2017年04月18日

漠然とした時間は…

ただ漠然と何かをやっていても、漠然とした時間が過ぎて終わってしまう。本人はこんなにやってきたのに…と進化しきれない自分自身に苛立ちを感じるかもしれない。スポーツであれば漠然と練習するのか、そもそも練習とは何か?を考え、何を目的にどのような手段でどれくらいの適量をやるのか?を徹底的に考えて準備をしっかりして練習に臨むのかでは明らかに成果は変わっていく。漠然と何かをやるって本当に勿体ない。どうせやるなら、どうせ時間を費やすのなら、少しでも進化していくための時間にしていきたいものだ。それが自分自身の自信にも繋がっていくはずだ。
posted by Takahata at 00:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
漠然とやるとそこに気持ちが入らないから達成感とかもないし疲れだけが残る。どうせやるのならそこに自分の考えであったり感情、やる意味を持って取り組んでいきたい。
Posted by つちー at 2017年04月18日 06:34
強くそう思う。今の自分にも当てはまる。先ず自分の考え方を変えないといけない。時間はどんどん過ぎていってしまうから、時間に置いてきぼりにされないように自分を時間に合わせていきたい。
Posted by スポG at 2017年04月18日 12:03
考えてやる事は、スポーツでも仕事でも同じですね。考える事で工夫が生まれ、改善に繋がります。改善していかないと、進化は無いですね。
Posted by 小田辺 at 2017年04月18日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック