2011年06月29日

子どもの心と大人の実力で

子どもは、何もできないけど、何でもできた。何者でもなかったけど、何者にもなれた。夢を実現する力はなかったけど、いくらでも夢見ることはできた。体は小さかったけど、心は無限大にデカかった。大人は何でもできるようになりながら、何もできなくなる。何者かになることで、その何者でしかいられなくなる。夢を形にできる力を手にしながら、現実でしか生きられなくなる。体は大きくなりながら心はどんどん縮こまっていく。僕は大人の実力を持ちながら、子どもの心で生きていきたいと24歳の春に心に決めた。そこから本当にこの20年間そのように生きてこれたように思う。僕の心の想像力は無限に広がる。こんなことをしてみたい、こんな自分になってみたい、こんな夢を実現してみたい。それを大人である自分の実力で挑戦し続けていく。もちろんその全てができた訳ではないが、でもそんな生き方をしている自分自身を自分が一番楽しめている。できた、できなかったかが問題じゃない。子どもの頃のようなワクワク感で何かを今の自分の大人の実力でどこまでやれるの
かを楽しんで生きる。それを貫いていけばその何かも、自分自身も成長していけるように思う。------------------------------------------------今夜は久しぶりに。ゆずの『夏色』でいこう!
posted by Takahata at 00:31| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もかくありたいと常々思います。
Posted by キノル・スポーツ・ワークス at 2011年06月29日 00:51
お疲れ様です。先生の言われる通りですね。子供心の身軽さを思い出し的確な行動をしたいですね。
Posted by 栃木の野球少年 at 2011年06月29日 03:52
あれだけ希望に満ち溢れ夢みてたはずなのに大人になってからは夢より現実をみつめるようになってました。
もっと子供の時の気持ちをよび起こしたいです。
Posted by りん at 2011年06月29日 05:30
すごくわかりやすい対比ですし、大人の実力で子供の心というのは素晴らしい成長の仕方だと思います。。子供をみながら、子供のもつ素晴らしさや足りないものを想うときがありました。もっとシンプルに生きたいと思いますが、今の自分は余計なものをもちすぎているのかなと感じます。
Posted by りょうとも at 2011年06月29日 17:35
大人になると縛られた考え方をしてしまってます。子供の頃はワクワクドキドキとなんでも楽しい方向に結びつけて その中で喜怒哀楽を自由に表現できてたと思います。
現実ばかり求めて夢がみれないより 夢を追いかけ現実を作っていくようにしたいです。 体裁ばかり考えず自分のやりたい事にチャレンジしていく人生にします。
Posted by さんこん at 2011年06月29日 18:09
こんばんは。
小さい頃にできたことが、出来なくなっていく。
私はだんだんそれを感じてきました。
小さい頃のこころをずっともっていたいです。
Posted by カップ at 2011年06月29日 19:15
子供心は本当に忘れたくないと思います。それはなぜかというと、高畑先生がおっしゃるように子供の見る世界が大人とは遥かに広さが違うからです。大人はどうしても現実に縛られてしまう。しかもその現実と向き合っていかなければならない。その中でいつの間にか夢を見ることすら忘れてしまうでしょう。そのような人生は面白くないと思います。
Posted by 山口 at 2011年06月29日 21:34
子どもの頃の心は無限に広がっていましたね。それが大人になっていくとなくなっていく。大人になった今でも子どもの時のように夢いっぱいの心を持ち続けていきたいですよね。それを忘れないようにしたいですね。
Posted by ポニョ at 2011年06月29日 21:35
自分も小さい時は色々と無限大に表現できたり、自分自身が大人の世界観に縛られたりしていなかった気がします。
小さい時の限りなく夢を追い求めていた心を忘れずにこれからも生きていきたいです
Posted by 目指せプロ野球 at 2011年06月29日 22:19
大人になると社会生活での現実の中で、余計なものに縛られ子供の頃の無限大に広がった夢はしぼんでいく一方で、今はもうすっかり忘れました。子供の頃の夢や目標達成に向かって、大人の実力を持って挑戦していく、そしてそれを楽しんで生きること。
もう、余分な贅肉を削ぎ落とし、夢に向かって挑戦していきたいです。
Posted by 栃木の父 at 2011年06月29日 22:37
子供の頃の純粋な心をもって、大人の実力で物事にチャレンジしていけたら、それはとても素晴らしいですし、自分もそうありたいと思います。ワクワク感大切ですよね。
Posted by バーガー at 2011年06月29日 22:52
今自分が取り組んでいる事に対する姿勢を考えた時にまだまだ保守的になっているときがあります。もっと楽しむことはできるはずだしいろいろ考えてみたり工夫を凝らしていきたいです。とりあえず自分も見ている人もわくわくできるような選手になりたいです
47分23でした
Posted by kohei at 2011年06月29日 23:25
子供の心、子供の発想がビジネスにつながる事もあります。案外、大人の固定観念よりも、子供の自然な発想が受けて、大ヒットにつながることは多いですね。いつまでも「子供脳の大人」でいたいですね。
Posted by 小田辺 at 2011年06月29日 23:45
大人になることはなにも、やりたいことを制限すること、夢を諦めること、現実だけを見ること、ではないですよね。そんな大人になりたくないと思っていたのに、他でもない自分が進んで大人になろうとしていました。純粋さ、真剣さ、想像力、今の自分に足りないものがこどもにはたくさんありますね。もっと自分の中にこどもの心を取り込んでいきたいです。
Posted by じんた at 2011年06月30日 00:42
子供のころにできて、大人になるにつれて失っていくものが結構重要だったりしますよね。今の人生を精一杯楽しんで、無限大の可能性の中で、自分を無限大に高めたいです。
ありがとうございました。
Posted by はる at 2011年06月30日 07:52
子供心と大人力。
小さな頃は確かに何にでもなれると思ってました。
大人はなれるものになろうとしてます。
なりたいものにチャレンジしていく事はしていきたいです。
Posted by バスケ at 2011年06月30日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック