とは言えませんが、あきらめずに立ち向かっていかなくちゃ!と自分に言い聞かせています。
Posted by はな at 2009年10月24日 22:59
自分自身の経験から大変だった時の方が、充実した時としていい記憶になっています。その時は自分に乗り越えられないことは起こらないはずだと思ってました。その時、大変さを受け止めてたことが今になって成長の糧になっています。大変な時は、受け止めて立ち向かう時期だと思って乗り越えるしかないしそれができるはずだと自分にいいきかせます。
Posted by ケイタ at 2009年10月24日 23:20
正に僕に言われてるようです。

諦めるわけではありませんが、今まででほんとに辛かったです!

でも今は開き直ってます!
Posted by サンプラザ at 2009年10月24日 23:29
立ち向かう心は本当に大事ですよね!
逃げてばかりや避けて人生を生きるのは全く自分のためになりません。
やはり立ち向かう勇気がなくては壁を乗り越えられずに成長なんかできないと思います!
諦めてもダメってことですね。
Posted by おまつ at 2009年10月24日 23:37
こんばんは。


ありがとうございます。

挫けそうな時、妥協しそうな時、諦めそうな時のためにいつでも見える場所に貼っておきたいです。

なんだか、勇気が湧いてきます。
今日、この文章に出逢えたことが幸せです。



Posted by ささやん at 2009年10月24日 23:58
辛い状況、苦しい状況こそ、自分自身が変われるチャンスの時ですね。それらから逃げずに乗り越えようと踏ん張るからこそ、強くなれるし、また、そういう逆境に立たされる辛い気持ちを経験するからこそ、人の痛みや苦しみに気づいてあげることができる自分になれると思います。辛い状況に正面から向き合わず、それを避けて回り道をして先に進んでも、何にもならないですね。どんな時も、逃げずに、立ち向かうこと、いつも心に留めておきます。
Posted by 自分みがき at 2009年10月25日 00:04
苦しい時、弱音を吐く事もあります。逃げ出したくなる時もあります。時が経てば経つほど悔しさや後悔の念にかりたたせられた経験があります。

立ち止まっても、後戻りしても前を向き進む気持ちは持っておかなければいけないと思います。諦めて立ち向かわない人も多いかもしれません。

何かをやり遂げる為には決して良い事ばやりではないです。それを克服した時 自分の成長を実感できるのでしょう。その達成感を忘れないように常に気持ちを前向きにしていきたいですね。
Posted by さんこん at 2009年10月25日 00:14
高畑さん こんばんは(^O^)!
小さい山でも、大変だと思うと、大きな山に感じてしまうのでしょうね。
諦めずに小さい山を一個一個きちんと登って行きたいと思います。
Posted by smile at 2009年10月25日 00:15
苦しみや辛さから目を背けても、それ自体が消えてなくなるわけではありません。うまく逃げられたつもりでも、ずっと後ろめたさや後悔を抱えながら生きていくことになりますよね。自分の人生、自分が行動を起こさない限り、誰も代わってはくれませんから、苦しみや辛さに勇気を持って立ち向かって行くほかないですよね。
Posted by じんた at 2009年10月25日 00:31
自分は、自分の生き方や性格を嫌い、逃げることで自分をダメにしてきました。
しかし、これからはどんなことでも逃げないという気持ちを大事に生きて行きます。
Posted by あかさか at 2009年10月26日 08:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック