2011年06月23日

大人の責任

小さな頃から、親に「どうして何回言われてもできないの」と言われ、先生から「君はどうして勉強ができないんだ、スポーツができないんだ」と言われ、仲間達と「どうせ俺たちは勝てっこないよ」と語り合い、大人から「そんなことは無理に決まってる」と言われ、色々な人から「まったくどうしょうもない」と言われ…そんな毎日を送った子どもはきっと自己信頼感を失っていくような気がします。身につくのは無力感と自分の能力に蓋をして諦めていくこと。周りから自分はどれだけダメなのかを学び、いかに力がないかを教わり、自分が自分自身を否定する諦めという安心を育んでいきます。人と比較されることでさんざん傷つけられて。生まれるのは劣等感。無限の可能性を持つ子ども達に、いくらでも未来を切り拓いていける子ども達に、素直な心を持つ子ども達に、無責任な大人の発言はその一言一言で、子どもが自分自身を信じれなくさせていることに気づかなくてはいけないような気がします。小さな心の中にある大きな夢や可能性を潰していることを自覚しなくてはいけない
と思います。
posted by Takahata at 04:32| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が子が元気に産まれてくれ育ってくれたらしっかり肝に銘じ指導してあげたいと思います。
責任ある親として。
Posted by りん at 2011年06月23日 16:40
子供を教育していくにあたって、マイナスなことばかりを言って劣等感をうえつけてしまう。そんな場面って本当に多いんだと思います。マイナスなことを言ったって何もプラスは生まれないのに、気がつかない大人が多いんでしょうね。まるで自分の劣等感を次の世代にも植え付けているような…そんな負の連鎖はやめなきゃいけませんね。
Posted by バーガー at 2011年06月23日 16:40
子供のときが一番だいじですよね!なにも知らないから親の言うことを聞いて育ってるから、未来を潰す発言や教育はしないほうがいいですね!
Posted by 富士山 at 2011年06月23日 19:08
そうですね。子どもの未来を踏み潰すような発言はしない方がいいですね。まだまだ可能性があるのに大人の発言で諦めたり、自分にはできないと思ってしまいますからね。子どもの未来を切り開いてあげられる大人になりたいですね。
Posted by ポニョ at 2011年06月23日 19:26
大人の無責任な言葉は、子供の一生に悪影響するという自覚をもって、言葉を選ぶ必要があると思います。
Posted by りょうとも at 2011年06月23日 19:27
僕も指導者として言葉をしっかり選んで指導したいです。自分ではたいした事のない言葉でも相手にとってはとても重かったり傷つけたりします。一言で相手をつぶさないように気を付けていきたいですね。子供は特に感受性が強く大人の言葉に敏感です。可能性ある子供たちをつぶさないように責任もって指導していきたいです。
Posted by さんこん at 2011年06月23日 20:20
こんばんは
私達大人も「どうしてできないの?何やってるの?」と言われるとやる気がなくなるし自分はダメでできない人間なんだと思いますよね。そこで力強くがんばっていける人もいるかもしれませんがそうではない人もいる。もちろん子どもが持つ能力は無限大だと思いますが大人だって…無限大とはいかなくてももうちょっとあるはずですよね。こどもにもですが接する機会が多い大人にも、発言は気をつけないといけないですね。
Posted by みぞっち at 2011年06月23日 21:09
マイナスのシャワーを浴び続けると、必ずマイナスの方向に向かいます。私自身も親からマイナスの言葉を沢山言われました。だから、自分の子供には絶対に同じ事はしないように心掛けています。大人の一言は、子供にとって、物凄い威力を持ちます。言った方が理解していないという点が、一番問題ですね。
Posted by 小田辺 at 2011年06月23日 21:33
こんばんは。
マイナスのことをいわれ続けた中じゃなかなか成長は出来ないですよね。周りの人なんか関係なく自分は自分らしく成長して行きたいです。
Posted by カップ at 2011年06月23日 21:53
これから自分も大人になっていくので、大人としての自覚を持って発言をしていきたいです。
自分が今まで大人達から希望ある言葉をかけてもらってきたように、自分も心掛けたいです
Posted by 目指せプロ野球 at 2011年06月23日 22:34
大人の身勝手なエゴで、子供達の純粋な心を踏みにじる言葉により、夢や希望を諦めるさせてしまうのは、悲劇ですね。栃木県宇都宮市の強豪私立高校の野球部の監督が、とんでもない非常識な指導をしていると聞いています。最後の夏を前に向かえて、必死に頑張っている生徒に、何も伝えず戦力外と決めたように無視をするらしいです。
近年の栃木県高校野球のレベル低下は、このような程度の低い人間が指導者をやっているからだと、栃木県民として恥ずかしいですよ。今年もまた、甲子園初戦敗退でしょう。
Posted by 栃木の父 at 2011年06月23日 22:36
私たちの世代が幼少期の頃は、叱られ方や注意のされか方が、こうすればこんなに良くなる、というものより否定から入っている気がします。そのため、注意を受けた側も、自分はできないという現状を叱責されるだけで、あまり将来のことまで考えが及びませんでした。幼少期の回りの大人の発言には、その子の思考をも左右する影響力がありますから、注意をしなくてはなりませんね。
Posted by じんた at 2011年06月23日 23:56
何気なく他人と自分を比較して一喜一憂している自分がいるときがあります。そしてあきらめてしまったりなげやりになってしまったりです。その時点で他人ではなく自分自身との戦いに負けていると思います。そんな時は自分に向き合ってダメなところを見つめなおしていきたいです。
46分56でした
Posted by kohei at 2011年06月24日 00:07
お疲れ様です。大人の何気ない一言で傷つくことはありますね。子供に限らず、大人でもつまらない見栄や自己過信というのか、自分すごいじゃん的みたいな人が増えてきていますね。そういう人ほど言葉を大切にしなくてはいけないのではないでしょうか?言霊の重みを感じながら言葉大切にしたいですね。
Posted by 栃木の野球少年 at 2011年06月24日 00:27
可能性をなくさないようにしたいですね。
経験の中から厳しさを伝えても、比較でなく、楽しさを。
合宿スタートです!
Posted by バスケ at 2011年06月24日 00:29
自分の発言で誰かの可能性を潰してしまったりする可能性があると思うと少しゾッとします。
自分の発言には責任があるので人のためになるようないい言葉をたくさん発言したいです。
ありがとうございました。
Posted by はる at 2011年06月25日 01:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック