2017年04月16日

ミスへの対処

ミスはしないものではなく人間である以上はいくら練習を積んでもミスはしてしまう。大切なのはミスをしないことではなく、ミスした後にすぐに対処できるか、気持ちを切り換えて次に向かっていけるか。ミスに慌てたり、落ち込んでミスの傷口を広げたり、二次的三次的なミスの連鎖に繋がることを防ぐことが大切。そもそも、誰一人自分はミスをしてやろうとしてミスを犯す者はいない。逆にミスしないように、ミスをしないように慎重になり過ぎる。それが余計に萎縮させたりしてしまう。それよりは思いっきり全力でやるだけのことはやって、ミスをしたら最小限度で押さえていけばいいんだと考えた方が伸び伸びできて逆にミスは減っていく。機械ではなく人間である以上はミスとは上手に付き合っていかなくてはいけない。ミスとは友達にならなくてもいいが、必要以上に毛嫌いすることもない。したらしたで冷静に対処していけばいいだけのことだから。慌てず焦らず冷静に。
posted by Takahata at 00:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絶対にミスはするからミスすることで落ち込む必要はない。でも同じミスを繰り返すことは良いことではないのでミスに対してどう向き合っていくかとミスに対しての対処の仕方をよく考える必要がある。そうすることでミスも無駄にはならない。
Posted by つちー at 2017年04月16日 05:14
ミスとは上手く付き合っていきたい。捉え方、教わり方、自身の考え方によってミスに対する受け方が違う。学生の頃にミスに対する考え方をもっと考えていたらもっと力を出せたのでは‥と思うから、今は自分と同じように考える人をサポートしたいと思う。
Posted by スポG at 2017年04月16日 08:01
ミスをしても全員でカバーしたり、挽回のチャンスが来たりする事もあります。大切なのは、ミスした後ですね。諦めることなく、気持ちを切り替えられれば、取り返す事は可能だと思います。
Posted by 小田辺 at 2017年04月16日 17:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449048538
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック